« でべらの正しい食しかた | トップページ | えのき茸とほうれん草のお浸し »

2006年6月 7日 (水)

トマトのエキスのジュレ

フレンチレストラン、ヴァンサンクで初めて食べてから何年も頭の隅から離れなかった料理です。先日美容院で読んだ家庭画報にトマト料理の一つとして載っていたのですがゼラチンとトマトジュースの比率がどうも納得がいかないので自分で作って見ることにしました、まだ試行錯誤の”試”ですが見た目は合格です。ゼラチンも本の1/3以下にしてみましたが良い状態です。反省点はセロリが多すぎたことです、次はほぼ合格点の物が出来るでしょう。その時はご紹介します。もう少しお待ち下さい。

トマトなのになぜ透明なの?と思いませんか、食べればトマトの香りがするのです。摩訶不思議です。

今日の夕食は・・・

               ☆menu☆

トマトエキスのジュレ

鶏胸肉のマリネ

ハンバーグ  ポテトのミルク煮、絹さやバター炒め

Dsc00183

トマトエキスのジュレ

Dsc00186

鶏胸肉のマリネ

Dsc00187

ハンバーグ ポテトのミルク煮、絹さやバター炒め

鶏胸肉のマリネ

<材料>

鶏胸肉 1枚、トマト、玉葱、きゅうり、 セロリ適宜 、フレンチドレッシング

<作り方>

①鶏肉は塩胡椒してフライパンにオリーブオイルをいれて焼く、あまり焦げ目をつけ無いように蓋をして中まで火を通す

②お皿に取り出して冷やし、皮をとりのぞき斜め薄切りにする

③トマトは湯むきして種を取り5ミリの角切り、その他の野菜も5ミリの角切りにする

④ボールにフレンチドレッシングを作り③を入れて味をなじませる

⑤皿に②を薄く並べ上から④をかける

この品はパーティの時に役立ちます。胸肉1枚でオードブルなら4~5人前位できます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

|

« でべらの正しい食しかた | トップページ | えのき茸とほうれん草のお浸し »

「フレンチ」カテゴリの記事

コメント

今日も美味しそうですね、毎日1品作っています、今日は孫のお守りだったので、空豆、パブリカ、生椎茸のオイル焼きを作って帰ってきました、椎茸の茎も焼いたけど、美味しいね。ミネストローネのスープにはトマトペーストを入れます。明日も楽しみ。

投稿: まーちゃん | 2006年6月 8日 (木) 00時26分

まーちゃん
お忙しい毎日なのにブログを利用していただいて有りがとう、張り合いがあります。
お役に立てれば嬉しいことです。
これからも見ていてください。
まーちゃんのスープを多めに作って朝ご飯にするのも良いね。

投稿: mikage マダム | 2006年6月 8日 (木) 08時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/2117289

この記事へのトラックバック一覧です: トマトのエキスのジュレ:

« でべらの正しい食しかた | トップページ | えのき茸とほうれん草のお浸し »