トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

茄子の揚げ出し

昨日はきつい一日だったので自分を慰める意味でお気に入りの靴屋さんへいきまたもやまとめ買い3足・・・鹿の皮のミュール、お出かけ用のパンプス、梅雨用のもの、買ってしまいました。夕飯は外食で串カツを食べに行きました、20種類以上のものはとても家では作れないのですものね。今日は美容院へ行って帰りに大丸の地下でお買い物をする予定だったのに、なぜかフラフラと婦人服売り場へ足が向いてしまい白のパンツを買ってしまいました。

それでは今日の夕飯の紹介をします。

         ☆menu☆      

酒の肴一皿盛・・・うどのきんぴら、トンチリチン、一寸豆甘煮、アスパラのゴマ和え、新生姜甘酢漬け、いかげそ きゅうり みょうが生姜酢

はりいか糸作り大葉まぶし

すずき木の芽焼き

茄子の揚げ出し

姫竹と蕗の炊き込みご飯

Dsc00104_1

酒の肴一皿盛

Dsc00113

はりいか糸作り大葉まぶし

Dsc00107

すずきの木の芽焼き

Dsc00109_1

茄子の揚げ出し

Dsc00111_1

姫竹と蕗の炊き込みご飯

茄子の揚げ出し

<材料> 5人前

茄子5個、ピーマン又はシシトウ適宜、大根、鰹、昆布各6グラム、揚げ油

<作り方>

①茄子は両端を切り落とし皮に2センチ間隔で切り目をいれる

②ピーマンはへたを切り種を取り3つの輪切りにする

③低温の油でまずピーマンを揚げ170度で茄子を揚げる、串がすーっと通れば取り出す

④大根はおろし大根にする

⑤小鍋に水200cc、味醂50cc、濃い口醤油50cc、鰹、昆布全て入れて中火にかけ一煮立ちしたら濾す

⑥器に茄子、ピーマンおろし大根を盛り⑤を周りから入れる

トンチリチンとは・・・我が家のオリジナル料理の一つでトマトにちりめんじゃこを乗せてそれにウスターソースを掛けるという物です、聞くとえー!!とお思いでしょうが一度騙されたと思って食べてみてください、トマトは冷たく冷やしておいて下さいね。ビールでもお酒でも合います。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

アスパラガスのカルボナーラ仕立て

ご好評にお答えしましてアスパラガスのカルボナーラ仕立てをご紹介します。これはホワイトアスパラの時期には是非ホワイトアスパラで作ってみて下さい

                ☆menu☆

アスパラガスのカルボナーラ仕立て

Dsc00090_2

<材料> 6人分   

アスパラガス 2束、 卵6個、 ベーコン3枚 生クリーム200cc、 パルミジャーノデジャーノ大匙4、塩、 粗挽き黒胡椒

<作り方>

①アスパラガスは下の方をポキッと折りそこは硬いので切り落とし穂先から下の皮を剥き斜めに4~5つに切る。

②塩熱湯をわかし①を入れ2分で氷水に取り色止めします。ザルに空け水気を取る。

③ベーコン3枚は1センチ幅にきり小さいフライパンにオリーブオイルを小さじ1いれ弱火で炒める、沢山の油がでればとりのぞいて生クリームを加え中火で煮詰める、塩を加えて味を調える。パルミジャノデジャーノを加えてまぜる。

④お皿に真ん中を少し空けるようにアスパラガスを入れておく。

⑤小さいボールに卵を一つずつ割って入れておく。

⑥径15センチ位の鍋に湯を沸かし少量の酢を入れて卵1個をそっといれ沸騰させないように、白身が散らばらないように、黄身が固まらないようにポーチドエッグを作り、玉じゃくしですくい上げペーパータオルに玉じゃくしのままのせて水気を取り④のおさらに乗せる。

