« もってのほか(食用菊) | トップページ | 烏骨鶏の卵 »

2006年11月21日 (火)

もってのほかの酢の物

今日は寒くはなく洗濯日和でした、新しいタオルを買ったのでお正月用に洗っておきました。お陰で3回もお洗濯するはめになりましたが良く乾き気持ちよくなりました。

それではもってのほかの料理です、酢の物にしました三杯酢に漬けると鮮やかな色が出ます。何と言っても歯触りが特徴です。

Dsc01524

以前山形のお寿司屋さんに行きカウンターに座るとガリの代わりにこの酢の物を目の前に置かれました。そして初めて食べたマンボウが印象的でした、マンボウって神様が下半身を付け忘れられたのかしらと思うような魚ですよね。食べたらコリコリしたゼラチン質でした。

<作り方>

①もってのほかは中心の2センチほどは苦いので避けて周りの花びらをちぎる。(暇な方は「愛してる」「愛してない」とやって下さい)

②鍋に1リットルの水と大匙1の酢を沸騰させ一度に①を入れ箸でかき混ぜ5秒でざるに取り水にさらす。

③酢大匙1,出汁大匙1,砂糖大匙1/2、薄口醤油小匙1/2、塩小匙1/4を火に掛けてから冷ましておく。(少し濃い味ですので調節した方がよい)

④②を絞り③の中にばらしながら入れて混ぜる。

白和え・・・こんにゃく、京人参、きゅうり、しめじを和えました。

Dsc01521

かわはぎの煮付け・・・大きな肝が美味しいです。

Dsc01530

小芋、蓮根、絹さやの炊き合わせ、柚子

Dsc01515

茶碗蒸し・・・銀杏、百合根、鶏肉、海老、三つ葉、剥ぎ柚子

Dsc01533

ポテトサラダと頂き物のローストビーフ

Dsc01529

家人は余程肉系に飢えていたらしく1人で全部食べてしまいました、お薬を飲まねばなりませんよ。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

|

« もってのほか(食用菊) | トップページ | 烏骨鶏の卵 »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/4265467

この記事へのトラックバック一覧です: もってのほかの酢の物:

« もってのほか(食用菊) | トップページ | 烏骨鶏の卵 »