« 食器好きの私 | トップページ | 聘珍樓で食事会 »

2007年1月30日 (火)

一足お先に若竹煮です

新筍の湯がいた物が氷水に浸かって売られていました。これは初物だわ、買っておかないと!と言うことで今夜は若竹煮を作りました。

Dsc03368

私はどうして木の芽を真ん中に乗せなかったのか不思議なことです、もう少し手前に乗せるべきでした

<材料>

新筍(小)   2本

若布      適宜

木の芽     適宜

出汁      2カップ

塩        小匙1/2~

薄口醤油    小匙2

酒        大匙1

味醂       50cc

<作り方>

①筍は縦に放射状に6等分する

②若布は水に取り洗って1口に切っておく

③鍋に出汁と筍を入れて20分程炊いて若布を加えてさっと煮る

④器に盛りつけて出汁をはり木の芽を天盛りにする

これは関西風の薄味ですので濃いめがお好きな方は調味料を増やして下さいね。

筍の木の芽和え・・・筍半分は木の芽和えにしました。

Dsc03360

見た目は綺麗な木の芽ですが香りが無い粗悪品でした、この様な木の芽は初めてです。折角時間を掛けて筍料理を作ったのに、ガッカリでした。

鯨のフライ・・・家人の好物ですがダイエット中なので3切れしか食べませんでした。

Dsc03374

ミニアスパラガスの胡麻ドレッシングかけ

Dsc03354

長いも、オクラの酢の物・・・合わせ酢を加えたらよく混ぜます。

Dsc03363

小松菜といかの炒め物・・・えのきを少し加えてます、塩、胡椒、砂糖、酒、で味付けます。

Dsc03369

お刺身用のいかで作ったのでプリッとして美味しかったです、これは家人も美味しいと言って食べていました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

|

« 食器好きの私 | トップページ | 聘珍樓で食事会 »

「和食」カテゴリの記事

コメント

我が家は今朝、若竹の吸い物が出ました。
家内が筍を自家製の糠で茹でました。
ワカメも泉州の本生のワカメ、木の芽も
新鮮で碗の内が春の香りで一杯になりました。

投稿: ayhk | 2007年3月13日 (火) 11時47分

今日木の芽を買いに行きましたが良い物が無く諦めて帰ってきました。
明日に期待します。

投稿: mikage マダム | 2007年3月13日 (火) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/5137916

この記事へのトラックバック一覧です: 一足お先に若竹煮です:

» カマスゴの塩焼き [アジアの片隅で@香港、大阪、南通、海の中]
今朝はウルメ、カマスゴの焼き物。カマスゴはまだ少し早い。 春の定番若竹の吸い物、ワカメは塩蔵でない泉州の生ワカメ。 筍は黒門で買って我が家で糠と茹でた物。どちらも香り良くシャキとして歯ざわりが良い。 滋賀産の木の芽も黒門で買ったもので香りが非常に良い。 野沢菜漬けと日野菜、菜の花の漬物。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 11時39分

« 食器好きの私 | トップページ | 聘珍樓で食事会 »