« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

茄子と生麩の炊き合わせ

Dsc02569

農家から送っていただいた茄子と昨日の残りの生麩を炊き合わせました

<材料>

茄子   3個

生麩   1/2本

<作り方>

①茄子は両端を切り落とし縦に包丁目を入れて入れておく

②油であげる、鍋に出し汁300cc、味醂大匙1,酒大匙11/2、薄口醤油11/2と共に入れて煮る

③生麩は1,5センチ幅に切り小麦粉を付けて油で揚げる(低温で)

④鍋に出し100cc、味醂大匙1,酒大匙1,醤油大匙1弱と③をいれ弱火で煮ていく

⑤器に茄子を入れ手前に生麩を置き生麩の出しを張る、有れば木の芽や茗荷を天盛りにする。

今夜は八海山の純米吟醸で土曜日の夜をゆったりと過ごします

Dsc02587

これも頂き物の湯葉と菊菜の煮浸しです

Dsc02577

肉じゃがに彩りが良いかなとズッキーニを入れてみましたが存在感がなくダメでした。

じゃがいもも畑で取れたのを頂きました。

Dsc02575

昨日頂いた卵で出汁巻き卵を焼きました

Dsc02584

シメジとえのきの炊き込みご飯です、おこげもちゃんと出来ました。

私としてはおこげのない方が好きなのですが・・・

Dsc02591

我が家の糠漬け・・・水茄子、きゅうり、茗荷

Dsc02589

ブログを初めてから見て下さっている方から食材を頂く機会が増えました、調理してUPすることが御礼と感謝の気持ちを表す一つの方法だと思いやらせて頂いています。

お陰様で今夜も10種類以上のお野菜を頂くことが出来ました、感謝致します。

ごちそうさまでした。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

餃子

Dsc02557

5年前に中華料理のお稽古で習った物ですが中国ではにんにくを入れないそうですが私は入れて作ります。

レシピではニラを使っていました。

本日はお皿に移すときに失敗しました、少し崩れています。(悲しくなりました)

<材料>

豚バラ肉150g・・・みじん切りにしたもの

ごま油   大匙2

砂糖    小匙1弱

塩      小匙1/4

胡椒     少々

キャベツ   150g

塩       小匙1/3

にんにく・・・すり下ろし

青ネギ・・・・3本

餃子の皮1袋・・・23個できました

<作り方>

①ボールに豚肉、調味料を入れ粘りがで出るまでよく混ぜる

②キャベツを微塵切りにしボールに塩も入れて混ぜ5分おく

③②を布巾にとり良く水気を絞る

④青ネギは小口切り

⑤①に③④を加えて混ぜ冷蔵庫に入れ1時間置いておく

⑥やくまえに包む

後は好みに焼けばいいのですが羽根を付けるのなら小麦粉の水溶きを加えて焼けば出来ます。

その他はもやしとキムチ炒め・・・太もやし、キムチ、豚肉、青ネギ、酒、醤油

Dsc02565

素麺チャンプル・・・素麺、スパム、キャベツ、玉葱、人参、ピーマン、椎茸、塩、胡椒、酒、薄口醤油

Dsc02559

ビーフンのように見えますが素麺です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

平飼い地卵

Dsc02555

昨日、薄焼き卵に平飼い地卵を使ってしまって勿体ないことをしたと悔しがっていました。

すると夜9時ごろ隣人がゴルフに行ったお土産とこの地卵を下さいました。

なんとタイミングの良いことでしょう、考えてみると私はよく他人様から物を貰いますね。

夕飯にも頂き物の・・・というフレイズが頻繁に出てくるように思います。

私には「欲しい!」オーラが出ているのでしょうか。

かといって人の持ち物を羨んで欲しがる事は無いのですが、友人のお庭に植えてあるハーブ等は絶対に貰いたいです。

生け垣にローズマリーを植えてるお家の前を通る時は「こんなに沢山生えてるわ」と思いますが、欲しいとは思わないですね。

これからも皆様のお慈悲のもと暮らしてまいります、どうぞ宜しくお願いいたします。

来週は友人宅でキンモクセイの香りの中ガーデンパーティーにおよばれです。

彼女にパッグを頂く約束が出来ています。またもやおもらいです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

