« 穴子とタクアンのもみもみ | トップページ | フレンチレストラン »

2006年10月19日 (木)

秋刀魚の竜田揚げ

今日は御料理のお稽古日でした、今回の目から鱗(うろこ)・・は銀杏を唐揚げするときは油を火に掛けると同時に殻を剥いた銀杏を入れて揚げるということでした。

今までは低温で揚げることは知っていましたが火に掛けると同時というのは知りませんでした。こうすると翡翠のようにつるっと綺麗にあがります。

Dsc00570

復習で我が家でも作りました。

  秋刀魚の竜田揚げ

<材料>

秋刀魚  2尾
酒     大匙11/2
醤油    大匙1
生姜汁  

片栗粉

揚げ油

<作り方>

①秋刀魚は3枚におろす。

②調味料に30分漬けペーパータオルで水気を取り片栗粉を付ける。

③余分な粉を落として油で揚げる。

銀杏をあげてすだちも添える

  ポテトサラダとボイルドタン

Dsc00565

北海道のジャガイモを頂きました、新じゃがの様でした。とても美味しいです。

デリカテッセンのボイルドタンを買いました。

  白菜とほうれん草、豚の蒸し物

Dsc00563

土鍋にぎっしり詰め込み塩、酒をふり蓋をして蒸し煮にします。

Dsc00577

ポン酢で頂きますが家人曰く折角のしゃぶしゃぶ用の豚肩ロースがダンゴ状態になっている、との指摘がありました。次回は広げて乗せます、ハイ!

*注・・・昨夜からココログがメンテナンス中だったので記事をアップ出来ませんでしたのでこれは18日の記事です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加していますので)

|

« 穴子とタクアンのもみもみ | トップページ | フレンチレストラン »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/3869301

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚の竜田揚げ:

« 穴子とタクアンのもみもみ | トップページ | フレンチレストラン »