⑦卵の上に③を掛ける。粗挽き胡椒をふれば出来上がりです。

この料理は初めて食べたら衝撃物です。シャンパンにぴったりの料理だと思います。私はシャンパンが大好きですが合うお料理というのはなかなか難しいですがこれはお勧めできます。シャンパンを空けるときはあくまでもそーっと音を立てないようにあふれ出さないように上品にしていただきたいものです。間違ってもホストクラブでのような飲み方はしないようにお願いしたいですよね。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

お総菜

私たち夫婦のお友達で通勤に往復4時間かけてかよっている勇気あるかたがいらっしゃいます、そんな過酷な毎日なのにお休みの昨日氷ノ山へ登って姫竹をリュックにいっぱい取ってきたと夕方奥様が沢山届けて下さいました。早速湯がいて剥きましたが誘惑に勝てず剥きながら2本も食べてしまいました、まだ酢味噌を作る前だったので何も付けずに食べると竹藪の中にいるような香りがして清々しい気分になりました。
昨日と打って変わって今日の夕食は老人食です。

                 ☆menu☆
頂き物の姫竹酢味噌添え
オクラの芥子和え
金目鯛と新生姜煮付け
高野豆腐と絹さやの卵とじ
ゆでぼし大根と揚げのたいたん

Dsc00095

姫竹酢味噌添え

Dsc00096

オクラの辛子和え

Dsc00103

金目鯛と新生姜煮付け

Dsc00097

高野豆腐と絹さやの卵とじ

Dsc00098

ゆでぼし大根と揚げのたいたん

この様な健康食の代表とでも言うような食事を作りました。特別作り方をご紹介するまでもありませんので、今日はお休みにいたします。何かご質問がお有りでしたら、書き込んでください。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

醤油味のスペアリブ

2週間ぶりにファミリーが勢揃いするというので食材探しに東奔西走し、その結果若者向けの料理を作ります。

                   ☆menu☆   

鯛のカルパッチョ
アスパラガスのカルボナーラ仕立て
アボガドとフルーツトマトのサラダ
スペアリブ
マカロニサラダ

Dsc00089_2

鯛のカルパッチョ

Dsc00090_2

アスパラガスのカルボナーラ仕立て

Dsc00093

アボガドとフルーツトマトのサラダ

Dsc00087_1

スペアリブ

Dsc00084_1

マカロニサラダ

醤油味のスペアリブ

良く皆さんはスペアリブと言えば蜂蜜やジャムなど甘い味付けになさいますが、わたしは醤油味にします。

<材料>

スペアリブ、にんにく適宜、濃い口醤油、赤ワイン、塩、胡椒

<作り方>

①バットにスペアリブを入れにんにくの摺り下ろし、塩、胡椒をする。

②醤油と赤ワインを同量入れ漬ける。

③時々ひっくり返し45分たったらフライパンに油をいれ並べて入れ蓋をして、返しながら焼く最初は中火で焦げ目が付けば弱火で中まで火を通す。

骨付きのお肉はどんな物でも骨の周りのお肉が美味しいですね、手でもってガブリと食べたいものです。ここでちょっとしたマナーをお教えしましょう、レストランではこの様なお料理の後にフィンガーボールが出てきますが、指を洗うとき両手を突っ込まないように、片方の指をあらいナプキンで拭いて、他方の指を洗う、そうすればエレガントに見えます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

筍寿司

名残の筍でお寿司を作りこれで今年は筍の食べ納めとしましょう、いれかわりにジュンサイが出始めました、走りのジュンサイにジュレを掛け先付けにします。これは徹底的に冷やします。