生麩のみそ田楽

京都麩嘉の粟麩を田楽にして木の芽を乗せます

Dsc02549

<材料>

生麩、白味噌、木の芽

<作り方>

①生麩は1センチ幅に切る、包丁を水に濡らして切るとくっつきにくいです

②小麦粉を付けてフライパンに油を入れて弱火で両面焼く

③田楽みその作り方は、 こちら(賀茂茄子の味噌田楽)をご覧下さい。

④焼ければ皿にとり上に田楽みそを塗り木の芽を乗せる

涼しく成れば炊き込みご飯やばら寿司が食べたくなります

今日はばら寿司を作りました。

Dsc02544_1

平飼い鶏の卵を頂いたので薄焼き卵を作ろうとといたらなんとこしの強い卵でしょう

薄焼き卵にするには勿体なかったです、残念ながら使ってしまいました。

その他は蓮根と枝豆の白和え

Dsc02535

シメジとほうれん草のおしたし

Dsc02539

小浜の干かれい・・・お月見も近いことなので「月」の字が入ったお皿で、これは亡き父の作品です。

Dsc02545

この干かれいは身が分厚くてしっとりして大変美味しい物でした。

近々もう一度買いに行こうと思います。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

蛸の子の煮物

Dsc02527

これは蛸の子、イイダコなどでは無く真蛸の頭(?)の中に有り産卵前のものです。

珍しい物です、阪急オアシスへ買い物に行って見つけました。

<作り方>

①鍋に蛸の子を入れ水をたっぷり入れ火に掛けしっかりと湯がく

②出し汁に酒、味醂、塩、薄口醤油、砂糖、生姜千切りを入れて煮る

③冷めれば1口大にきり煮汁に漬けておく。

お友達がお庭から木の芽を摘んで来て下さいました。

この時期に木の芽は貴重品です、喜んで使わせて頂きました。

珍しい物もう一つは鱧の中骨4匹分200円で売っていました。これは薄く小麦粉を振り低温の油でじっくりと揚げます、結構時間を掛けてあげなくてはカリッとなりません。

塩を振ります。

Dsc02521

家人の好物鯨のおばけです、酢味噌で頂きます

Dsc02533

豚しゃぶ・・・豚バラ、肩ロース、小松菜、白菜、白ネギ、シメジ、エノキ、椎茸、ブナシメジ、豆腐

Dsc02530

肩ロースよりバラ肉の方がプリン体が少ないので家人用です、私は肩ロースです

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワイングラスが・・

Dsc02515

家人との旅の思い出に買ったベネチアンガラスなのに・・・

ワインを飲むときには最近このグラスばかり使っていたのに・・・

口当たりが良く凄くお気に入りだったのに・・・

1つになってしまいました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ラタトゥイユ

Dsc02494

秋になったと言うのに今年の夏はラタトゥイユを作らなかったと気がつき、お昼から作りました。

暖かいのも美味しいのですが私は冷たくした方が好きなので早くから作りました。

  ラタトゥイユ

<材料>

茄子     3個

パプリカ(緑、赤)各1個

玉葱     半分

ズッキーニ  1本

セロリ     1本

トマト水煮缶  1缶

にんにく     2片

パセリ      大匙2

ベイリーフ    1枚

タイム       小匙1/2

塩、胡椒 少々

砂糖        小匙1/2

オリーブオイル  1/2カップ 

<作り方>
①にんにくみじん切り、玉葱、茄子、パプリカ、セロリは1,5センチ角にきる

②ズッキーニは縦半分にきり5ミリに切る

③鍋ににんにくと半量のオリーブオイルを入れて火に掛ける次ぎに玉葱を入れ透明になるまで炒める

④残りのオイルを足しながら茄子、パプリカ、セロリ、ズッキーニを炒める

⑤トマト水煮、パセリ、ベイリーフ、タイム、塩を加えて蓋をしてしんなりするまで煮る。

⑥味を見てしお、胡椒、砂糖で味を整え、蓋を取って水分を飛ばす

その他はアボガドとトマトのサラダ

ドレッシングにおろし玉葱、バルサミコ酢、ワインビネガー、オリーブオイル、塩、胡椒等です。

Dsc02503

最近脂物を控えていると家人は異常にフライ物に反応しています、外出しているとお店のショーウインドウでフライ物を見つけては見入っています。

フラストレーションが貯まっているようなので今日はサービスでチキンフライです

Dsc02505

ご機嫌で食事の最初に口に運んでいました。少々食べ過ぎでしたよ。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

小鯛の笹漬けときゅうりの酢の物

Dsc02452

作りたての小鯛の笹漬けという物を初めて頂きました。

身は締まりすぎることなく柔らかく、白い物と思っていたのが間違いだと判りました。

昨日はわさび醤油でお味見をしましたが今まで食べていた物とは違う物でした。

今夜は酢の物にしました

Dsc02469

昨日買ってきた小浜の焼き鯖です、すごく脂が乗っています、焼き鯖にはノルウェー産が使われているそうです。国産ではぱさつくのでしょう。

Dsc02485

農家から頂いた枝豆・・・産毛が沢山有り野性的です、両端を切りませんでした。

Dsc02464

南京、シーチキン、玉葱、きゅうりをマヨネーズで和えています

Dsc02457

ゴーヤチャンプル・・・頂き物のゴーヤで作りました、スパム、豆腐、卵、カツオ節

Dsc02477

柴漬け、沢庵、蕗の薹のお漬け物

Dsc02473

最近緑黄色野菜を努めて取ろうとしています。1日に沢山の種類のお野菜を取るようにしています。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3時間に3軒の蕎麦や

Dsc02487

福井県は蕎麦の花が満開です。

朝から有名な永平寺へお参りに行きました

Dsc02489

あまり広いのでゆっくりお参りしていたら予定より時間がオーバーしてしまいお昼をまわったので兎に角どこかでお蕎麦を食べることにし、まず1軒目

Dsc02437

おろし蕎麦、初めからつゆにおろしが入っています、辛味大根です。

Dsc02438

とろろ蕎麦です

その後宝慶寺へ行きました、ここはお友達に勧められて来てから気に入り今回で2度目です。

山の頂上にあり礼儀正しいお坊さんの姿が見えても何の物音もせず静かな禅寺です。

お寺の裏には樹齢700年という杉の木があり、生活のための水が山からあふれ出ています。

昨年の台風の被害に遭い痛々しい姿がまだ残っていました。

Dsc02440

Dsc02442

次の目的地はお蕎麦やさん「森六」です、以前川魚釣り好きの友人から聞いていたお店ですがやっと来ることが出来ました。

Dsc02445

ざるそば、すっきりとしたそばつゆで細めのそばです。

Dsc02446_1

森六から車で1分の所にお蕎麦やさん発見、記念に行っておこう!と言うことでまたもや食べます。

ザル、おろし蕎麦、天ぷら蕎麦、きつねそば、甘すぎるそばつゆで食べきれずです。

Dsc02447

Dsc02448

Dsc02449_5

Dsc02450

もう思い残すことは無いとここで打ち止めです。

結局「森六」は美味しいという結論に達しました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

小浜にて

Dsc02439

新聞で見て探し当てた「朽木屋」さんの焼き鯖です。

京都までの鯖街道の起点の一つが今回訪れた小浜です。従ってどうしても鯖から離れられません。

こんなに沢山の鯖を焼いてどうなるのかと思いますが直ぐに売れてしまいます。

私も20分後に焼き上がるというので待っていました。

お支払いの時にご主人が載っている新聞を差し上げたら鯖の缶詰を御礼に頂きました。

小浜に行くという事をブログに書いたので小浜出身の方から電話を頂きました。

美味しい食堂、干物や、小鯛の笹漬け等の情報を頂き大変助かりました。

教えていただいた食堂です。

Dsc02435

Dsc02432

これは知らなければ通り過ぎるようなお店です。

客席が表からは見えないので仕出し屋さんかと思ったことでしょう。

中に入ると二階もあるお店でした。

焼き鯖定食、焼き甘鯛定食、お刺身、ばい貝を注文しました。私は焼き鯖でしたが柔らかく脂が乗った美味しい鯖でした。煮魚も大変気になったのですが鯖が半身も有ったので注文しませんでした。(鯖は1480円ですが煮魚は時価です)

写真を撮ることを忘れて食べてしまいました。

小浜編ではお寺を2軒お参りしました

1軒目は羽賀寺

Dsc02418

鐘を突かせていただけます、とても余韻の残る良い音色でした。

Dsc02426

2軒目は2つの国宝建造物と重要文化財のある明通寺です。

素晴らしいしだれ桜です、南禅寺より大きいのでは無いかしらと云う話になりました。

Dsc02443

Dsc02449

その日のお宿は芦原温泉の皇室がお泊まりになると言う旅館でした。

春には皇太子殿下がお泊まりに成ったばかりと言うことでした。

部屋から見たお庭です、お部屋は控えの間もゆったり有り広かったのですがしかしモロモロのことでもう行きません。

一度は言ってみたい旅館だったのですが期待はずれでした。

食事はお昼の大谷食堂の方が良かったです。

Dsc02453

今回ご一緒したご夫妻も同じく日本では「俵屋」海外では「オリエンタルホテル」のサービスを受けたらどんなところも満足できずに不満が残ると言うことになりました。

何事も体験です。次は満室で取ることが出来なかった離れのみ10室という旅館にチャレンジしてみましょう。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

イチジクの揚げ出し

Dsc02402

今朝家人が出かけるとき玄関で靴を履きながら「昨日の夕刊に載ってたけど明日小浜へ行こうか、泊まるところ見ておいて」と言って出かけました。

私は夕刊を読み直し、パソコンに向かい調べましたよ。

友達にも良いお宿を教えてもらうためにメールしました、やっと良いところが見つかりネット予約をして(実はしたつもりでした)出かけました。

友人が一緒に行くと言うメールが入ったので追加の予約をして貰いました。

すると旅館は満室なのにネット上では空室の表示に成っていたそうです。明らかに旅館のミスなので謝ってましたが、困りました。

5時に帰りまたもやパソコンにへばりつき検索すること1時間、納得出来る所を見つけました。

そこで夕飯の支度をする時間になり友人にバトンタッチして予約を取って貰いました。

今夜はそんなこんなで1時間ばかりで仕上げた御料理です

                ☆menu☆

飛竜頭と水菜の煮物・・・大きな飛竜頭で銀杏、椎茸、百合根、グリンピース、きくらげ等が入っています

Dsc02411

チキンソテーピリ辛醤油・・・にんにくで炒めスイートチリとナンプラを絡めました

Dsc02409

サラダ胡麻ドレッシング・・・ささみの酒蒸し、きゅうり、人参、セロリ、ブロッコリー

Dsc02417

イチジクの揚げ出し

Dsc02405

本来はイチジクの揚げ出しだけで一品となる御料理なのです、大根おろしとおろし生姜を乗せます。

今日は沢山のお野菜が有って消化したかったのでごちゃ混ぜに成りました

<作り方>
①イチジクは両端を切り落とし素揚げする

②油をきったらペーパータオルで優しく薄皮を剥く

③天つゆに漬けて冷蔵庫で冷やす

④器に盛り大根おろしを上に乗せそのうえにおろし生姜を乗せる

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

マーボー豆腐

Dsc02369

秋田のお米やさんに定期購入の契約をしています。

今日が配達日だったのですがお米と一緒に取れ取れお野菜がこんなに届きました。

嬉しいお裾分けです、明日から色んな事に利用させていただきます。

枝豆はちょっと多すぎるので湯がいてから冷凍しましょう。

午前中に涼しく成ったのでリビングの空調機器を掃除していました。

掃除機でゴミを吸ってぞうきんで拭いていると段々エスカレートしてきて綿棒でふきだしました。

すると暑くなってクーラーを掛けたくなりましたが折角綺麗にしたのだから汚れるのはイヤと思いクーラーを掛けずに我慢してしまいました。

今夜の献立は・・・

                ☆menu☆

クラゲの酢の物・・・クラゲ、蒸し鶏、きゅうり、白髪ネギ、とまと、大葉

Dsc02378

生ゴーヤ・・・塩をして水でさらしカツオ節と出し醤油で。去年までは食べられなかった生ゴーヤが今回は美味しいと思います。

Dsc02375

焼きビーフン・・・ビーフン、豚肉、海老、キャベツ、もやし、人参、ピーマン、筍、玉葱、きくらげ、

Dsc02393

マーボー豆腐

Dsc02381

  マーボー豆腐

<材料>

☆豚ミンチ 100g

☆豆腐  1丁

☆調味料(A)・・豆板醤 大匙1,ネギみじん切り大匙3,ニンニクみじん切り、生姜みじん切り各大匙1ずつ

☆調味料(B)・・スープ(水と鶏ガラスープ)1カップ、醤油大匙2,砂糖大匙1/2、酒大匙1

☆片栗粉大匙11/2+水大匙1

☆青ネギ小口切り、粉山椒

☆酢大匙1/2

<作り方>
①豆腐はザルにのせて水気を切っておき1口に切る

②鍋に油大匙2を入れミンチを炒める

③色が変われば調味料Aを入れ炒める

④調味料Bを入れ煮て豆腐を加え2分煮込む

⑤片栗の水溶きでとろみを付け、酢を掛ける

⑥器に盛り青ネギと粉山椒(中華用)をふる

今日は青ネギを切るのをサボったので絵がまずいですね。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いかと小芋の炊き合わせ

Dsc02346_1

御料理のお稽古に行くと何か新しいことの発見があり、私もまだまだ勉強しなきゃ!と感じます。そう思いながらもう25年以上先生に付いてるわけです。

私を紹介して下さったのはお亡くなりになったお友達のお母様でした。

新米ママの私は大先輩の中で食事も喉を通らないほど緊張していました。こんなに長くお世話に成るとは思いもよらなかった事です。

今も12人の中で2番目の若さです。(平均年齢は65歳くらい?)

皆様勉強熱心なので私より長く続けていらっしゃいます。私もお稽古を楽しみに続けていきます。

さて今日も昨日に続き健康食にしました。

                ☆menu☆

イチジクのマヨネーズ和え

Dsc02344

湯葉豆腐・・・トロリと柔らかく大豆のお味が濃いです

Dsc02361

蛸、茗荷、きゅうり酢の物

Dsc02354_2

柚子七味あげ・・・七味が一杯入っています、三浦カズご夫妻が神戸にお住まいの時良く召し上がっていた物ですカプサイシンが体に良いのでしょうか?

網で焼き大根おろしとねぎをのせポン酢で食します

Dsc02365

茄子の味噌煮・・・茄子、ししとう、豚バラ、生姜

Dsc02349

いかと小芋の炊き合わせ

Dsc02346_1

<材料>

するめいか1杯  煮だし汁25cc、酒25cc、砂糖大匙1強、味醂大匙1,濃い口醤油大匙2

小芋15個   煮だし汁1カップ、味醂大匙1,酒大匙2~、塩小匙1/2、砂糖大匙1~薄口醤油大匙1/2~

柚子

<作り方>
①いかは身と足を離し身は1.5センチの輪切りにし、足は先を切り落とし2本ずつに切る

②出し汁と調味料を鍋に入れて沸騰させ①のいかを入れ8分通り煮たら取り出し煮汁を煮詰める

③イカを戻し絡めて炊きあげる

④小芋は皮を剥き湯がいて水に取り洗う、水気を切る

⑤鍋に小芋、出し汁、調味料を入れ火に掛け弱火で煮ていく

⑥器にいかと小芋を盛りつけすり柚子を掛ける

するめいかは炊きすぎると硬くなるので強火で一気に炊くと良いです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

イチジクのマヨネーズ和え

Dsc02341

朝から御料理のお稽古に出かけました。

イチジクの天ぷらを作っているときに先生とイチジク話になりました。

私は果物として食べるのは好きではなく1年に2つくらいしか口にしませんと言ったところイチジクのマヨネーズ和えを教えていただきました。

ブログに載せて皆さんに教えて上げてくださいとお許しを頂いたので早速作ってみました。

イチジクとマヨネーズ??と言う感じだったのですが作ってみると意外なことに和食でも洋食にでもなる1品です。お酒でもワインでもOKです。

<材料>

イチジク3個

きゅうり1本

マヨネーズ

塩、胡椒

レモン汁少々

<作り方>
①イチジクは両端を落とし薄く皮を剥き櫛形に8等分する

②きゅうりは板ずりして小口切りにして塩で揉み水洗いする、絞っておく

③ボールに①②を入れ、マヨネーズ(少なめ)塩、胡椒、レモン汁で和え冷やしておく

デザート用として今イチジクが冷蔵庫に入っていれば作ってみて下さい、凄く簡単ですから。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

キノコの和風スパゲッティー

Dsc02332

2,3日外食とご馳走が続いたので今夜は食物繊維たっぷりでローカロリーな献立にしました。

短時間で食事が終わってしまい、デザートに梨を食べたのですが何だかもの足りません。

ここでぐっと我慢すれば良いのですよね。眠るまでどうかな?冷蔵庫に鍵でも掛けないと難しそうです。

蛸とイカのマリネ・・・蛸、イカ、セロリ、玉葱、すもものピクルス、パセリ、クレソン

Dsc02323

10種類の野菜スープ・・・玉葱、人参、キャベツ、エンダイブ、セロリ、南京、サツマイモ、ピーマン、トマト、大根、

Dsc02336

  キノコの和風スパゲッティー

<材料>

スパゲッテイー・・・一人80グラム     

エリンギ  

エノキ

椎茸

長ネギ・・・1本

にんにく・・・1片

かつおと昆布のだし・・・50cc位

大葉

もみ海苔

①キノコ類は何でも良いので適当に切る

②長ネギは斜めのスライス

③大葉は千切り

④にんにくはつぶしておく

⑤フライパンにオリーブオイルと④を入れ火に掛けて香りが出たら①と②を入れて炒める塩、胡椒する

⑥スパゲッテイーは表示より2分早く取り出し⑤にいれ鰹と昆布の出しと香り付けの醤油を入れ絡めて水分を吸わせてからお皿に盛る

⑦大葉を天盛りにし食卓でもみ海苔を掛ける

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローストビーフの作り方

Dsc02315_1

 ローストビーフ

材料>

肉 700g

玉葱、1/2個分スライス

人参、1/2本輪切りにする

セロリ、7センチ程スライスする

にんにく、1片スライスする

マギーブイヨン1個を100ccの湯で溶く

フォンドブォーの缶詰1個

赤ワイン50cc

<作り方>

①肉を凧糸で縛りたっぷりの塩、胡椒をすり込む

②オーブンの天板にスライスした野菜を並べる

③フライパンにオイルを入れ強火にして肉を焦げ目が付くように表面を焼く

④②の天板に肉を乗せ上ににんにくをのせて200度に暖めたオーブンに入れる

⑤途中で2回、ブイヨンスープを肉に掛ける

⑥オーブンの大きさにもよりますが20分で肉を取り出してホイルを掛けて1時間以上寝かせておく

⑦天板をコンロに乗せ赤ワイン50ccを入れ焦げをこそげて濾して鍋に移す

⑧フォンドブォーの缶詰半分量を⑦に入れ煮詰める、有ればマデラ酒も入れる

⑨半分量程になれば塩、胡椒で味を整えコンスターチの水溶きを加えて濃度を付ければグレービーが出来上がります

⑩お好みで醤油を少々加えても良いと思います

付け合わせにマッシュポテトを添えればグレービーと共に美味しく頂くことが出来ます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

ローストビーフ

Dsc02314_1

先週お肉屋さんにローストビーフ用のお肉を予約していたので取りに行きました。

私の想像していた物より小さかったので大きな物の方が良いと言ったのですが、神戸ビーフの肩胛骨付近のお肉で美味しいと太鼓判だったので買って帰りました。

Dsc02292

ローストビーフの他には

シーザーズサラダ

Dsc02311

パンプキンスープ

Dsc02300

付け合わせはコーン、人参、三度豆、マッシュポテトです

Dsc02305

Dsc02308

昨日、今日と中央市場が連休なので欲しい物が手に入りませんでした。

シーザーズサラダにロメインレタスを使いたかったのですが八百屋さんがお休みでした。

お誕生日祝いで頂いたシャンパンを今夜頂きました。

Dsc02299

今回のお肉は時間通りオーブンで焼いても色が赤く超レアかと心配したのですが食べてみるとちゅるちゅると喉に入る程の美味しさです。

これは食べ過ぎて危険と言いつつみんなパクパク食べていました。

やはり本職の方の見る目は確かな物でした。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

辻留の朝粥

Dsc02252

朝8時待望の朝粥を頂きます、2ヶ月前から予約を取ろうとしても難しい所です。

お知り合いの料理屋さんから予約を入れて貰ったので大変良くしていただきました。

ここはプリンスホテルの朝粥(3500円)と辻留の朝粥(5500円)を同じ場所で提供しています。

Dsc02254

お部屋に通されお床を拝見

Dsc02255

Dsc02256

お献立とナプキン

Dsc02265

向こう付け・・・くらげ数の子和え、雷干し

Dsc02261

湯葉真蒸し清し汁、三つ葉、柚子

Dsc02266

口取り・・・イクラおろし和え、衣かつぎ、オクラ、出汁巻き、八幡巻き、子持ち鮎煮浸し、車海老銀杏まつば串刺し(一つ一つ丁寧な仕事がしてありました)

Dsc02262

炊き合わせ・・・ずいき、千石豆、飛竜頭、柚子

Dsc02263

焼き物・・・かます幽庵焼き(器は400年前の物を出していただきました)

Dsc02267

白粥(ゆっくりと時間を掛けてたかれたお粥です)

Dsc02268

香の物・・・沢庵、奈良漬け、朝瓜と茄子のどぼ漬け、大根、茗荷、きゅうり醤油付け(色んなお味のおつけもので楽しいです)

Dsc02269

たっぷりと時間を掛けて朝食を頂くと贅沢な気分になります。

食後出口にて料理長さんと全員で記念撮影をしました。

ホテルのロービーに戻りコーヒー等を頂き歓談です。

チェックアウト後は近くの三千院へお参りです。

Dsc02271

まだお彼岸には早いのでお花も少ないです。

お庭

Dsc02273

Dsc02278

可愛い?怖い?

Dsc02281

コスモスの小道

Dsc02291

午前中の三千院は人が少なくお天気が良く風も清々しく、来て良かったと心から思いました。いつもはもっと遅い時間にした着かないので人が多くてゆっくり拝観出来ませんでした。

今度来るときも10時には来た方が良いと思いました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

京都にて

Dsc02217

京都市左京区八瀬大原近く細い路地の突き当たりに竹林寺という禅寺があります。

お友達の古いお知り合いのお寺で今日は和尚様の講話をお聞きして精進料理を頂くという企画です。

和尚様が一人で守っていらっしゃるお寺の檀家さんは30件というこじんまりとしたお寺です。

Dsc02218

小川が流れ鯉が泳いでいます。

Dsc02226

私達がお邪魔するということで準備に1週間を費やされたそうです、これがお客様をお持てなしすると言う精神なのでしょう。感心いたしました。

Dsc02227

庭の草むしりも悟りにつながる道の一つだそうです。

今日はサルが庭に柿を食べにきたらしく食べ残しが落ちていました。

Dsc02224

全くもってひなびたお茶室でお茶を点てていただきました

Dsc02222

その後本堂に場所を変え講話をお聞きして、待っていた精進料理です。

仕出しですが料理人さんと仲居さんがお越しになっていてお運びしてくださいました。

先ず胡麻豆腐生姜とお醤油、炊き合わせ、蓮根、ずいき、椎茸、巨峰のゴマクリーム和え

Dsc02234

椀物・・・湯葉まんじゅう、ゼンマイ、松茸、千石豆、柚子

Dsc02238

八寸・・・昆布、とゆ湯葉、ゆべし(奈良が有名ですがこれはオリジナルで甘くなくしょっぱい味でお酒に良く合います)

Dsc02241

生湯葉ととろろ

Dsc02242

生麩まんじゅう・・・銀杏、百合根、椎茸、キクラゲ、ししとう、大根おろし

Dsc02243

粟麩の赤だし

Dsc02246

香の物

Dsc02247

栗ご飯・・・栗が苦手なので少しにしていただいたら美味しくて好きになりました

Dsc02248

上幸(うえこう)というお店ですが私が今まで何軒か頂いた精進料理では1番でした。やはりお寺さんの御贔屓のお店は違いますね。

予約が取れない精進料理で売っているお寺に行ったことがありますが、たいしたことがない料理でビックリするほどのお値段の所がありました。

今日は心身共に健全な一日でした。

あすの朝に「辻留」の朝粥が食べたいがためにホテルに泊まります。

どういう訳かツゥイン2部屋とダブル2部屋に成っていて私達はダブルが当たりました。

Dsc02249

このホテルはもう終わってますね、壁紙は何カ所もめくれていますしカーペットはほつれています。

* 訂正です!ただ今改装中だそうです。綺麗になればまた行きます。

氷りが部屋になくルームサービスで頼むと500円でした。

お部屋の広さは良かったのですが。

私達の部屋にみんなが集まり楽しくおしゃべりしました、明日の朝粥を楽しみにしてお休みいたします。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

きのこ鍋

Dsc02194 Dsc02193

家族からの誕生日プレゼントの料理本です。

2冊は私の好きな有元葉子さんとノブこと松久信幸さんと東郷健一郎さんのコラボの本です。

昨夜貰って夜に読み始めたら2時まで読んでいました読むというよりまず写真の美しさにうっとりしてしまいました。私の全く知らない食材や予想外の調理法など興味深く読み、益々料理作りの意欲が沸いてきました。

 

秋はきのこのイメージがありますが昨今は人工的に栽培されており四季を問わず安定した値段で手に入ります。

買い物に行き手当たり次第きのこを買ってきてきのこ鍋を作りました。

流石にマッシュルームはお鍋には向かないと思いベーコン、三度豆、パプリカをオリーブオイルで炒めました。味付けは塩、胡椒です。

Dsc02198

エノキと菊菜のおしたし・・・出し汁に塩、薄口醤油を入れエノキを煮て冷やし、湯がいた菊菜を和える、食べるときにすだちを絞る

Dsc02200

明石の昼編みのつばすのお造り

Dsc02206

きのこ鍋

Dsc02210

きのこ特に舞茸を入れるとお出汁の色が黒くなり、色彩的に良くないのですがきのこから良いお味が出ます。

<材料>名古屋コーチン、舞茸、シメジ、エノキ、椎茸、ごぼう、里芋、豆腐、長ネギ

<作り方>
①出し汁を鍋に入れ酒、塩、醤油、味醂で味を付け、里芋、ごぼうを入れ煮る

②里芋が煮えたら鶏肉を入れ煮る

③豆腐、きのこを加えて煮る仕上げに長ネギのスライスを乗せる

④一味又は七味を掛けて食します。

明日から友人達と1泊旅行に出かけるので暴飲暴食に成ることが予想されます、従って今日は粗食にしました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

秋の足音

Dsc02177

秋が一歩ずつ近づいてくる気配です。

今夜は秋の気配を感じるお献立にしました

☆menu☆

先付け・・・衣かつぎ、茶豆、瓢亭卵(茹ですぎて失敗です)

鱧の皮ときゅうり、茗荷の酢の物

Dsc02179

揚げ出し豆腐

Dsc02192

白甘鯛の酒蒸し

Dsc02186

  白甘鯛の酒蒸し

<材料>3人前  白甘鯛1匹、しめじ1/2パック、三つ葉1束、昆布5センチ角3枚、スダチ、出し汁50cc、酒50cc、薄口醤油小匙2

<作り方>
①甘鯛は3枚におろし両面に塩をして1時間おいておく

②シメジは小房に分けておく

③三つ葉は湯がいて冷水にとり4センチに切っておく

④昆布は水を掛け器に入れる、その上に甘鯛、シメジ、出し汁を掛け蒸し器で8分から10分蒸す。

⑤三つ葉を乗せて暖めて出す

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プレゼントのお花パート2

Dsc02164

誕生日プレゼントのお花パート2です、先ほど持ってきてくださいました。ここのお店のアレンジは個性的ですぐ解ります。
HERBE DE CAMPAGNE と言うお店です。

昨日行った岩盤浴で体重測定をしたら標準体重を下回っていると出たので、笑ってしまいました。苦労して歩いたり食べる物を控えたりしているのにそんな訳は無いと、調べました。

公式.comで見たら標準体重、美容体重、モデル体重と有りどんどんハードルが高くなります。

標準体重で喜んでいたら大変でした、やはり自覚していたように少し体重を減らさなければ成りません。

全く笑ってる場合では無いのです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プレゼントのお花

Dsc02149

毎年お誕生日の朝に日比谷花壇よりバラの花がカードと共に届きます。

今回はピンクです、メッセージは「これからも宜しく」と記してありました。

我が家人からのプレゼントです、毎年忘れず贈ってくれることが嬉しいです。

(定期購買の契約をしているのかも知れませんが。)

この心遣いで元気になり又今日からガンバッテ美味しいお食事を作りましょう!と思うわけです。

Dsc02144

これは家族からのプレゼントです。

私は鉢植えよりも切り花が好きなです、それを知ってくれています、嬉しいことです。

これらの御礼と16日の孫の誕生日を兼ねてお休みの月曜日にはローストビーフを焼くと約束しました。

土曜日から1泊でお友達夫婦4組で京都へ小旅行します。

お誕生日週間は月曜日まで続きます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

お誕生日

Dsc02100

今日は私のお誕生日なのです、お友達が楽しい企画をしてくださったので朝から楽しくお出かけしました、途中よそのお宅の門扉にニガウリがなっていることまで楽しかったです。

難波の銀平でお昼です

Dsc02125

11時半のオープンですがその前に着くと10人程並んでいました、私達は予約をしてあったのでスルーです。今日はここのお昼1000円の定食です。

Dsc02103

お誕生日のプレゼントに水牛のお箸置きを頂きました、私にと探して下さったお気持ちが伝わり嬉しいです。

Dsc02105

突き出しの衣かつぎです、その次ぎにシラスと大根おろしスダチが出てきました(写真撮り忘れですが)

Dsc02107

白菜のお漬け物、お代わり自由です,私達は2皿頂きました、お昆布が効いてて美味しいです

Dsc02110

土鍋で炊いたごはんです

Dsc02113

天ぷらの方

Dsc02118

お刺身の方

Dsc02121

あら炊きの方

Dsc02122

それぞれにお味噌汁です

Dsc02116

突き出しは日替わりで前回はザル豆腐でしたが凄く美味しかったです。

その後歩いて岩盤浴まで行きました、お腹が一杯だったので歩いて少しはカロリーを消費しなくてはと言う計画の様でした。

Dsc02127

2時間たっぷり楽しみました。その後は又歩いてお茶を頂きに行きました。

Dsc02129

アイス カフェ オ レです、自分で好みに合わせてブレンドします。

夕方御礼を言って梅田で解散しました。

夜は子供達と孫がお祝いに来てくれたのでみんなでお食事に出かけました。

今週はお誕生日週と言うことで外食が多く私のいつもの御料理は登場していませんね。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

そばめし

Dsc02096

今夜、家人は会食で夕飯が要らないのでラッキーでした。所が娘が夜来るという連絡が有ったので何処かにお食事に行こうか?と誘ったところ家食が良いと言われてしまいました。

私は今日は作らないモードに入って居ましたので簡単にそばめしとお好み焼きにします。

お昼も麺類なので焼きそばでなくそばめしと言うところがみそです。(あまり代わり映えしませんが)

用意万端整ったのに連絡が無く、これは仕事が長引いているなとは思ったのですが、結局9時頃来ました。

ビールと日本酒を飲みつつ待っていたので酔ってしまいました。それから食事を始めました。倖田來未は太るので6時以後は食べないと言ってましたよね~

突き出し・・・板わさ、フルーツトマトを岩塩で

Dsc02086

お好み焼き

Dsc02089

そばめし

Dsc02098_1

<材料>そば1袋、ご飯お茶碗1杯分、豚バラ肉、キャベツ適宜、天かす、粉かつお、青のり、焼きそばソース

<作り方>
①キャベツは刻む、豚バラは千切りにする

②そばは刻んでおく

③ホットプレートで豚を炒め色が変わればそば、ご飯、天かすをいためてキャベツも炒める

④焼きそばソースを掛けて炒める

お店のように鉄板でそばを刻むのは無理なので先に包丁で刻んでおくと簡単に出来ます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しいお蕎麦やさん

Dsc02078

2週間前にお友達に連れて行って頂いたお蕎麦やさん、とても美味しかったのでお蕎麦好きのお友達を3人誘って行きました。

今回は辛み大根のお蕎麦と鴨南蛮を注文しました。

Dsc02079

辛み大根をこんなにたっぷり出して下さるところはないでしょう。ネギやわさびはありません。

先ず美味しいお塩で頂きました、それからそばつゆを付けて最後にそば湯ですがとろ~っとした濃いそば湯で美味しかったです。

Dsc02080

鴨は上手に火が通っていて柔らかく全く臭みが無くつくねと共に良いお味でした。次回は鴨ロースでお酒を飲みたいです、4枚1000円と書いてありました。お酒、焼酎も揃っているようです。

Dsc02084

てこねわらび餅は滑らかな柔らかいわらび餅です。

この後抹茶アイスクリームと黒ごまのアイスクリームを選んでセットにしました。

全員がお蕎麦を気に入り近いうちにまた来ようねと約束しました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

牛肉と蓮根の炒め煮

Dsc02054

昨日は我が家でのパーティで家人は少々お酒を頂きすぎたようですので(私は大丈夫ですが家人は今日はたぶん断酒でしょうから)今夜はご飯に合うおかずに致しました。

最近我が家のパーティで食事が終わり歓談の時間になった頃油断していると家人はソファーに横になりすやすやと時にはイビキ又あるときは寝言を言います。

昨日は突然大きな声で目を開けて「赤い線を引いてあるところ!」と叫んだので全員が彼を見ました。

でももうその時は何事もなかったようにヨダレを拭ってすやすやと寝てしまいました。

みんなはキョトンとした後爆笑でした。

そんなお疲れの家人のために今夜は・・・

                ☆menu☆

蟹ときゅうりの酢の物

Dsc02064

蒸し茄子の冷製・・・スィートチリ、ナンプラー、水、にんにく、生姜、ネギ、香菜

Dsc02062

豚汁・・・ごぼう、大根、人参、玉葱、さつまいも、豚バラ肉、ネギ

Dsc02074

そぼろご飯・・・鶏ミンチ、たまご,大葉

Dsc02066

ぬかずけ・・・水茄子、スーヨーきゅうり

Dsc02076

牛肉と蓮根の炒め煮

Dsc02055

<材料>牛肉300g、蓮根300g、ゴーヤ1/2本、出し汁100cc、酒大匙3,砂糖大匙3,醤油大匙3,たかのつめ適宜

<作り方>
①蓮根は皮を剥き縦半分に切りそれを2ミリ幅にきり酢水に漬ける

②ゴーヤは縦はんぶんに切り種とワタを取り薄切りにしてボールに入れて塩をする(今日は薄く切りすぎましたもう少し存在感が有る方が良かったです)

③暫くしたら水洗いしておく

④牛肉は1口大にきり、フライパンに油を入れて炒めたら取り出す

⑤そこへ蓮根を入れて炒め、ゴーヤを炒め④を戻し入れて出し汁と調味料を入れ水分が無くなるまで煮る。

家人はゴーヤが苦手なのでゴーヤ無しバージョンを作ったのですがなんと今日は自らゴーヤ入りの方を食べ「これは苦くない」と言って食べていました、ひょっとしてゴーヤ克服ですか?

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

エスニック料理でパーティ

Dsc02029

手作りスパイスとハーブを用意して、エスニック料理を作りお友達とパーティです。

サモサ・・・鶏ミンチ、じゃがいも、コーン、ターメリック、カレー粉、塩、胡椒、春巻きの皮

Dsc02030

お取り寄せトウモロコシの第4弾です

Dsc02035

まながつおの甘酢あん掛け・・・まながつおを塩、胡椒して小麦粉を付けて揚げて、玉葱、ピーマン、筍、しめじ、人参、ネギ、生姜を炒めて甘酢あんを絡めています

Dsc02037

お野菜オイスターソース炒め・・・カリフラワー、ブロッコリー、アスパラガス、スナックえんどう、人参、パプリカ、セロリ、白ネギ、生姜

Dsc02042

チキンカレー・・・骨付きチキン、茄子、筍、プチトマト、レッドカレーペースト、ココナッツミルク、香菜

ジャスミンライスと共に頂きます。

Dsc02049

今日使ったお野菜は15種類以上になりました。

なかなか2人きりの食事ではこの様に沢山の種類を使った献立は難しいですが今日のような日は良いです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

夏も終わりサラダ

Dsc02023 

9月だというのに今日は暑かったですね。

名残の桃と旬の葡萄で車海老のサラダを作りました、キリリと冷えたシャブリと一緒に頂きました。

塩湯がきした車海老の皮を剥き2つに切り、1口大に切った桃、皮を剥いた種なし葡萄をレモン、塩、胡椒、マヨネーズで和えています。(絵的にまずそうですね、調理中にアボガドが有れば良かったと思いましたが確かに!)

煮込みハンバーグにじゃがいもとブロッコリーをともにオーブントースターで暖めました。

トウモロコシは蒸して外してバターで炒めました。

これは赤ワインと共に頂いてしまいました、その他パンとチーズもやっちゃいましたのでかなり良い気分です。

Dsc02024

今日の献立は簡単なのでなにも記する事が無く終わりです。

今気付きましたがキノコを入れるのを忘れていました!あ~残念!!

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦い思い出

Dsc02013

百合の季節です我が家には良い香りが漂っています。

カソリックの学校に通っていた私は御聖堂でミサを受けるのがとてもイヤな時期がありました。

御聖堂には何時も百合の花が飾られていて扉を開けると薄暗い部屋から漂うその香りでもう嫌な気分満開になっていました。

思春期の私は我慢が限界になると貧血で倒れていました、応接室で気がつけばシスターにワインを含ませられていると言う苦い経験が何度もあります。

卒業後20年程は家に百合を飾ることは避けてきました、ある日お客様から大輪のカサブランカをお土産に頂いた時とても幸せな気持ちになりました。

その時以来百合に対するトラウマがとけたようです。

今では白い百合が大好きです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

カツ丼

Dsc02005

二日酔いにはおうどんが食べたくなるのですが、家人はカツが食べたいといつも言います。あのパサパサ具合が良いというのです。

食の好みが合う私達なのですがそこだけはどうしても解せません。二日酔いの時は水分が不足していて喉が渇くのにまだその上パサついたものは喉が詰まりそうに思えてなりません。

でもご要望に応えてカツ丼にいたします。

私ならもっとお出汁をたっぷりにしたいし卵をもう1つ使いたいところですが好きずきなのです。

                         ☆menu☆

焼きししとう・・・畑で取れたししとうを頂きました、辛いのに当たると嬉しいのですが今回は2個当たりでした

Dsc01994

長いもとオクラ叩き酢の物・・・食べる時にお酢ともみ海苔を掛けます

Dsc01995

茄子、湯葉、ほうれん草炊き合わせ

Dsc02000

太刀魚塩焼き・・・生姜醤油に付けて頂きます

Dsc02001

  カツ

<材料>トンカツ、玉葱、青ネギ適宜、卵1~2個

<作り方>
①玉葱は櫛形にきる、青ネギは斜めきり

②トンカツは縦に切る

③味醂50cc、醤油50cc、水1カップ、鰹、昆布各8gを鍋に入れ煮る沸騰すれば濾す。

④鍋に③を90cc入れ砂糖小匙1/2入れ玉葱も入れて火に掛ける沸騰すれば②を入れ卵を少しだけ混ぜて廻しかける青ネギを入れて半熟でご飯に掛ける

家人はやはり先ずカツ丼に手を付け完食しましたが、長いもと炊き合わせの茄子を1つ食べただけで後は残しました。明日の朝食に出してみます。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年9月 7日 (木)

フレンチ

昨日に引き続き今夜はフレンチを頂きました。

メニューを見ると沢山の種類で全部頂けるかしらと心配しましたが先ず紹介します。

赤ピーマンのムース・・・何度頂いてもその都度うなってしまいます

Dsc01965

明石昼網の小鯵と篠山のきゅうりと水茄子のカルパッチョ・・・上にはニラの花が乗っています、香りは微かです

Dsc01972

賀茂茄子とペリゴール産フォアグラのポアレ秋トリュフを削って

Dsc01975

海の幸と秋のサラダ・・・多種類の海の物とお野菜、梨、初物の柿も入っていました。

Dsc01978

栗とさつまいもの焼きリゾット、アカザ海老のグリルをのせて・・・初めてお目に掛かったかぼちゃがトッピングされていました

Dsc01980

新生姜のシャーベット

Dsc01984

私のチョイスで鱸のグリルと松茸

Dsc01987

デザートの前の小さなデザート、グレープフルーツのプリン

Dsc01988

みつ豆

Dsc01991

御料理が運ばれて来ると早く頂きたいという気持ちが膨らんで撮影がないがしろになってしまいぼやけています。でも私の頭、舌、ハート、体全体にお味はくっきり残っています。

心配していたのが嘘のように全て綺麗に頂いてしまいました。

ごちそうさまでした!

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

家人の夕飯

Dsc01951

家人はトンカツが好物なのですが身体のことを思うと私は作りたく無いのです。

今日は私がお昼に沢山ご馳走を頂いたので夕飯は家人の好きなトンカツにしました。

玉葱もカツにしています。

京都の錦市場で買ったこれも好きな物の1つ、すずめの焼き鳥です

Dsc01953

昨日作り置きしていたおからです

Dsc01958

以上の物では足らなかったらしく何か欲しいと言うので昨日の残り物などを出しました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京懐石

今日は月に一度の待ちに待ったお食事会です、雨も小降りでほっとしました。

いつもはお品書きが無いのですが今日は無理を言って書いていただきましたので紹介します。お部屋の照明が暗いので上手く撮れてなくて残念です。

先付け・・・ずいき 海老 銀杏 白木茸 にこごり酢 擂り柚子

Dsc01930

お椀・・・鱧 蓮むし つる菜 梅肉

Dsc01931

お造り・・・つばす 鯛 いか(醤油とポン酢で)

Dsc01932

八寸・・・あじの小袖すし 自家製新いくら 衣かつぎ 枝豆 栗 にしん茄子 青菜したし

Dsc01934

焼き物・・・鰆 塩と付け焼き 焼き椎茸 きゅうりおろし和え(写真に写っていません)器に揃えて本物の青柿が飾って有ります。

Dsc01935

Dsc01938

冷やし鉢・・・しぼり豆腐 鯛 松の実 青菜 金針菜 胡麻風味にこごり酢

Dsc01939

鉢物・・・冬瓜 穴子 ズッキーニ 芽ネギ すだちむし

Dsc01942

飯・・・鮎ご飯 たでの葉たたき、鮎は骨を抜いてあるので全て頂けます。(美味しい香の物を撮り忘れです)

Dsc01943

赤だし八丁・・・焼き茄子(又撮り忘れです)

フルーツ・・・梨 マニキュアフィンガー カッタクルガン
        黒ごまのババロア

Dsc01945

菓子・・・黄身あんのくずまんじゅう

Dsc01948

抹茶

いつもながら斬新な御料理で驚きがあります、器も季節感にあふれていて目も楽しませてくださいます。御料理は非の打ち所が有りません。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

牛肉の冷しゃぶ

Dsc01921

天気予報では朝9時まで曇り9時から夜まで晴れだったので、朝から片付けをすませて10時半に出かけようと思えば雨!ま~涼しい様だから良いかなと傘を差してのウォーキングでお買い物。

明日は朝からお出かけなのでまとめ買いをしたら手がちぎれんばかりの荷物になってしまいました。

1時間半歩き帰りは荷物が重いので電車に乗りましたが足の裏がいた~い!

帰ると休む間もなくお台所へ、何を買ったか、どんな料理をいつ作るのか直ぐにメモしておかないと冷蔵庫に入れたままダメにしてしまう食材が出来てしまいす。

                 ☆menu☆

ミニアスパラの辛子和え

Dsc01926

男前豆腐・・・風に吹かれて豆腐やジョニーより硬めです。

Dsc01919

Dsc01927

ひじきの煮物・・・伊勢志摩産のひじきを見つけました、揚げ、こんにゃく、人参、だだ茶豆で炊いています

Dsc01917

カリカリ蓮根・・・新蓮根は歯触りが良く、色白で美しいです

Dsc01912

牛肉の冷しゃぶ・・・お肉屋さんのお薦めでしたが偽り無く美味しかったです。

Dsc01922

<材料>牛肉300g、レタス、貝割れ、赤パプリカ、白ネギ

ソース・・・生姜、にんにくみじん切り各小匙1,白ネギみじん切り大匙2,酢大匙1,砂糖小匙1,醤油大匙2,ごま油大匙1,ラー油大匙1(お好みで減らして下さい)

<作り方>
①レタスはざく切りにし、貝割れは根を切り落とす。パプリカは千切り、飾り用に白髪ネギを作る

②鍋に湯を沸かし沸騰しないように火加減を調節して肉をしゃぶしゃぶしてザルに取り冷やしておく

③ソースの材料を混ぜる味をみて整える

④野菜をお皿に盛り上に牛肉を乗せてソースを掛け白髪ネギを天盛りにする。

家人は冷しゃぶでは無くお鍋のしゃぶしゃぶが食べたかったようですが残念ながらお鍋用のお野菜が間に合わず冷しゃぶにするとお肉は残ってしまいました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

コロコロコーンスープ

Dsc01906

月曜日はお掃除、洗濯、拭き掃除、片付け等々することが沢山有るのですが今日はチャッチャとすませて後はただノンビリ過ごしてしまいました。

一歩も外出していません。これではいけないと思う次第ですが、この様な日もたまにあるのです。 

                ☆menu☆

焼き茄子のサラダ・・・25年以上前にイランから亡命してこられた学者一家の奥様に教わりましたイラン料理です。焼き茄子、トマト、きゅうり、ピクルス、にんにく、大葉、玉葱をフレンチドレッシングとマヨネーズで和えます。

Dsc01897

色んなキノコ炒め・・・椎茸、舞茸、白舞茸、ブラウンエノキ、シメジをオリーブオイル、にんにく、アンチョビーを炒めてから加えて炒めました。

Dsc01901

チキンソテーとポテト・・・スィートチリ、ナンプラー、ライムでソースを作りました。

Dsc01905

  コロコロコーンスープ

<材料>玉葱1/2個、じゃがいも1個、ベーコン2枚、バター大匙1、小麦粉大匙1,クノールチキンコンソメ2個、水1カップ、牛乳2カップ

<作り方>
①玉葱、じゃがいもは1.5センチ角に切る

②湯がいたトウモロコシは芯から切り放しておく

③ベーコンは1.5センチ角に切る

④鍋にバターを溶かして③を炒め①も炒める、②を加えて小麦粉を足して絡める

⑤水とチキンコンソメを入れ煮る

⑥じゃがいもが柔らかくなれば牛乳をいれ煮る

トウモロコシのシャキシャキ感が楽しめるスープです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

手作り胡麻豆腐

Dsc01887_2

今朝ベランダで蝉の亡骸を見つけた時に夏の終わりを感じました。

毎日少しずつ秋に近づいていくのでしょう。秋になれば美味しい食材が豊富に出てくるので楽しみです。

今日は時間が有ったので胡麻豆腐をつくりました。

                ☆menu☆

穴子、きゅうり、茗荷の酢の物・・・焼き穴子は皮の方だけ焼きなおすくとより美味しくなります

Dsc01879

茄子と三度豆の胡麻和え

Dsc01884

のどグロ一夜干し・・・昨日のどグロを買ったので塩をしてベランダで乾かした後冷蔵庫で寝かしておきました。この時期なのに凄く油が乗っていました。

焼いてから大きくほぐして出し汁と薄口醤油を合わせて掛けてあります。

家人は「中骨が3枚分有れば身は要らない」と言うぐらいでした。

Dsc01883

大葉ご飯・・・炊きたてご飯に塩と大葉を混ぜます、暑さを吹っ飛ばす爽やかご飯です。

Dsc01891

   胡麻豆腐

Dsc01896

<材料>4切れ分・・・ゴマクリーム1/4カップ、昆布水(水に昆布を漬けておく)11/4カップ、吉野葛1/4カップ、わさび
うまだし・・・水大匙4,濃い口醤油大匙1,味醂大匙1,鰹、昆布適宜

<作り方>
①ボールに昆布水と吉野葛を入れて溶けるまでよく混ぜる、濾しておく

②すり鉢にゴマクリームを入れ①を少しずつ入れてすりこ木で擂っていく

③一度漉し器でで濾して鍋に入れ火に掛けて練っていく、固まり掛ければ火から下ろし良く練り再び火に掛け練る、10分程ねる

④流し箱(小)を水で濡らし③を流し込み水で冷やす

⑤食べる1時間程前に冷蔵庫に入れて冷やす

⑥うまだしの材料を全て小鍋に入れ弱火で沸騰したら濾す、良く冷やしておく。

⑦器に⑤を入れ横からうまだしをはり上にわさびを盛る

火に掛けて練っているときにモロモロになっても心配要りません、泡立て器で混ぜれば滑らかに出来上がります。

沢山作る場合は③の練る時間を倍にして下さい。

柔らかく滑らかな胡麻豆腐が出来ます。これは吸い物の椀種にも使えとてもプロっぽい物です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

大阪探訪

Dsc01858

今日は大阪市立東洋陶磁美術館へ行きます。

12時過ぎに家を出てまず昼食は中之島公会堂の地下で取ることにしました。

Dsc01840

ここはレトロな感じでなかなか良いです、ガス灯なんてまだ使えるのですよ。

Dsc01852

廊下の電気も素敵です

Dsc01853

ドアのガラス

Dsc01856

食事は名物のオムライス(家人のオーダー)

Dsc01845

私はハヤシライス

Dsc01847

オムライスはイマイチだったようですがハヤシライスは良かったですビールを飲めば良かったな。

さてお向かいの東洋陶磁美術館へ向かいましょう

Dsc01860

私達の両親は共に陶器作りを趣味としていたのですがなぜか私達夫婦は才能が無いようです。

見ることは好きなのでたっぷり時間を掛けて見学しました。

その後お買い物に黒門市場に行こうかと思ったのですが阿倍野近鉄百貨店へ行くことにしました。

駐車場からまっしぐらに食料品売り場へと行きたっぷり2時間買い物してきました。

夕飯はお昼が遅かったのでなかなか食べたいものが思いつかず欲しい物を買い結局ワインとチーズを食べようと言うことになりました。

カスクート、エンダイブにクリームチーズ、花咲かにのクリームコロッケ

Dsc01871

水牛のパルミジャーノ・レッジャーノのサラダ

Dsc01874

クルミ入りパンとゴルゴンゾーラ・・・写真取り忘れです。

明日の朝食用に小鯛の雀寿司を買いました。

Dsc01875

ワインを2本開けてしまいリビングで気を失ったように眠っていましたがその後気がついて急いでブログを書きました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

豚角煮

Dsc01834

今日は防災の日だそうです。テレビや新聞に防災グッズの事が書いてありますが、強烈な揺れが来たら身動きが取れません。

ベッドの横にどんな万全な防災グッズを置いていても床が抜け落ちれば役に立ちません。マンションが倒壊すれば生きて抜け出すことで精一杯です。

高速道路が倒壊した地域の区民として助言出来ることが有るとすれば、お水だけ有れば何とか生きられると言うことでしょうか。

携帯電話、キャッシュカード、等は命があってから考えるものです。

家がペッシャンコにならなければ何処のお宅でも冷蔵庫や冷凍庫に食品が有る物ですから1週間は大丈夫でしょう。

人を当てにせず自分で生き延びる術を見つけるべきです。

脅かすつもりは全くありませんが最悪の状態を考えてみる良い機会かも知れません。

気が滅入る事を書いてしまいましたが、気を取り直し今夜の・・・

☆menu☆

先付け・・・たいらぎ貝、車海老、舞茸、白きクラゲ、オクラの加減酢ジュレ掛け

Dsc01831

ゴーヤチャンプル

Dsc01830

厚揚げとほうれん草煮物

Dsc01837

   豚角煮

<材料>豚バラ8センチ幅1本、三度豆等付け合わせ、濃い口醤油、酒、氷り砂糖、練り辛子

<作り方>
①豚バラを大きく切り分け丁度良い大きさの鍋にきっちり並べて入れる

②漬かるまで水を入れ強火に掛ける、沸騰して灰汁がでたら水を捨てる

③また②と同じ事を繰り返す、合計3回ゆでこぼす

④鍋に並べて水を漬かるまで入れ酒50cc、醤油70cc、氷り砂糖大匙山盛り1を入れてあく取りシートを乗せ蓋をして弱火で2時間煮る、味を見て好みで砂糖、醤油を足してください

⑤途中煮汁が減ってくれば水を足す

3回ゆでこぼしても油が出るのであく取りシートを数回取り替えて煮ていくと油が取れます。

1日冷蔵庫にいれとけば油が上に固まるので綺麗に取ることが出来ます

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »