« 海老のかき揚げ天ぷら | トップページ | もってのほかの酢の物 »

2006年11月21日 (火)

もってのほか(食用菊)

この季節しか味わうことの出来ない食用菊を「もってのほか」といいます。

Dsc01513

もってのほか美味しいのでその様な名前が付いたとか?よくは知りません。調べたところ次ぎのように書いてありました。

山形県各地の里山では、昔から菊の花を食用とする習慣があり、300年ほど前から食用として栽培されてきました。おひたしや和え物にして食されることが多く、コレステロールや中性脂肪を低下させ、セルロースもたっぷり取れる健康食材として人気があります。黄色と紫(赤)色があります。

今日は紫の綺麗な菊を使って夕食の一品にしましょう。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

|

« 海老のかき揚げ天ぷら | トップページ | もってのほかの酢の物 »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/4263067

この記事へのトラックバック一覧です: もってのほか(食用菊):

« 海老のかき揚げ天ぷら | トップページ | もってのほかの酢の物 »