« 聘珍樓で食事会 | トップページ | 手間いらずおでん »

2007年2月 1日 (木)

太刀魚の頂き方

太刀魚は骨が多くて食べにくいと言われますが骨の取り方をマスターすれば簡単に頂くことが出来ます。これで太刀魚嫌いの方も大丈夫になるかも知れませんよ。

我が家は塩焼きにして生姜醤油で頂きます。

Dsc03439

先ず身の上下に骨が有るので抜くようにそーっと身から外します。

次ぎに背骨に沿ってお箸で切り込みを入れます、そこから身を外せば骨の上に身が2つ、骨の下に2つと1切れが綺麗に4つの身に分かれます。解っていただけるでしょうか?(無理かな?)

蕪と柚子・・・塩と昆布で味付けしました。

Dsc03423

南京とスナップえんどう

Dsc03428

「女やねんけど男前」豆腐・・・スーパーで売っている豆腐には余分な物が入っている事が多いですが男前豆腐は安心です。

Dsc03431

水菜、フルーツトマト、クルミ、玉葱ドレッシングで

Dsc03436_1

1月31日の夕食です、私はお昼にたっぷり頂いたので夜は生野菜にお豆腐とビールです。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

|

« 聘珍樓で食事会 | トップページ | 手間いらずおでん »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/5155201

この記事へのトラックバック一覧です: 太刀魚の頂き方:

« 聘珍樓で食事会 | トップページ | 手間いらずおでん »