             ☆menu☆

ジュンサイのジュレ

菊菜とこんにゃくの白和え

万願寺とうがらし海老詰め

みょうがとオクラのお吸い物

筍寿司

Dsc00077_2

ジュンサイのジュレ

Dsc00075_1

菊菜とこんにゃくの白和え

Dsc00078_2

万願寺とうがらし海老詰め

Dsc00083_1

筍寿司

<材料>

筍300ぐラム、干し椎茸5枚、蕗2本、蓮根7センチ、ちりめんじゃこ、卵3個、木の芽

A・・・・砂糖小さじ2,薄口醤油小さじ2

B・・・・砂糖大2、濃い口大2

C・・・・水30cc、酢30cc、砂糖大2、塩小さじ1/2

D・・・・酢60cc、砂糖30グラム、塩10グラム

<作り方>

①米3カップは1時間前に洗ってざるにあげておく、その際3カップ強のみずと10グラム

の昆布をボールに入れて昆布水を作っておく。炊飯器に米と昆布水酒大さじ3を入れたく。

②筍は5ミリ幅の千切りにしひたひたのだし汁とAをいれ水気が無くなるまで炊く。

③椎茸は半日漬けてもどしておき石突きを取り粗みじん切りにして戻し汁とBで水気が無くなるまで炊く。

④蕗は塩を振り板ずりし塩熱湯で2分程湯がき水に取り冷めたら筋を取る。

⑤蓮根は皮を剥き1センチ角の薄切りにし酢水に漬け水洗いし、鍋にCを入れて沸騰させ蓮根を入れ透明になれば火からおろす。

⑥器にDを入れ電子レンジにかけて溶かしておきちりめんじゃこを入れる。

⑦ボールに片栗粉小さじ1水小さじ1を入れて混ぜ卵を割り入れとく、薄焼き卵を焼いて錦糸に切る。

⑧木の芽は粗みじんに切っておく。

⑨ご飯が炊ければ半切りにあけ⑥をいれ混ぜ⑧を混ぜ水気をきった②③④⑤をまぜる

⑩器に盛り⑦をのせ甘酢しょうがをそえる

今夜のメニューではお酒のおかずが無く、板わさ、もろきゅう、牛肉の大和煮、花山椒の佃煮などを冷蔵庫から出して来て、明日は日曜日だからと自分に納得させて冷酒を又飲んでしまいました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

スナック

英語のお稽古日で出かけたついでに夏物のトップスを買いあさりました(5枚)、英語は10年以上レッスンしていると言うと聞いた人全てが”じゃあもうぺらぺらでしょう”って言いますがぺらぺらとは?私日本語もよく間違い家人から指摘されますからぺらぺらじゃあないのでしょうか。私の英語の先生はハーバード大学、大学院卒業して日本に住んで20年以上経ってますが彼の日本語は私の英語よりひどいです。従って年月で計れるものではないですと弁解させていただきます。私の無能さのせいです。皆さん攻めないでください趣味の一つとしてお勉強してるのですから。

そんなこんなで三宮でビゴのパンを買って本日はスナックのような夕食です。偶に私はこの様なヨーロピアンな食事がしたくなります。

Dsc00063

                    ☆menu☆

時計回りにスモークサーモン、きゅうりのピクルス、ローストビーフ、フルーツトマト、パルマ産生ハム、ロースハム、きゅり、玉葱、すもものピクルス,ブルサンチーズ。

グリーンサラダとアボガド、バゲット、赤ワイン

バゲット、チーズ、ワインこれらは三位一体です。どれが掛けてもだめです。

今宵も満足です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

さよりの向こう付け

朝からお天気が良く、お散歩がてらにお魚屋さんへ行くとさよりがありました。

さよりは見た目も涼しく、今日にはぴったりの食材だと買い求めました。

          ☆menu☆

さよりの向こう付け なまぶしと九条ネギ なまゆばあんかけ 小松菜にびたし

Dsc00046_7

さよりの向こう付け

☆作り方☆(5人分):さより中5尾・うど9センチ・きゅうり2本

①さよりは3枚におろし皮を引き、斜めぎりにし薄塩をふり30分置く

②きゅうりは薄切りにし塩をふり、しなっとなればもんで水洗いしてしぼる

③うどは3センチ長さにきり、皮を厚く剥き縦三等分にして薄切りにする。酢水につける

④かげん酢をつくる

<かげん酢>酢50CC にだし汁30CC 味醂小さじ1.5 薄口醤油小さじ1 砂糖小さじ1.5 塩少々

⑥器に盛り、わさびを添えてかげん酢をかける

Dsc00051

なまゆばあんかけ

Dsc00052 なまぶしと九条ネギと豆腐の炊き合わせ

Dsc00054小松菜のにびたし

昨日はヘビーな食事だったので今日はヘルシーにしてみました。

今日は純米吟醸・名杜氏五撰・春日山を頂きました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年5月24日 (水)

