« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

天ぷらそうめん

今日は薄曇りで風があり湿度は70%ですが過ごしやすく感じました、そこで天ぷらを揚げてみようという気になりました。

Dsc01128

夏ばて知らずの私です、天ぷらを揚げても油あたりすることなく美味しく頂くことが出来ます。

今日はササミを大葉で巻いて揚げたものが食べたくなりこの献立にしました。

先付けに卵豆腐を作って冷やさなくてはと思い朝の片付けのついでにお出汁を取り卵豆腐を蒸していたのですが、何分他の片付けをやりながらな物で気づいたときには、鬆(す)が入ってしまいました。

とても写真に撮ってお見せできる物ではないので省略します、お味は良かったのに残念です。

       ☆menu☆

卵豆腐

間引き菜のおしたし

Dsc01121

鰻ざく・・・揉み瓜にしたきゅうりにレンジに20秒かけた鰻、二杯酢をかけて

Dsc01125

天ぷらと素麺

Dsc01131_1

天ぷらの材料は・・・ササミ大葉巻き、茄子、玉葱、アスパラガス、舞茸、赤パプリカ、茗荷

素麺には柚子を擂って振りかけています

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鶏すき焼き風煮

Dsc01115

楽しかったパーティから一夜明け家人は朝から二日酔いで元気が有りません。昨夜は余程楽しかったのか微笑んで眠っていたのですが、飲み過ぎです。

夕食の献立を何にしようかと聞いた答えは「ご飯!」でした、いつもはアルコールのみでご飯を食べないのにやはりお酒は要らないと言うことです。

そこでご飯に合う物にしました、日頃とは違ったメニューです。

お漬け物鉢は友人の手作りで昨日頂いた物です、色と言い、大きさと言い、形と言い我が家にピッタリです。

Dsc01109

                      ☆menu☆

豆腐サラダ・・・木綿豆腐、トマト、きゅうり、大葉、醤油、ごま油、黒酢、胡椒

加島屋の鮭茶漬け、イクラ醤油漬け

鶏すき焼き風煮

お味噌汁・・・玉葱、揚げ、若布、三つ葉

糠漬け・・・水茄子、青瓜、みようが

   鶏すき焼き風煮

Dsc01119

<材料>鶏もも肉1枚、舞茸1パック、白ネギ2本(玉葱、九条ネギ等でも可)麩、糸こんにゃく

<作り方>

①鶏肉は一口大に切る

②舞茸は一口にちぎる

③ねぎは適当に切る

④糸こんにゃくは湯がいて下ごしらえをしておく

⑤麩は水に漬け戻して絞っておく

⑥鍋に鶏肉、こんにゃく、ネギ、麩、舞茸を入れヒタヒタまで水を入れて火に掛け、砂糖、醤油、酒で味を付け強火で味が浸みるまでたく

⑦最後にねぎを入れ仕上げる

生卵を付けて食べても良いでしょう。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年7月30日 (日)

パーティメニュー

Dsc01114_6

お誕生日パーティを開きました。

私共の要望としてお客様にデパート以外で買った赤ワインを1本持ってきてくださいと言っていました。

運良くフランスから持って帰ってくれた友人もいて沢山のワインが集まりました。

このアジサイは女性陣からのプレゼントですがこんな大輪のアジサイは始めてみました。挿し木に出来るようなのでお花が終わった後のお嫁入り先は決まっています。

よそのお庭でこのお誕生日記念のアジサイが生き続けてくれることを期待します。

きょうはパーティメニューを紹介します

オニオンディップと野菜達

Dsc01076_1

卵のイクラのせ

Dsc01077

生ハムとイチジク、ルッコラ

Dsc01094

きのこと海老のマリネ

Dsc01079

本マグロ、アボガド、アンディーブ

Dsc01090

茄子、トマト、モッツァレラチーズ、バジル

Dsc01088_1

野菜パイ

Dsc00430

麦のサラダ

Dsc01084

タンシチュー

Dsc01112

これだけ一人でよく頑張りました、フー~~。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

マグロの山かけ

Dsc01067

梅雨は開けたのかしら?と思うほど良いお天気で暑かったです。午前中に30度になっていたようです。

お昼前から繁華街に出かけてました、駅は暑いのに地下やデパートの中は寒すぎます。人一倍暑がり屋の私がいうのですから。

エコロジーとやかましく言った去年は温度設定はもっと高かったと思うのですが、今年は忘れてしまっているのでしょうか。

京都議定書が発効されたからには我々一人一人は勿論企業が積極的に自重していかなければ地球温暖化は止められないのです。

と愚痴った所で今夜の献立は・・

 ☆menu☆

マグロの山かけ

ザル豆腐・・・柚子胡椒で

Dsc01072_1

トンチリチン・・・我が家のオリジナル、ウスターソースをかけて
   トマト薄切り ちりめんじゃこ ( トン チリ

Dsc01073_1

鰻のちらし寿司・・・鰻、椎茸甘煮、きゅうり、みょうが、大葉、薄焼き卵、甘酢生姜

Dsc01071_1

   マグロの山かけ

<材料>マグロ、山の芋、わさび、刺身醤油

<作り方>

普通山かけと言えばすり下ろしますが、私は厚く皮を剥いた山の芋を薄切りにしてそれを叩いて細かくします。

こうすれば見た目は美しく食べやすいですし、お客様にも勧められます。

杯ぐらいの器に醤油を入れて出します、食べるときはそこへわさびを入れて溶きマグロに掛けて頂きます。  

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

ビーマン肉詰め煮込み

最近大きなピーマンが良く出回りお安くなりました。

Dsc01060

今日は久しぶりのお天気なので、洗濯やベランダ掃除や冷蔵庫の整理など良く働きました。

お買い物に行かずに冷蔵庫に有る物で夕食作りです。

              ☆menu☆

ピーマンの肉詰め煮込み

明太子スパゲッティー・・・ボールにバター1人大匙1/2、明太子、昆布茶少々をいれ練っておき茹でたスパゲッティーを加えて混ぜ、大葉の千切りをトッピングする

Dsc01065

セロリ、きゅうり、マッシュルーム、玉葱、ディルのサラダ

Dsc01057

  ピーマンの肉詰め煮込み

<材料>ピーマン、牛ミンチ、玉葱、パン粉、牛乳、卵、塩、胡椒、タイム、マギーブイヨン

<作り方>
①ピーマンはへたをくり抜き種を取り出す

②玉葱はみじん切りし全ての材料を混ぜてハンバーグの様にねる

③ピーマンに②をきっちり詰める、ピーマンがぴったりはいる大きさの鍋を用意して並べ被るまで水を入れブイヨンも入れて落としぶたをして30分煮る

④仕上げに香り付けに醤油を落とす

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

〆鯖、又はきずし

昨日買い求めた鯖は活け〆、血抜きをした非常に良い鯖でした。

Dsc01022

昼に買ってかえりすぐに両面塩をして24時間冷蔵庫で眠っていました。
取り出し酢洗いしてお昆布でサンドイッチ状態に包まれて、その上からお酢のシャワーにつかって2時間。
お酢から上がりまたもや昆布に巻かれて夜まで冷蔵庫です。美味しいきずしを食べようと思えば1日掛かりで作らねばなりません。

☆menu☆

長いもそうめん・・・千切り用のスライサーで切りそうめんだしを掛けます

Dsc01044

〆鯖

Dsc01040

ポテトサラダ

Dsc01033

鶏唐揚げ・・・塩、胡椒、酒、おろしにんにく、片栗粉、小麦粉

Dsc01046

  〆鯖の作り方

<材料>活け鯖1匹、出し昆布、大根、三つ葉、レモン、わさび

<作り方>
①新鮮な鯖を3枚におろし腹身を剥く(お店でして貰うと良いでしょう)両面にしっかりと塩をする、身を下にしてバットに入れ半日~1日おく

②水60cc、酢40ccをボールに入れてその中で①の塩を取るように洗う

③鯖の長さに昆布を切りさっと水を掛けバットに置き鯖は身をしたにして並べ鯖の上にも昆布を乗せヒタヒタまで酢を入れる

④1時間経てば身を裏返してもう1時間置く

⑤鯖の身を下にしてまな板におき、頭の方から尾の方向に薄皮を指でつかんで剥ぐ

⑥飾り包丁を1つ入れて次ぎで切り離す、この様にして切っていく

⑦大根は摺り下ろし、わさびも摺り下ろし2つを混ぜる

⑧三つ葉は葉を摘んで軸だけにしてさっと塩湯がきして冷水にとり3センチ長さに切る

Dsc01024

⑨レモンの絞り汁大匙3,、薄口醤油大匙2、出し汁大匙1を混ぜて、小皿に入れる

⑩器に鯖を盛り手前におろしと三つ葉を添える

食すときはおろしを酢の中に入れ鯖で三つ葉を巻いて召し上がれ。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

下準備

土曜日には家人の誕生日をお友達とともに祝って頂こうと我が家でパーティーを開きます。

その時にタンシチューを出すつもりでお肉屋さんにお願いして良いタンをいれてもらいました。

仕事から帰ったら今夜シチューを焚くと家人が言うので下ごしらえをして待っています、タンシチューを焚くのは彼の分野なのです。

Dsc01032

私は分量の野菜を切っておくだけです。

調味料も出し準備万端です。我が家ではデミグラスソースの缶詰等は使わず全て手作りです。

7時半、帰ってきました。食事もしないで調理に取りかかり、私は今日の食事の写真撮影も終わりテーブルセッティングも出来、おあずけ状態でビールを飲んで待っています。

8時過ぎオーブンにほりこみやっと食事を開始です、これから3時間後11時にオーブンからだしソースを濾して煮詰め、仕上げに入ります。

冷やして冷蔵庫で寝かして出番を待ちます。お肉屋さんがいつものタンより今回のは1ランク上の物ですと自信有りそうでしたからかなり期待しています。

パーティでの写真をお待ち下さい。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ササミときゅうりの胡麻酢和え

Dsc01010_1

自家製ぬかずけ・・・水茄子、きゅうりに茗荷を添えて一緒に頂きます

Dsc00991_2

カメラで遊んでいて設定を変えたまま撮影してしまい、気づかずに食べてしまい後の祭りです。余り食欲が沸く写真に見えませんが実は夏向きの美味しい和え物なのです。

何時も行っている鶏肉屋さんへササミを買いに行くと張り紙があり”お一人様500g迄にお願いします”と書いてありました。

そんなに沢山ササミを買う人がいるのだわ、お店屋さんでしょうかしら、どこの、どんな料理法で?などまたもや好奇心がムラムラとおこりました。

                  ☆menu☆

鱸のお刺身・・・薄作りにし、ポン酢におろし、又は山葵と松の葉昆布を巻いて食します

Dsc00994

焼き物・・・鱸が余りそうなので串に刺し塩焼きにして梅干しと大葉の叩いた物を乗せました

Dsc01003

炊き合わせ・・・茄子、高野豆腐、小芋、三度豆

Dsc00984_1

鯖茶漬け・・・鯖を明日の為にきずしにしようと買いましたがお魚屋さんがお刺身に出来るよと教えてくれたので、博多出身の友人が言ってた鯖茶漬けを想像で作ってみるとこれが大成功でした。普段は夕食時にご飯を食べないのですが横で余りに「おいしい!」を連発するので食べてみたら本当に美味しかったです

Dsc01012

 

   ササミときゅうりの胡麻酢和え

<材料>ササミ3本、きゅうり2本、すり胡麻

<作り方>
①ササミは塩熱湯に酒大匙1を加えて4分湯がいてそのまま漬けておく、冷めれば手で裂く

②きゅうりは板ずりして小口切りにして塩揉みにする、洗う

③ボールにすり胡麻大匙4,砂糖大匙2,薄口醤油大匙1,酢大匙3を入れて混ぜ①と良く水気を絞った②を和える

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

続・タオル

Dsc00978

昨日のタオルをキッチンハイターで洗ってみました、でもこの通り、写真的には良いかもしれませんがやはり純白にはどうしても戻らないようです。

漂白、洗い、乾燥とどれ程の手間と時間と電気代を掛けたことでしょうか、たかがあの安物の小さいタンクトップのせいで、プンプン!!の連続プンプンです。

今回の件で殆どの主婦が同じ様な辛い目に遭っている事を知りました。

衣料品メーカーの方々にもっと考えていただきたい物です。

私も選別洗濯を試みたいと思いますが縦型ドラム式洗濯乾燥機なもので・・・
随分時間を要します。

Dsc01020

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤシライス

Dsc00955_1

一番最近買ったリーディング グラスです。行きつけの眼鏡店に入り一番に目に付き掛けてみたらピッタリ私の輪郭に合いました。即決です。

その後気がついてみれば私の周りで同じ物を持っている人や新しく買った人が何人もいて「流行ってるのだ~」と思った次第です。

大変軽く、ツルとガラスの接点にネジがないので緩むことがないのが良いですね。
バネが強いので片手で脱着できます。

無農薬玉葱を沢山いただいたので本日はお客様を含め5人分の料理で中くらいの玉葱を8個使いました、血液はさらさらのはずです。

               ☆menu☆

オニオングラタン スープ

Dsc00962

この暑い時にこの料理は何かの罰ゲームか修行のようでした。

クーラーの中で玉葱を切ると細かい粒子が飛び散るのか非常に目にしみるのです。

その後延々と炒めなくてはならないのでへとへとになっていたところ、お友達がおしゃべりに来てくれたので2時間ほど休憩ができました。

その後も炒め続けオーブンに火を入れて焼きました、その頃にはキッチンの温度はグングン上昇していました。

やっと出来ましたがお客様や家族が喜んでくれたので、苦労の甲斐がありました。でも私の体は夜11時になっても冷えません。

きゅうり、セロリ、トマト、アボガド、ブロッコリースプラウトのサラダ

Dsc00960

ハヤシライス

Dsc00964

お肉も頂き物が有りますのでハヤシライスを作りますがインスタントの物は食べたくないので自家製をつくります。

レシピと言うほどの物が無いのですが味を見ながらなるべくレシピとして残すために計るようにして調理しました。

<材料>牛肉 600g、玉葱2個、マッシュルーム2パック、
      小麦粉、パプリカ、赤ワイン100cc、フォン・ド・ウォー1缶290g、マデラ酒75cc、トマトペースト大匙2,マギーブイヨン2~3個、ケッチャップ50cc、ウスターソース大匙1,塩、胡椒、ベイリーフ

<作り方>
①牛肉は指の大きさ位にきり塩、胡椒、パプリカ、小麦粉をまぶしておく

②玉葱は7ミリの櫛形に切りそろえておく

③マッシュルームは1個を4つにスライスする

④鍋にオリーブオイルを熱し玉葱とマッシュルームを順次加えて炒める、あまりクタクタに炒めず堅さが残るようにする、取り出す

⑤油を足して①を入れ焼き付けるように炒めブランデーでフランベし、玉葱と共に取り出しておく

⑥そこへ赤ワイン、マデラ酒、フオン・ド・ブォー、等を沸騰させ少し煮詰めて、残りの調味料を加える。味を整え④⑤を鍋に戻し煮る

⑦濃度が足らなければコンスターチの水溶きを加え調節してください

思い出しながら書留ましたが抜け落ちてる部分があるかも知れませんので皆様のお口に合うように手直しをしてお作り下さい。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

コールスローサラダ

Dsc00865

雨続きなので洗濯は乾燥まで自動でしていました、出来たので蓋をあけてあつあつの洗濯物を取り出しました。

バスタオルはホテル仕様の真っ白で大判の物を新しくおろしました、知らず知らず使っている中にタオルは毛がねてしまいます。

新しい物は気持ちが良く好きです、さて畳もうかなと見てみると何だか色が付いてる!

え~~何?どうしたのと思って犯人を捜すと安物の茶色いタンクトップが小さくなって出てきました。何に対してなのか腹が立ってしょうがないです。こんなに色が変わってしまった新しいタオルは元の白さには戻らないですもの・・・・・。

気を取り直して今日の料理に行きましょう。
メイン料理は決まったけど後何にしようかしらと悩むようなときにお助けメニューを紹介です。

コールスローと海老パンです、フライドチキンにコールスローは良いコンビネーションですよね。何か他の物でも試して見てください。

Dsc00866

コールスロー

<材料>キャベツ、玉葱、人参、サラダオイル、酢、マヨネーズ、

<作り方>
①玉葱、人参は同じくらいの長さの千切り

②キャベツは千切り又は粗みじんに切る

③ボールに①を入れ塩少々入れて揉んでおく、しなっとなれば②をいれ又揉む

④サラダオイル、酢、適宜、砂糖ひとつかみ、胡椒を入れて混ぜ味を見てマヨネーズを足す

ボールに材料を入れて混ぜるときは手で揉む様に混ぜると良いです。かなりボリュームが無くなります、沢山食べられると言うことです。

Dsc00868

  海老パン

<材料>川津えび、又はブラックタイガー等、サンドイッチ用のパン、生姜汁、片栗粉、塩、こしょう、酒

<作り方>
①海老は頭、背腸を取り皮をむいてみじんに切り尚かつ包丁で叩く

②ボールに入れて塩、胡椒、生姜汁、酒を入れて混ぜ水分を片栗粉で固める

③パンを4等分にきりバターナイフで②をぬる

④油を170度にして海老を塗った方を下にして油に入れる、色が付けば裏返す。

⑤良く油を切ってお皿に盛りパセリ等青みを乗せる

パーティの時に手軽でつまみやすいので良いですしビールと良く合います。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

新蓮根の白和え

Dsc00917

昨夜は芦屋の花火があり友人宅でBBQをしながら花火を見ようというパーティでした。

花火を撮るのは難しいです、お酒を飲んでいるので手ぶれもしますし、シャッター時間は長いしダメです。

Dsc00939

今の季節新蓮根がでていますがどうして?と言いたくなるほど良いお値段です。

買い物に行って見かけてしまいどうしても食べたくなり買いました。

失敗しない様に慎重につくりました、やっぱり美味しかったです。

土用の丑ですのでお約束の鰻は献立に入ります、シジミも今日食べるべき食材の様です。

               ☆menu☆

海老ときゅうりの酢の物

Dsc00940

いくら醤油漬け、大根おろし

Dsc00942

鰻どんぶり

Dsc00944

しじみの赤だし

Dsc00945

   

新蓮根の白和え

<材料>新蓮根200g、木綿豆腐1/2丁、白味噌、白ごま

<作り方>
①蓮根は皮を剥き2~4つわりにして薄切りにしたら酢水に漬ける

②熱湯に酢を少し入れて①を入れ再び沸騰すればザルにあげる

③出し汁 1カップ
 味醂   大匙3
 日本酒  大匙1
 砂糖   小匙2
 塩     小匙1/2
 薄口醤油 小匙1
鍋に調味料を入れ沸騰すれば②を入れさっと煮て、氷水につけ冷やす

④豆腐はペーパータオルで包んでレンジに4分かけ、紙を替えて包んでおく

⑤白ごま  小匙1
 白味噌  小匙2
 砂糖    小匙1/2
 味醂、塩各少々
出し汁
すり鉢に胡麻を入れて擂り豆腐を加えて良く擂り、調味料を入れ味を見て硬ければ出し汁を加える

⑥食べる前に蓮根を和える。有れば軸三つ葉の塩湯がきや紅たでを天盛りにする 

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月22日 (土)

スパむすび

Dsc01054

ハワイでおなじみのスパムのおむすびを色々食べ比べここに一押しのスパむすびが完成いたしました。

紹介いたします、朝ご飯にお弁当にと活躍しますのでお試しください。

<材料>ご飯、減塩25%カットのスパム1缶、削り節、卵、手巻き寿司用海苔、

<作り方>
①スパムは7ミリ位にスライスしてテフロンのフライパンで油を引かずに両面焼き最後に醤油を1滴落として香り付けする

②卵は味醂、薄口しょうゆ各少々いれ薄焼き卵 を焼く、スパムの大きさに切る

③削り節に砂糖、しょうゆ各少々いれ混ぜておく

④海苔は帯状に切っておく

⑤スパムが収まる大きさの密閉容器を用意し中にラップを敷いてご飯+削り節+ご飯+卵+スパムと段々に乗せる、上から軽く押しつける

Dsc00898

海苔を帯状に巻くと出来上がりですが、ラップをしたまま手で持って召し上がり下さい。

油で手が汚れますから。

Dsc00901_1

飲み物にはやはりコナコーヒーでしょうか。

その後もっと減塩のもの発見です。まだお味は試してないので解りませんが塩分34%カットです。脂肪分は17%カットと書いてあります。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カリビアン シュリンプ カクテル

Dsc00891

新鮮な海老を頂いたもので、シュリンプカクテルを作りました。

前菜によく冷えた物は食欲を誘います。

先日の蟹半分でクリームコロッケをつくりました。

イタリヤ土産で頂いた透明なバルサミコ酢の栓をあけました、初めて使いますさてお味は?

                 ☆menu☆

カリビアンシュリンプカクテル

トマトサラダ

Dsc00893

トマトの上に紫玉葱みじんきり、バジル千切りを乗せて塩、粗挽き胡椒をしてオリーブオイルとバルサミコ酢を掛けました。思ったより酸味が少なく甘さの方が勝っています。

蟹クリームコロッケ

Dsc00896  

トロリと柔らかいクリームコロッケが好きなのですが作るときが大変なのでギリギリの所で我慢します。ラップで形作り冷凍して、卵と小麦粉を混ぜて付けパン粉をまぶし揚げます。

ソースは赤ワイン、マデラ酒を煮詰めケチャップ、ウスターソースと混ぜます。

  カリビアンシュリンプカクテル

<材料>活海老 200g、マヨネーズ1/2カップ、エシャロットみじん切り2個分、にんにく1片、ケチャップ大匙1,タバスコ少々、ライム1/4~1/2個、サラダ菜等青み

<作り方>
①海老は頭と背腸を取り塩熱湯でさっと湯がきザルに取る

②皮を剥く

③調味料をボールに入れにんにくをつぶし、ライムを絞り入れる、よく混ぜる

④海老を入れ混ぜて冷蔵庫で冷やす

⑤カクテルグラスなどにサラダ菜などを敷いて上に盛る、ライムを添えても良い

この一品はビールよりよく冷えた白ワインが宜しいようです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

夏の花

Dsc00886

お花屋さんが2週間に1度お花を届けてくれます。

いつもは白い百合系なのに今回に限って種々雑多な物が来ました、暑さに強い種類で揃えたそうですが、どの様に活ければいいか困りました。

古い陶器で片口のものが有ったのでザックリと活けてお玄関においてみました。

Dsc00885

雨が上がると庭で今年初めての蝉が鳴いていました、これから暑くなりそうです。

ヨーロッパの異常気象でイギリスの裁判官は伝統的なカツラを脱いでも良いことになったり、バッキンガム宮殿のあの格式高い衛兵は木陰に入ることを許されたりと大変そうです。木陰に入っても高相を崩さないのでしょうか。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フレンチレストラン

雨の中以前に予約をしていたのでレストランへいきました。

6月19日にフランス産の鴨やフォアグラが輸入解禁になって以来初めての訪問なので楽しみでした。

まず最初にトウモロコシのブラマンジェです、よく冷えて美味しいです、雨模様の気分を一掃したくてスパークリングワインをお願いして一緒に頂きました。

Dsc00854_1

お店の照明が暗くて良く撮れていません

Dsc00856_1

前菜は鱧と子蛸、沢山のお野菜と

焼き目が香ばしい鱧、水茄子や瓜、さつまいも、始めてみるお野菜もありました

Dsc00857_2

期間限定桃のスープ

滑らかなスープと桃が良いです

Dsc00859_1

栗南京のリゾット、フォアグラのソテー、トリフ

久しぶりのフォアグラにお目に掛かりました、南京の甘さとフォアグラの塩味が最高です

Dsc00860_1

お口直しのシャーベット

撮影前に少し口を付けてしまいました

Dsc00862_1

メイン、私のオーダーは鴨です、じゃがいも、甘長ししとう、エンダイブ添えです

Dsc00181_1

デザートの前のデザートはグレープフルーツのブリュレ

Dsc00863

前回は食べてしまって撮影出来なかったココナッツのブラマンジェです

ここのブラマンジェは絶妙な柔らかさです、これ以上ゼライスを減らせば崩れるというぎりぎりの所でしょう。口当たりが非常に宜しいです。

この後エスプレッソを頂きました。

16席の小さなお店です、オープンキッチンで2人が実に手際よく静かに流れるように動いていらっしゃいます、清潔好きなオーナーシェフは何時も厨房をぴかぴかになさってます、気持ちよくお食事が出来ます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

たらば蟹2色ソース

Dsc00844_1

昨日から大雨で避難勧告がでたり土砂崩れや土石流など各地に被害が出ています、集中的に同じ所に度々の大雨で被害が出てお気の毒です。

速く梅雨前線が遠ざかってくれることを祈ります。

10時前に料理のお稽古に出かけるために雨用の服装と靴を履き表に出ると雨がやんでいました、ラッキーなのか?それなら又違うお洋服にすれば良かったわなどと思いながら出かけました。

1時半にお稽古が終わりすぐさま電車に飛び乗り自宅に舞い戻ると、すでに3人がヨガのスタンバイオーケーで私も急いで着替え、やる前から汗が出ました。

久しぶりのヨガですが今日は先生の勢いがよろしく1時間半のパワーヨガでハードでした。

あすの体のきしみが心配です。

疲れながらも今夜の献立は・・・

               ☆menu☆

先付け

Dsc00852

かまぼこ(きゅうり、大葉)、昆布明太子、ボイルドタン(ピクルス)らっきょう、ズリにんにく醤油漬け、わさび昆布、茗荷ともろみ

鯛のあら炊き

Dsc00850

到来物のたらば蟹です、兎に角大きいのです。

さばいて半分食べることにしました、サウザンアイランドと三杯酢を用意しました。

付け合わせは花丸きゅうりです。

Dsc00846_1

サウザンアイランド
<材料>玉葱、ピクルス、ピーマン、イタリアンパセリ、マヨネーズ、ケッチャップ、レモン汁、リーペリンソース、胡椒、全て様子を見ながら適宜、花丸きゅうり

<作り方>
①材料をみじん切りにして全てを混ぜる。

②花丸きゅうりは板ずりして斜めに細かく包丁を入れ180度廻して同じ方向に包丁を入れる、斜め切りにする

半分で充分でした、果たして明日は何に変身することやら。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は何の日?

今日7月20日はハンバーガーの日です。

35年前の今日マクドナルドが日本での第一号店を東京にオープンし当時ハンバーガー1個の値段は80円だったそうです。

値段的には35年前とそんなに変わらないように思いますが、当時は1ドルが360円でしたから1ドルで4個も買えたのですが今は1個です。

海外に行くのに持ち出す外貨は500ドル迄という制約があり自由にはならなかったその様な時代です。

学生の私はハワイで食べたあの美味しかったハンバーガーが日本でも食べられるとワクワクしたものです。神戸では国際会館の1階にオープンし並んで買いました。

その頃は外で食べる事に抵抗が有った日本人でした。まして歩きながら食べることは恥ずかしいと共に難しい芸当の様におもいました。

今でもカップラーメンを食べながら歩いている学生を見ると”難しそう!”と思って見ています。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

豚生姜焼き

Dsc00834

豚肉50gでこのボリューム! 豚肉は薄切りを使い、玉葱と一緒に炒めているので見た目は普通ですがカロリーと脂肪分は抑えめです。

その他今夜の献立は・・・

              ☆menu☆

酢の物・・・きゅうり、若布、茗荷、おおば、新生姜、紅たで、ちりめんじゃこ

Dsc00827

焼きししとう

Dsc00824

茄子と三度豆の胡麻和え 

Dsc00839    

焼きししとうを作るときは金串2本に刺しガスコンロの上に直接かざしバチバチと音がするまで焼くと簡単にできます。

茄子と三度豆の胡麻和え              

茄子は両端を切り落とし縦半分に切り蒸し器で蒸す。

三度豆は湯がいて切る、ごまをすり砂糖少々、濃い口醤油で食べる寸前に和える。

作って時間をおくと水気がでて美味しく頂けません

豚生姜焼き 

材料>豚薄切り、玉葱、キャベツ、生姜、片栗の水溶き

<作り方>
①玉葱は櫛形にきる、キャベツは千切りにする

②生姜はおろし生姜にする

③味醂 2 :
  酒  1:
  醤油 1
   この割合でタレを作り②を加える

④フライパンに油を熱し玉葱、豚を炒め豚の色が変われば③のタレをいれ絡める

⑤片栗粉の水溶きを少し作り④に入れて軽くとろみを付ける

⑥キャベツを添えて盛る
   

今日は食事の量が少なかったので(連休に食べ過ぎたので少なめにしました)家人はデザートに頂き物のアップルケーキを食べ、おかきををバリバリと食べていました。

私の健康管理は無意味なものになってしまいました。   

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

朝ご飯なに?

毎朝目覚めてからベッドをでるまでの数分間で朝食のメニューを考える癖が付いています。

前日の夕飯用にご飯を炊いていれば和食か、チャーハン、チキンライス、雑炊等。
パンならトーストに何かおかず、サンドイッチ、フレンチトースト、クロックムッシュ等。
パンもご飯も無いときは麺類になります。

Dsc00805

今朝はパンを少し焼いてヒッコリーというハムときゅうり、スクランブルエッグときゅうりのサンドイッチにしました。アイスレモンティーと共に。

11時頃京都からのお客様がありお土産に毎朝10時に焼き上がるという”オオマエ”のアップルケーキを持ってきてくださいました、まだ暖かく感激です。
焼きたては箱には入っていません。

Dsc00809

包装ががシンプルなのに可愛いです

Dsc00818

ナッツを細かく砕いて上にのせてあります、凄く甘さを抑えて作ってあります。ホームページは無いようですので、詮索してください。予約をした方が良いと聞きました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦みを抑えたゴーヤチャンプル

Dsc00798

神戸生まれ神戸育ちの私が初めてゴーヤと出会ったのは、27年前中華料理店のママが夏バテ気味の私に勧めてくださったのが初めです。

一口食べて名前の由来が解り失礼ながら残してしまいました。

ここ5年ほどでゴーヤがメジャーになり私も段々好きになりましたが、家人は未だ付いてこられません。

今回はそんな苦みに弱い人の為に考えたレシピを紹介いたします。

スパムで作ろうと思ったのですが家には買い置きが無かったので豚肉でします。

     ゴーヤチャンプル

<材料>2人前・・・ゴーヤ1/2本、木綿豆腐1/2丁、豚肉適宜、卵2個、ごま油、ウェイパー小匙1/2、だしの素少々

<作り方>
①ゴーヤは上下を切り落とし縦半分にきる。

②スプーンで種とワタを全てこそげ取り1ミリにスライスする

③ボールに入れて塩をふり混ぜて置いておく

④豆腐は上下をまな板ではさんで30分置く

⑤豚肉は2センチに切る

⑥③を30分置いた物を水洗いしてその後流水でさらす、ザルに取り水気をきる

⑦フライパンにごま油を入れ熱し豚肉を炒め酒、醤油で下味を付ける

⑧⑥を炒める、④を手で握りつぶしながら入れて炒める

⑨ウェイパー、だしの素、水大匙2,を加えて混ぜ溶き卵を入れ仕上げる

⑩器に盛りけずりがつおを天盛りにする

お昼は日本海からの帰りにドライブインでカツ飯なるもの(加古川市の名物)を食べ半分以上残したのですが空腹感が無いので豆腐チゲを作りました。

Dsc00800

ゴーヤチャンプルとチゲでビールが進みました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

日本海にて

15日1時過ぎに日本海に着きました、晴れたり曇ったりのお天気でした。

人もまばらで3時頃になると誰もいなくなりました。

Dsc00779

Dsc00782

Dsc00787

手作りのお弁当とビールを飲み家人が潜って居るあいだ私はデッキチェアーでひたすら微睡んでいました。

朝刊を持って行き読もうとするのですが何時しか新聞は顔の上で時折風に吹かれてパサパサと音を立てていました。

潜って1時間程して獲物をカゴに入れ海から帰ってきました。夕飯にがしらの煮付けを作りましたがやはり取り立ては身の感触が違います、薄味で炊きましたがそれがよかったです。トコブシやサザエのお刺身も美味でした。

16日の高原の朝は緑が美しく涼しいので肺に空気を一杯入れたくなりました。

Dsc00790

9時頃綺麗に晴れたので海へ行くと大雨になり、暫く車の中で様子を見ていても全くやみそうにないので撤収しました。

夕飯は知り合いのロッジでイワナのお刺身と但馬牛の陶板焼きを頂きました。

勿論美味しかったのですが、お酒のあてに出してくださった淡竹の煮物、沢庵、きゅうりの淺漬け等全て自家製でよそでは食べることが出来ない、このロッジならではの物なので特別美味しく頂きました。

17日は朝から雨で11時に友人のリゾートマンションを後にしました。

「穀物倉庫」という名前のスーパーが近くにあり、都会の一流スーパーも顔負けの品揃えです。こんな所で誰が買うのかしら?と思うような物例えばタイのジャスミンライスとか(私は買いましたが・・)アンチョビも色んな種類のもの、イタリアンの食材色々、オリーブオイル、ワインビネガー多種です。

Dsc00796

Dsc00795_1 

スーパーの入り口に沢山なっている葡萄です。

海の近くなのでお魚も新鮮でお安いのです、高原も近くに有るので取れたて野菜を売っていますが高原野菜は市場に出回ることなく地元で消費する物の他には料亭に行ってしまうそうです。私も買ってきたので今日から楽しんで料理をしようと思います。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

ちぢれ蛸の生姜酢

Dsc00768

蛸にもシーズンがあり夏には美味しくなります。

蛸で有名な明石の昼網をお昼過ぎに買うことが出来ます。

一匹では多いので今日は足を一本買い求めました。

                      ☆menu☆

水菜とカリカリおじゃこと温泉卵のサラダ

オイルでおじゃこをかりっと炒めて水菜にかけて温泉卵を乗せ出汁醤油を掛け卵を絡めて頂きます。

Dsc00770

すなずりの塩焼き

すなずりは皮を綺麗に取り去れば更に美味しいです

Dsc00774

ずいきとお揚げさんのたいたん(京都のおばんざいです)

Dsc00764

茄子の田舎煮

乱切りした茄子をごま油で炒めて出汁、酒、醤油、砂糖でにたものです、茗荷を乗せています

Dsc00762

水茄子のぬかずけ

泉州の水茄子は包丁で切るより手で裂いた方が美味しいと昔から言われています

Dsc00776

本日のお酒です・・・気がついた時には写真も撮らずに飲んでいました

Dsc00778

  ちぢれ蛸の生姜酢  

<材料>5人前  蛸の足2本、きゅうり2本、生姜、
      土佐酢・・・出汁100cc、薄口醤油25cc、砂糖小匙1,酢25~30cc

<作り方>
①蛸の吸盤をまな板に押しつけてくっつけて置く、皮を剥く

②身を薄くそぎ切りにし、吸盤は一つずつ皮から切り離す

③塩熱湯で身は湯引きにして氷りにとり、吸盤は身より少し長い時間湯がき氷りにとる。
ペーパータオルで水気を取る

④きゅうりは揉み瓜にする

⑤生姜は摺り下ろす

⑥器に蛸、吸盤、きゅうり、おろし生姜を盛り土佐酢をかける

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

青椒牛肉絲

Dsc00753

自家菜園で採れたピーマン、玉葱を頂いたので青椒牛肉絲を作りましょう。

中華料理店では油通しをしますが家庭ではかなりの勇気が要りますから今日は後始末が簡単な方法でいってみます。

              ☆menu☆

青椒牛肉絲

タイ風オムレツ

Dsc00758

お中元で特別な卵を頂いたので並のたまごを消費するべく作りましたが、タイで食べる卵は美味しいのです。鶏肉の消費量は多いそうですが卵の味との関係は知りません。

焼きフォー

Dsc00761

朝食にフォー(ベトナムの米粉で作った麺)を作ったのですが湯がきすぎたので焼きそばにしました。タイの唐辛子をスライスしナンプラーに漬けた物と、酢に漬けた物を作ります、お好みでかけていただきます。

  青椒牛肉絲

<材料>牛肉200g、ピーマン1袋~、赤パプリカ1/2個、玉葱1/2個、ニンニクみじん切り大匙1,生姜、ネギ各小匙1,
調味料・・・・オイスターソース、醤油、各大匙1/2、砂糖1/2、酒大匙1/2、塩、胡椒、水大匙4,片栗粉大匙1/2     

<作り方>
①牛肉は千切りにして醤油、酒、水、片栗粉、各大匙1を加えて揉み込む

②玉葱は縦のスライスにする

③ピーマン、パプリカは両端を切り落とし開いて種を取り太さを揃えて縦の千切りにする

④フライパンにごま油入れて①を炒め色が変わればニンニク、生姜、ネギを加え香りを出す

⑤②③と炒めていき調味料を入れて絡める

火を通しすぎないように、余熱を考えて少し早めにお皿に取るように。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

すずきの蒸し物中華風

Dsc00752_1

コンコンチキチン♪コンチキチン♪阪急から降りると聞こえてきました。きょうとは祇園祭の雰囲気に包まれいます。

御料理やさんの献立も鱧、稚鮎、ジュンサイ、賀茂茄子、鯵棒寿司、鯛ちまきずし等々です。

我が家も鱸の蒸し物中華風に致します

<材料>鱸、針生姜、白髪ネギ、香菜、醤油、ごま油

<作り方>
①鱸は両面薄塩をしてバットに並べ生姜の薄切り、ネギを乗せ酒をふって蒸す

②ごま油をなべにいれ煙が出るまで熱す

③器に①を移し白髪ネギ、針生姜を乗せ醤油を掛け上から②をジューつとかける

④香菜を天盛りにする

冷製羽二重蒸し

Dsc00750_2

生春巻き

Dsc00745_2

えび、もやし、きゅうり、春雨、ニラ、バジル、香菜、、レタスなどが入っています

ソース・・・スイートチリ、ナンプラー、ライム

で作りました。

アボガドサラダ

Dsc00748_1

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

小芋の煮物

先日来より我が家に両手に収まる程の小型パソコンが有ります。あまりの小ささに拡大レンズのメガネを掛けないと見えません。これは便利なのか不便なのか微妙な所です。

家人は3時間程の睡眠で夢中になってます。ご紹介します。

Dsc00733

・・・でどうなの?と思ってしまう無知な私です。

所で我が家の夕食です

               ☆menu☆

山口県「白銀」のかまぼこ、きゅうり、大葉、梅肉和え

Dsc00719_1

白銀のかまぼこは弾力、歯ごたえが大好きです。梅田阪急で買えます

川津海老かき揚げ、茄子、ししとう、白舞茸、茗荷、大葉の天ぷら

Dsc00726

かなりカリカリに揚がり大葉などは噛めばほろほろと砕けますが写真で伝わりますかどうか?

蒸し野菜

ダイエット食で作りましたが辛くて残してしまいました

Dsc00724

小芋の煮物

Dsc00723

<材料>小芋15個、出し汁1カップ、味醂大匙1,酒大匙3.塩小匙1/2弱、砂糖大匙1強、薄口醤油大匙1/2~三度豆適宜、柚子

<作り方>
①小芋は洗って砂を落とし、上下をきり落とし六方に皮を剥き水洗いする

②鍋に①を入れかぶる程の水と少しの米を入れ火に掛け竹串が通る迄湯がく

③水道の蛇口の下へ鍋を置き水を流しながらそーっと小芋のぬめりを取る

④鍋に小芋と調味料をいれ火に掛け煮立ったら弱火で煮含める。

⑤三度豆は両端を落とし塩湯がきして水に取る

⑥④を冷やして冷めたら⑤を漬ける

⑦器に盛りすり柚子を掛ける

小芋の大きさにより出し汁の分量は加減してください、被る程度のおだしが必要です。

冷めてくるときに味がしみ込むので時間の余裕がある時にお作り下さい。

by 助っ人
少し新しいパソコンにも慣れましたので、レシピ集に追加しました。
暫くしてないと仕方を忘れてしまっていて疲れます。
ところで、新しいパソコンは重さが492gのvaioのtypeU(FlashMemoryType)です。どこでも、パソコンどこでもinternetですが、画面の文字が小さいので絶対に老眼鏡が必要です。でも拡大画面もあるので慣れればなんとかなると思います・・・
http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Product/U/
一度見てください

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

ハンバーガーとガスパッチョ

ヘアードライヤーが壊れたようなので量販店へ買いに行き隣にあるスーパーへ行ってみると、ハンバーガーバンズを売っていましたので、ハンバーガーを作ることにします。

無農薬、有機栽培のとまと、きゅうり、ぴーまん、玉葱、じゃがいも等々頂きましたのでガスパッチョを作ります。

Dsc00712

バンズにバターを塗り、サラダ菜、ハンバーグ、ケッチャツプ、玉葱の輪切り、トマト、ピクルス、辛子マヨネーズ、レタスの千切りを重ねています。

Dsc00718

まだ発展途上のガスパッチョですが、冷たくするのが絶対条件ですので器も勿論冷やしますが、今日はトマトジュースの缶1個を冷凍庫で少しだけ凍らせて最後に混ぜて出しました。

お好みのガスパッチョを作られたらお試しください。

食べてしまってからではどうしようも無いのですが、私週末から日本海のリゾートマンション(友人の持ち物ですが何故か鍵を私がずーっと持っています)へ行ってひがな1日海辺でターフを張りデッキチェアーに寝転がり、ワインとサンドイッチを嗜むのです。

水着で!!!たまに泳いだりもするのです。夜はホテルへ食事にも行くのです。

今日の様な食事は暫くお預けにして、明日からは・・・・・

どの様なメニューになるか乞うご期待です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

神戸ビーフのすき焼き

大阪府交野市私市(きさいち)にあるインド料理屋さんへ行ってきました。外観も中も雰囲気のある建物で面白かったです。

Dsc00695

Dsc00704 

約120年前に建てられた物を解体移築し、日本古来の建築工法で建てた家です。

中に座って見渡すとじんわりと懐かしさが込み上げてきます。

食後は車で日本最大の吊り橋、星のブランコ へ向かいました。車で近くまでいけると思い気軽に行ったのが大間違いで山を一つ超えるほど登りました。

高所恐怖症の私は生まれてこの方吊り橋は見るのがせいいっぱいでしたが、星のブランコは頑丈な造りだったので渡りきることが出来ました。気持ちが良かったです。

Img00041

30度以上の気温で汗をたっぷりかきましたが、うぐいすの鳴いている姿を初めて見ることが出来ました。ホーホケキョというのに体全体を震わせ力一杯振り絞っているようでした。

たまにはお肉をがっつり食べたいので今日は頑張って神戸ビーフのすき焼きです。

Dsc00680_1

如何でしょうかこの美しさ!

大層高級品に見えますでしょうねデパートなら100g3000円位でしょうか。私のお気に入りのお店では何とこの神戸ビーフが100g1000円です。勿論ショーケースの右の方にはもっと素晴らしい商品が有ります。

その他のメニューは・・

小鯛の笹漬けときゅうりの酢の物

ずいきのゴマクリーム和え

Dsc00707

ずいきのゴマクリーム和え

①ずいきの皮を剥き縦に細く切り長さは4センチに切りそろえ熱湯に酢を落とし湯がく、水にさらす。

②絞って水気を取り、出汁に薄口醤油、塩を入れて少し炊いて下味を付ける

③ゴマクリームをすり鉢に入れ煮きり酒を少しずつ加えてする、硬めに仕上げる

④濃い口醤油少々、砂糖を味を見ながら入れていく、②を固く絞り和える

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

鱧と松茸の鍋

梅雨時に一瞬松茸が採れるときが有ります。

3駅離れた大きな商店街へ出かけてお店屋さんを一軒一軒覗いて買い物しながら歩いていると、八百屋さんに松茸が並んでいました。値段からすると外国産でしょうが・・

思わず他を見ていた家人を手招きしました。

「あ~松茸!」

「鱧鍋する?」

「それしよう!」

「お魚屋さんに鱧が有るか電話してみる。」

と言うことで一瞬にして話がまとまりました。

と言うことで今夜の献立は・・・

             ☆menu☆ 

ひらめの向こう付け

Dsc00686

きんぴらゴボウ

Dsc00681

鱧と松茸の鍋

Dsc00691_2

鱧鍋をするときに何時も迷うことが有ります、それは上品な吉兆風にするか、はも料理で有名な淡路島風、特産の玉葱が入ったものでお味が濃いめです。

どちらも決めがたく美味しいのです。

迷ったあげく玉葱入りのやや濃いめ味で吉兆風、と言うことはマダム特製と言うことのになりますが、それに致します。鱧、玉葱共に淡路産ですから相性が良いでしょう。

最後はやはり淡路産のそうめんを入れて閉めることにします。

お魚屋さんのご厚意で鱧の骨を余分に頂きましたので大変美味しいお出しが出来ました。

     鱧と松茸の鍋

<材料> 鱧、松茸、豆腐、三つ葉、すだち

<作り方>
①鱧は骨切りをして貰っておく

②松茸は洗って適当に切る

③豆腐は奴にきる

④三つ葉は5センチ切りにする

⑤すだちはは横2つ切り

⑥水1カップに鰹、昆布各3gの割合で出しを取り、鱧の骨を入れて10分程灰汁を取りながら煮る

⑦薄口醤油、塩、酒、で吸物より少し濃い味の出しを作る

⑧鍋に出しを張り玉葱を炊いて煮えれば豆腐を入れ、鱧と三つ葉はしゃぶしゃぶにして

器に取る、出汁とすだちをふり頂きます

Dsc00685

頂き物のお漬けもの数々です。

どうしてもご飯が進みます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年7月 8日 (土)

ハーブいっぱい料理

お友達のお家の庭で採れたハーブを沢山頂いたので今日はハーブをふんだんに使ってメニューを作りました。

Dsc00642

ベイリーフ、タイム、ローズマリーを頂きました。

我が家にはペパーミント、イタリアンパセリ、セルフィーユ、大葉、等がありました。

              ☆menu☆

茄子とミンチのトマト煮

じゃがいものオリーブオイル焼き

Dsc00664

グリーンサラダ

麦のサラダ・・・麦、セロリ、きゅうり、とまと、ピクルス、オリーブ、ケッパー、ラデッシュ、ゆで卵、ささみ、玉葱、青ネギ、ペパーミント、大葉、イタリアンパセリ、フレンチドレッシング、マヨネーズ

Dsc00662

   じゃがいものオリーブオイル焼き

<材料>じゃがいも、ローズマリー、塩、胡椒、オリーブオイル、パルミジャーノデジャーノ

<作り方>

①じゃがいもは皮を剥きスライスにして耐熱皿に並べて入れて塩胡椒してレンジに4分掛ける。

②ローズマリーを適宜乗せてオリーブオイルを回し掛ける。

③230度のオーブンで焦げ目が少し付くまで焼く

   茄子とミンチのトマト煮

<材料>4人前・・・合い挽きミンチ300g、玉葱みじん切り1/3個、ニンニクみじん切り1片、マッシュルーム1パック、茄子2~3個、三度豆10本、タイム、べーリーフ、適宜、赤ワイン大匙2,トマトピューレー1本、マギーブイヨン1個、砂糖大さじ1、水100cc、塩、胡椒

<作り方>
①フライパンにオリーブオイルを入れニンニク、玉葱を炒めミンチも炒めて色が変われば塩、胡椒をする

②茄子は5ミリの輪切り、三度豆は3つに切る、マッシュルームは厚めのスライスにする

③①に②を加えて炒めワイン、トマトピューレー、水、ブイヨン、砂糖、ベーリーフ、タイムを入れて蓋をして茄子が柔らかくなれば蓋を取りすいぶんを飛ばす、味を整える

この料理にはやはりポテトが良く合います。

我が家の夏のメニューには欠かせない一品です。

オーブンの熱気さえ我慢できれば簡単な料理で見栄えがしますからお客様の時に便利です。

今夜も来客で一緒に食事をしましたがマヨネーズが苦手な方だったので麦のサラダはブーでした。残念!

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

夏のちらし寿司

Dsc00637_1

先日通りがかったお宅の生け垣に咲いていた直径1センチ程の小さなお花ですが可愛い~!と思ったのにカメラが無く残念でした。

今日は雨も降っていなかったので買い物途中寄り道をして、カメラに納めました。
鮮やかなピンクの造花がくっついているようなコントラストが面白いのです。

今夜も来客なので魚屋さんへ行くと、お天気が悪く漁が出来ないそうで少しの種類しか有りませんでした。

煮付けにしたいので水槽の目板ガレイを上げて貰いました。

                ☆menu☆

子持ち昆布

新じゃが、ささみ、三つ葉和え物

Dsc00651_1

新じゃがを細い千切りにし良く水にさらししさっと湯がいて氷水にとり鶏ささみ、軸三つ葉を三杯酢で和えました。

ひろうす、茄子、水菜の炊き合わせ

Dsc00653_1

目板カレイの煮付け

Dsc00657

新鮮な物で皮が剥がれて醜いですがお味は上々です。

絹さや、もやし、椎茸、豚肉の炒め物

夏のちらし寿司

Dsc00645

  夏のちらし寿司

<材料>米、鰻、新蓮根、きゅうり、大葉、茗荷、干椎茸、卵、寿司酢

<作り方>
①米は昆布水(水1カップに昆布3gをいれて30分おいておく)でたく

②新蓮根は⑥っ割の薄切りにして酢蓮根にする

③きゅうりは小口切りにして揉み瓜にする

④大葉は千切り、茗荷は小口きりにする

⑤干し椎茸は戻して甘辛く炊く

⑥鰻は縦4つわりにして1センチにきる

⑦たまごは錦糸卵にする

⑧ご飯が炊けたら寿司酢を合わせ②③④⑤⑥を混ぜる

⑧器に盛って⑦を天盛りにする

生野菜がたっぷりでサラダの感覚で頂けるばら寿司です、若い方に人気があります。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

きゅうりの箸休め

着床前診断で有名なとある産婦人科の前に「淡河」のアンテナショップで朝取りお野菜を売ってます。

昨日紹介したスーヨーきゅうりを売っていたのですがなんと5本100円でもっと大きい物でした、凄く得をした気分で嬉しくなりました。また行ってみようーっと。

今夜のメニューは・・・・

              ☆menu☆

鰹のたたき

Dsc00629

あさりの酒蒸し

Dsc00631

鯵フライ

Dsc00635

きゅうりの箸休め

Dsc00628

   きゅうりの箸休め

<材料>きゅうり、塩、濃い口醤油、酢、出し昆布

<作り方>
①きゅうりは板ずりして洗い、1,5センチ位にぶつきりにする

②ボールに入れ酢と醤油を同量入れ出し昆布を適宜入れ2時間程冷蔵庫に入れておく

箸休めにも、お酒のおつまみにもなる清々しい簡単な1品です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

合鴨ロース

包丁が欲しいのと研いでもらいたいので阪急百貨店へ行きました。

私が使ってる物は「有次(ありつぐ)」というメーカーの物です、お嫁入り道具に持ってきた物と買い足した物など何本かあり、もうすでに30年は使って、研いでしている物は形状はかなり違っています。売り場に行くと和包丁と洋包丁も沢山の種類がありさんざん迷いやっと1本買い求めました。

弘法も筆をえらびますよ。

Dsc00614

Dsc00615

料理好きは包丁が大事ですよね。

さらの包丁を使うとなると何だかウキウキして食材を買いこんでしまいました。

夕方、丁度お友達が近くまで来ると言うことで食事に誘い包丁の切れ味を存分に確かめる事が出来ました、気持ちが良い切れ具合です、千切り、小口切り、腕が上がったかと勘違いするほど細かく切れます。流石「有次」です。

今夜のメニューは・・・

            ☆menu☆

鯵ときゅうり、茗荷の酢の物

Dsc00622

合鴨ロース

Dsc00618

しろ菜とあげの煮物

Dsc00620

椎茸アスパラガス焼きもの

Dsc00623

豆ご飯

アサリの酒蒸しをするつもりで砂出しをしていたのを忘れてしまい後片付けをしていたら出てきて後悔しました。

京野菜のスーヨーきゅうりという物があります。

Dsc00616

表面がぶつぶつしています、少し細いです、中のワタの部分が少ないので揉み瓜にするとシャキシャキの歯触りです。これは新鮮な物で花が付いていました。

   合鴨ロース

<材料>合鴨ロース1枚、生姜、青ネギ適宜

<作り方>

①合鴨は余分な油や筋を取りきれいにし、皮に1センチ幅で切り込みを入れる

②熱したフライパンに皮を下にしてこんがりきつね色になるまで余分な油を捨てて焼く

③最後に身の方をさっとあぶる程度に焼く

④鍋に酒1/2カップ、みりん大匙1,砂糖大匙1,濃い口醤油大匙21/2を沸騰させる

⑤合鴨の皮を下にして入れ落としぶたをして途中かえしながら5~6分弱火で煮て取り出しホイルを掛けて落ち着かせる

⑥生姜は千切り、青ネギは斜め細切りにする

⑦⑤が冷めたら薄切りにする、煮汁に片栗の水溶でとろみを付ける

取り皿に鴨、ねぎ、生姜をとりたれを掛けて一緒に食べます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

STARCKのメガネが

先週からまだ新しいSTARCKのメガネが行方不明で見つかりません。

心当たりのあるカルチャーセンターに問い合わせると無いとのこと、よくよく考えるに先週京都へ行ったとき予約せずに入った飲食店が2件有ります。

そこに置いてきたもようです、しかしお店の名前も電話番号も分かりません。

お店の方もメガネを置いて行かれてお困りでしょうに申し訳ないです。

もう二度と私の鼻に乗ることがないSTARCKのメガネよさようなら!惜しいな~~

辛いですけど今夜の・・・

          ☆menu☆

三度豆の胡麻和え

穴子、きゅうりの酢の物

黒皮南京、鶏丸、オクラ炊き合わせ

賀茂茄子の味噌田楽

時鮭の塩焼き

Dsc00610

   賀茂茄子の味噌田楽

<材料>賀茂茄子1人半個、揚げ油、白味噌100g、出し汁大匙1~、酒大匙1~
      砂糖小匙1~、卵黄1個分

<作り方>
①賀茂茄子は両端を切り落とし横2つに切り皮を剥いて、全体にフォークで穴を開ける

②油でじっくり竹串がすーっと通るまで揚げる

③白味噌と出し汁、酒、砂糖を良く練り火に掛け練り上げる、味噌により塩味が違うので味を見て砂糖を加減する

④鍋を火からおろし卵黄を加えて混ぜてから火に掛け良く火を通す

⑤茄子に味噌を塗りオーブンで焦げ目を付ける(オーブントースターでもOK)

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年7月 3日 (月)

穴子茶漬け

今日は法事で朝から出かけて会食もあり、たっぷり頂きました。

Dsc00598

テーブルの上で蟹が・・・・・私は食べられません!

夕食の時間になってもお腹が空かないので買ってきた鮑をガーリックバターで炒めてビールを飲み、穴子茶漬けをしました。

  穴子茶漬け

Dsc00591 

<材料>焼き穴子、新漬け沢庵、三つ葉、わさび、醤油、海苔
<作り方>
①写真は2~3人前です、穴子、沢庵は千切りにして三つ葉はざくきりにする

②お椀にご飯を入れ上に3色の具ともみ海苔、わさび、醤油少々を入れる

③煎茶、ほうじ茶など好みのお茶をかけて頂きます

Dsc00594_1

お寿司屋さんで最後にお新香巻きのお茶漬けを食べさせてくれるところがあり、あまりの美味しさに我が家風にアレンジして良く頂きます。

穴子はやはり明石の天然物は格別おいしいです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

家庭の春巻き

京都からのお客様がお土産に中京区寺町通りにあるシェ・ラ・メールというお店のバルカン(シュークリームの様な物)を下さいました。

箱を持ったらずしりと重かったのですが開けてびっくり、計れば直径12センチ重さ225gもあるシュークリームが出てきました。ドーン!

Dsc00589_1

これはナイフとフォークが無ければ食べることが不可能です。食べてみるとシューはパイのような食感です、クリームは200gほど有りますが重くなく最後まで食べることが出来ます、美味しいです人気のお店だと言うことが分かります。

でも本当に大きいです、私はお三時に頂きましたがデザートには絶対無理です。

ケーキ5個で1キロ以上なんですから、兎に角重たいシュークリームです。お試し下さい、お土産には最高です。

今(pm3.30)は満腹ですが今夜のメニューは考えました。

                  ☆menu☆

家庭の春巻き

Dsc00585_1

かに玉

Dsc00586

蒸し茄子香味ソース

きゅうりの中華甘酢漬け

Dsc00583_1

   家庭の春巻き

<材料>春巻きの皮1袋、豚肉100g~、筍小1個、生椎茸4こ、もやし1袋、春雨30g、青ネギ3本(ニラでも良い)、生姜線きり大匙1

<作り方>
①豚肉は線切りにして醤油、酒で下味を付けかたくりを加えて揉み込んでおく

②筍、椎茸は千切りにする

③春雨は湯がいて戻しておく

④青ネギはななめの薄切りにする

⑤フライパンに油をいれ①を炒め色が変われば生姜、筍、椎茸、もやしの順に炒める

⑥酒大匙2,醤油大匙1,砂糖小匙1,塩胡椒、オイスターソース小匙1を入れ炒め③を入れて水分を吸い取らせる尚かつ片栗粉の水溶きで固める。④を入れて火を止める

⑦バットに入れて冷やす、冷めれば春巻きの皮で具を包み最後は小麦粉と少量の水で溶いたものを糊にして止める(皮には裏、表が有りざらっとしている方に具を載せる。)

⑧油できつね色になるまでこんがりあげる。辛子酢醤油でお召し上がり下さい。

具がよく冷えてから食べる前に包んで揚げないと爆発して残念なことになってしまいます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

冬瓜のそぼろあんかけ

今夜はお友達がみえて一緒に酒盛りしちゃいました。

今朝は早く起きたのでもうすでに18時間起きて動いてます、今はお酒も入ってオネムになってきました。そこで今夜のめにゅーは・・・

                ☆menu☆

鱧の骨せんべい(すでに食べられています)

鱧ときゅうりの酢の物

Dsc00572_1

牡丹鱧とジュンサイの椀物

Dsc00576

冬瓜のそぼろあんかけ(茗荷と)

Dsc00578

Dsc00575

鱧の落とし梅肉

その他新生姜ご飯、万願寺ししとうの佃煮でしたがそれらを食べる頃はかなり出来上がってまして、写真を撮ることをすっかり忘れていました、申し訳ございません。

なんと体重、体脂肪、内臓脂肪が減っていました、早起きは三文の得とはこのことだったんでしょうか?ちがいますか?

     冬瓜のそぼろあんかけ

<材料>5人前・・・冬瓜一人6センチ角位、鶏ミンチ100g、茗荷5個、ぐず土生姜
<作り方>
①冬瓜は6センチに切りワタをとりかわを薄く剥いて斜めに隠し包丁を入れ対角線にも隠し包丁をする

②鍋に入れ水をたっぷり張り塩を入れて串がすーっと通るまで湯がき、水に取る

③鍋にミンチ、酒大匙1/2、薄口醤油1/2をいれ箸でさばいてから火に掛けそぼろになれば冬瓜を並べて入れ上に縦半分に切った茗荷をのせ浸るまで出し汁を入れる

④薄口醤油、塩で味を付け10分程弱火で煮、最後に葛の水溶きであんかけにする

⑤器に盛りおろし生姜を上にのせる

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »