« 豚しゃぶ | トップページ | さよりなます »

2006年12月21日 (木)

京懐石

今日は月に1度の京都での懐石料理を頂く日で、今年最後です。

先付け・・・とんぶり、長いも、蟹、加減酢のジュレ、削り節。

何時も最初の」1品は刺激的です、よく勉強されていると感心します。

Dsc02311

椀物・・・自家製豆腐にホタテ貝柱海老挟み、ほうれん草、人参、柚子

この吸い物出汁は鰹の真ん中の部分だけで取っているそうでとても真似の出来るようなお味では有りません。

Dsc02313

向付け・・・鰤、鯛、いか、ポン酢、醤油

鰤は良いところだけ使ってありとろりして良かったです。

この器、先月金沢旅行で買い求めた物と同じです。

Dsc02317 

蒸し寿司・・・細かい包丁さばきに感心します。

Dsc02319

八寸・・・見て楽し、いただいてなお楽しいです。

Dsc02321

ぶり幽庵焼き、鯵大根巻き、いくら、人参葉胡麻和え、山ごぼう醤油漬け、なまこ

Dsc02323

くわい餅、海老芋、雲子の白味噌あん掛け、蕗の薹・・・くわいを擂って揚げてあります、もっちりとして少し苦みがあり蓮餅とは又違った美味しさです。

Dsc02325

鰤大根・・・薄い色に仕上げて大根はぶつ切りとおろしが入っています、お味は良く浸みています。

Dsc02326

牡蛎ご飯・・・たっぷりの九条葱がアクセントです。

Dsc02329

ここのお漬け物は何時も美味しいです。

Dsc02334

水菓子・・・牛乳プリン、ワインゼリー、苺、洋なし、ライム

Dsc02337

和菓子

Dsc02340

抹茶がでてお食事は終わりました。

大丸でフォトナムメイスンのお紅茶と森嘉のおあげさんをかって錦市場で黒豆、ごまめ等買いました。

Dsc02342

高島屋へ行きすぐき、柴漬けをかいました、千枚漬けを買おうかと思いましたが近々頂きそうな予感がしてやめました。外れたら年内は口に出来ません。

|

« 豚しゃぶ | トップページ | さよりなます »

「和食」カテゴリの記事

コメント

京都は日本海が近い所為か鰤が多いですね。
材料も器も技術も良い料理屋さんですね。
月に一度こう言うお店で京料理の基準を
確認できて良いですね、食べ続けないと
基準が分からなくなってしまいます。

投稿: ayhk | 2006年12月21日 (木) 22時30分

ayhkさま
仰るように単発では善し悪しが分かりませんね。でも追求し過ぎて訳が判らなくなりそうです、単に楽しめば良いのですが。

投稿: mikage マダム | 2006年12月22日 (金) 00時12分

帰宅しても、母は何を食べたか語りませんが、
(罪悪感?・・・忘れている!?)
最近はココで全てが明らかに。。。

それにしてもエエもん食べてるなぁ...

投稿: Tomoko | 2006年12月22日 (金) 08時45分

Tomokoさま
お疲れだったのでしょう。私がばらしてしまってお母様の秘密が分かってしまうのはまずいかしら。

投稿: mikage マダム | 2006年12月22日 (金) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/4627449

この記事へのトラックバック一覧です: 京懐石:

« 豚しゃぶ | トップページ | さよりなます »