ウインナーシュニッツェル

今日は月に1度京都の桜田での食事会でした、6年は行ってるから70回以上食べてるのですがやはり私は大好きです。そんなお腹一杯の私が作る夕食のメニューです。

            ☆menu☆

    カリフラワーのムース、 ウインナーシュニッツェル、 具だくさんサラダ

Dsc00041_1 ←カリフラワーのムース

カリフラワーのムースとトマトの裏ごしのソースで

冷たいオードブルです。

Dsc00042_2 ←ウインナーシュニッツェル

 ウインナーシュニッツェルは本来子牛で作るのですが、入手が難しいので豚肩ロースを1センチ幅に切り使います。

☆作り方☆

①豚は筋を切り肉たたきで叩いて薄くわらじ位の大きさにし、塩、胡椒します。 

②パン粉にパルミジャーノデジャーノを摺り下ろしまぜ、カツの要領で小麦粉、溶き卵、パン粉 の順に付けます。

③フライパンにオリーブオイルを少し多めに入れ揚げ焼きにして取り出す。

④油を半分捨ててそこへバターを入れてアンチョビーペーストを加えて溶ければカツに掛ける。

⑤粉ふきいもと刻みパセリ、レモンを添えます。

さくさくで軽い食感のかつの出来上がりです。 

ビールでも赤ワインでも合うお料理です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年5月23日 (火)

花山椒鍋

4月中頃のほんの1週間だけ花山椒が市場に出ます運良くその時に出会えたら買い求め、直ぐ筍、ワラビ、独活、三つ葉。椎茸、牛肉で鍋をして食べます。残りの花山椒は冷凍しておきます。今日はそれで今旬の淡路の新玉葱と鶏肉で花山椒鍋を作ります。

その他の今夜のメニューは

 Dsc00021_2
きゅうり、独活、若布、川津海老の生姜酢

Dsc00023_1
卵袋煮、ブロッコリー

Dsc00027
レバー塩焼き

Dsc00019_2
花山椒鍋

材料   花山椒

      鶏もも肉300グラム・・・1口大に切る

      新玉葱中3個・・・両端を落とし1センチ幅の半月切り

      <うまだし> 水・・・・300CC

             味醂・・50CC

             薄口醤油・・・50CC

             かつお、昆布・・・・各10グラム

         すべてを鍋に入れ一煮立ちしたら濾す

鍋に玉葱を1枚ずつばらして入れ鶏をうえに並べ花山椒をのせうまだしをかけて火にかける。好みで生卵を付けて食べます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

タンシチュー

お肉屋さんより良いタンが入ったと連絡を頂いたので、4時間余りかけて作りました、付け合わせはマッシュポテトです。

Dsc00005_1 大変美味しいタンで今までの中で一番の出来でした。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ヴィネグレット ソース

Dsc00003_1

ホワイトアスパラが美味しい季節、ヴィネグレット ソースをご紹介します

マヨネーズ 40ml、刻みケッパー、刻みシブレット(又は浅葱)各大匙1弱、生クリーム 55ml、レモン汁 1/2個分、トマトペースト 25ml、塩、コショウ。

全て混ぜ合わせる。

アボガドとホワイトアスパラにヴィネグレット ソースを添えて。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

初めまして

料理好きの私が作る夕食のメニューをブログに載せてみようかなと浅はかな考えではじめてみます。

Photo

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »