« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

「のれそれ」のスペイン風

スペイン料理に鰻の稚魚をオリーブオイルとガーリックで煮た料理が有ります。

好物なのですが鰻の稚魚が手に入りません、ところが今は穴子の稚魚「のれそれ」のシーズンなのです。形状が似ているので代用品として作ってみました。

Dsc05161_edited

このお鍋先日初めて入ったお店で105円で買ったのです、嬉しくって!

作ってみたけど身が柔らかくてちょっと違う物でした、残念。お味は良かったのですが・・・

焼き豚と蒸し鶏と多種類のサラダ・・・サニーレタス、ベビーリーフ、エンダイブ、セロリ、きゅうり、人参、新筍、菜の花、三度豆、フルーツトマト等

Dsc05158

撮影後にドレッシングを掛けました。

アサリと新キャベツのガーリック炒め・・・フライパンにガーリックの潰した物とオリーブオイルを火に掛けて香りが出たら強火にします。

アサリを入れ炒めたら白ワインを入れて蓋をします。

あさりの蓋が開いてきたら新キャベツを加えて炒め少しの塩、胡椒で仕上げます。

Dsc05163_edited

これにパスタを加えたのが好きなのですが今夜はピッツァが有るので止めました。

4種類のチーズのピッツァ

Dsc05168_edited

ワインが進みました。

←又今夜もこんなに食べてと思った方呆れながらポチリをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

中華のきゅうりの甘酢漬け

中華の焼きそばが食べたいと思い買い物に行きそれに合う献立を考えました。

前菜・・・蒸し鶏、焼き豚、きゅうりの甘酢漬け、くらげ

Dsc05129_edited

新生公司の焼きたての焼き豚を買いました。後は自家製です。

海鮮炒め・・・帆立貝柱、剣先イカ、アスパラガス、セロリ、白ネギ、生姜

Dsc05133_edited

白と緑の彩りよく仕上げたいので味付けは塩、胡椒、砂糖、酒です。

待望の焼きそば・・・小松菜、もやし、玉葱、筍、人参、椎茸、生姜、豚肉などです、オイスターソースを加えています。

Dsc05139_edited

きゅうりの甘酢漬け

<材料>

きゅうり    3本

塩       大匙1/2

生姜千切り  大匙3(有れば新生姜がいいです)

生赤唐辛子(韓国産)千切り大匙2

胡麻油     大匙3

干し唐辛子   5本

粒山椒     小匙1

塩        小匙1/4

酢         大匙3

砂糖       大匙3

<作り方>

①きゅうりはへたを落として縦半分に切りそれを2~4つに細く切り種の所を切り落とします。

②ボールに入れて塩大匙1/2を降って揉んでから30分置いてしなっとさせます。

③②を水に通し、タオルで水分を取ります。

④ボールに戻して土生姜、生唐辛子を加えます。

⑤小鍋に胡麻油を入れて干し唐辛子を切らずに入れて弱火に掛けます、色が変わったら中華の粒山椒を加えて茶色になるまで炒めます。直ぐ④に掛けます。

⑥きゅうりの上に塩、砂糖、酢を掛けて混ぜて半日~1日置いておきます。

⑦出すときにはまな板にきゅうりの皮を上にして並べ3等分に切ります、切り口が見える用に盛りつけます。

今日は生赤唐辛子が無く糸切り唐辛子を代用しました。

私は知らなかったのですが、昨日家人の会食はホテルの中華料理だったそうです、お気の毒でした。

でもテーブルに着いたら「家の方が美味しそう」なんて気を遣って嬉しいことを言ってくれました。

←ご主人の昼食とご自宅の夕食がダブったことがある方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年3月29日 (木)

gueuleに行きました。

ブログで見かけた予約の取りにくいと言うレストランに予約をして行ってきました。

席に着きメニューを見ると今日のランチとシェフのお任せの2種類です。私はシェフのお任せでお味を見たいと思い注文すると。

「予想以上に今日は注文が入り材料が無くなりました」と言われて「ハァ~?予約していたのですが」と言ってもしょうがなくランチにしました。着席して1品目が出るまで30分です、注文したスパークリングワインは飲み干されていました。

Dsc05112_edited

Dsc05115_edited Dsc05117_edited

Dsc05119 Dsc05120_edited

Dsc05122

サービスのデザートです。

Dsc05123_edited

帰りにスタバでモカ・フラペチーノを飲みました。

Dsc05126_edited

お味は及第点です、デザート以外は頂きました。

色々思う事が有りますが今後に期待したいお店です。

←シェフ頑張れ!とポチリお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

鮭の木の芽焼き

今夜は季節を先取りした御献立です。

鮭の木の芽焼きです、まだ木の芽ははしりですが張り込んで買いました。

自家製土筆の佃煮を添えています。

Dsc05090_edited

京菊菜の茎が残ってしまったので湯がいて胡麻和えにしました。(始末な御料理です)

Dsc05093_edited

ひじき煮

Dsc05099_edited

自画自賛の若竹煮

Dsc05102_edited

今日は御料理のお稽古だったのでお裾分けで海老とさよりの棒寿司、鳥貝の酢味噌和え です。

Dsc05091_edited

酢味噌和えには橙のあられ切りが乗っています。

御料理教室の今日の御軸(先生の叔母様のお手製)と新潟から届いたという桜です。

Dsc05084_edited

着物を表装に使っておられて古い物とは思えない斬新なアイデアです。

Dsc05088_edited

鮭の木の芽焼き

<材料>

鮭    2切れ

濃い口醤油   大匙1

薄口醤油    大匙1

味醂       大匙1  

鮭         大匙1 

木の芽  適宜

<作り方>

①バットに調味料を入れて鮭を30分~1時間漬けておきます。

②鮭を焦げ目を付けないように焼き上げます。

③木の芽は粗みじんに切ってお皿に盛った鮭の上に振りかけます。

←今夜の献立で少しでも春を感じていただければポチリとお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シーフードサラダ2種ドレッシング

昨日はココログがメンテナンスにつきアップ出来ませんでした。

北海道の活けホタテ貝が手に入ったので、明石産の蛸と夕食はシーフードサラダを作りました。

Dsc05066_edited

スパークリングワインとパン(オリーブオイルを付けて)

Dsc05076

新じゃがをレンジに掛けて塩、胡椒、オリーブオイル、粉チーズ、ローズマリーを乗せてオーブンで焼いています。

Dsc05073

鹿児島黒豚の味噌漬け

Dsc05081

Dsc05069_edited

シーフードサラダ2種ドレッシング

<材料>

サニーレタス

ベビーリーフ

ベビールッコラ

セロリ

人参

フルーツトマト 

アボガド

活け帆立貝

茹で蛸

スモークサーモン

ドレッシング 1

フレンチドレッシングにアンチョビーペーストとディジョンマスタードを加えます。

ドレッシング 2

フレンチドレッシングにバジルのみじん切りを加えます。

お皿にサニーレタスを敷き貝柱と蛸、トマト、セロリ、人参、アボガドを散らしてベビーリーフを乗せてスモークサーモンを天盛りにします。

ドレッシング1を上から掛けてドレッシング2を皿の周りにのせます。

色んなお味の変化がありとても楽しいサラダです、ワインとバゲットでご馳走です。

←このサラダ食べたい!と少しでも思われた方はポチリをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

薩摩切り子

鹿児島で買った薩摩切り子が届きました。

Dsc05042_edited

薩摩切り子の良い物を見に行きたいと思っていましたので、島津家別邸のある「仙がい園」へ行きました。沢山の切り子が有るのにお店に入り5分もしないうちにこれを買っていました。惹き付けられる物があったのです。

Dsc04953

Dsc04954

Dsc04952

買い物を済ませてからデジカメで撮っていたのですがふっと見ると「店内撮影禁止」と書いてありました、どなたにも制止されることなくやってしまいました。ごめんなさい。

これは私のお土産ですが家人にも有るのですよ。

それはこれからの季節には良い物です。

Dsc04963_edited

クロックスです、良いでしょう。

←差が有りすぎと思う方はポチリとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

煮卵とブロッコリー

昨日の黒豚の煮汁に半熟卵を漬けておきました、今夜はそこへ湯がいたブロッコリーを添えて黄身を付けながら頂きました。

Dsc05050_edited

柚子大根

Dsc05046_edited

イカナゴのふるせ生姜酢醤油

Dsc05059_edited

小松菜とお揚げさんのたいたん

Dsc05056_edited

住吉、山口とうふの柚子七味あげ・・・シークウァーサー醤油を掛けて

Dsc05065_edited

今夜は高タンパク低カロリーな食事に仕上がりました。

家人は卵の黄身が勿体ないとご飯を入れていました、1口もらったら美味しかったのです。次回は黒豚と煮卵を丼にしようと閃きましたが、その時に思い出すかどうかが心配ですね。

そう言えば新聞で面白い記事を見ました。年代層の話なのですが、私は今まで明確には知らなかったのでえ~っ!と思いました。

青年期 (16~19歳)

成人期 (20~39歳)

壮年期 (40~59歳)

高齢期 (60歳以上)

自分の年齢を見て驚きませんか?私は後がない!とドギマギしてしまいました。

←ちょっとギクッとした方はポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妙見石原荘の夕食

お昼に「いち・にい・さん」で沢山頂いたので夕食は7時にお願いしていました。

なのに温泉に入るとお腹が空いてきて夕食が待ち遠しく成ってきました、お部屋でビールを飲んでまだかな?とワクワクして待っていました。

じっと入り口の襖を見ています、「椿の間」だから椿と書いてあるのね、成るほどと思いながら「お待たせしました」という声を待っている時です。

Dsc04887_edited

先ずお品書きとお敷きが来ました。お部屋係かりは27歳の感じの良い青年です。彼の書だそうです。

Dsc04862_edited

青竹に白酒が入っています、トロリとして美味しいと思ったら生クリームが入っているそうで意外でした。

Dsc04863_edited

かわらけに絵を描いた物で頂きました。

Dsc04866_edited

私は久保田の千壽を注文。

Dsc04864_edited

Dsc04865_edited

Dsc04867_edited

残念ながらこの若竹煮は私の方が上手です。

Dsc04869_edited

メニューには書いてないのですが鯛、伊勢エビ、大間の本マグロが出てきました。伊勢エビが甘くて美味しいのですよ。

Dsc04871_edited

Dsc04872_edited

Dsc04875_edited

蛤しんじょうは柔らかさがとても良かったのですが吸地のお味が濃いのは鹿児島風なのでしょう。

黒豚の脂は白いダイヤモンドと言われているそうです、体にも良いと伺いました。

黒酢煮ですがお酢のお味はしなくてトロリとして大変美味しいです。

Dsc04878_edited

Dsc04879_edited

初めて頂く「すもじ」と言う焼酎で寿司飯を作った押し寿司です、キビナゴや蕗の薹の佃煮などが乗っていて美味しかったです。

Dsc04880_edited

Dsc04883_edited

このお肉が美味しくてソースも美味しかったのですがお腹がはち切れそうで残してしまいました、全く残念です。今ならいくらでも頂けるのに・・・

Dsc04884_edited

お造りの伊勢エビで作った赤だしです、お味噌も甘めです。食事にごぼうご飯と鰻時雨煮が出るのですがもうダメというのでおにぎりにして下さいました。

Dsc04885_edited

京懐石と比較すればお味は濃い味ですが、鹿児島の郷土料理とすれば満点に近い御料理だと思います。

器は日本中の良い物を集めてあるそうで、よかったです。満腹になります。

←食べてみたいと感じた方はポチリとお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妙見石原荘の露天風呂 2

夕食後岩風呂に入りに行きました。

少しだけ足下を照らす照明があります、幻想的でもあり怖くもありです。

怖々岩風呂に入り体を沈めてほっとして空を見上げれば真上に北斗七星が煌めいていました。じっと見ていると段々目が暗闇に慣れてきて周りの小さな星もきらきらと輝いて見えてきました。凄く幻想的で闇にとけ込みそうです。

残念な事にデジカメを部屋に置いてきました。ここでリベンジ、朝もう一度行きました。

Dsc04904_edited

ここまで来たのにまたもやデジカメを忘れて部屋まで取りに帰りました。階段の下で娘が物思いにふけって待っていました。

Dsc04890_edited

使用中はこの木の枝を刺しておきます。15部屋しかないので他のお客様と顔を会わすことも少なくこれで充分なのです。

Dsc04891_edited

いよいよ岩風呂です

Dsc04893_edited

脱衣場です、ちょっと不安!

Dsc04894_edited

凄いお湯の量です。温度が丁度良いのです。

Dsc04896_edited

目線で見ればこんな感じです。川の流れる音とお湯の音を聞きながら良い時間です。

Dsc04901_edited

何時までも入っていたかったのですが朝食の時間になり仕方なく上がりました。

←しつこく妙見石原荘に興味を持った方はポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

黒豚焼酎煮

鹿児島で買ってきた黒豚を煮ました。

焼酎を加えて煮ようと思い鹿児島産黒豚には鹿児島の焼酎が良いと思い買いに行きました。

Dsc05018_edited

一寸豆の煮物

Dsc05021_edited

湯葉豆腐

Dsc05016_edited

蓮根のきんぴら

Dsc05012_edited

新キャベツ、きゅうり、大葉のサラダ・・・キャベツときゅうりを塩水に浸けてからザルに上げて水気を切って太白胡麻油、出汁醤油、酢で和えました。5人でキャベツ1個を平らげました。

Dsc05014_edited

米なすを油で揚げて鹿児島のお肉屋さんで買ってきた豚味噌をぬりました。

Dsc05023_edited

今日採ってきた土筆をバター炒めにして

Dsc05026_edited

お友達から頂いたキムチです。

Dsc05010_edited

黒豚焼酎煮

Dsc05019

<材料>

豚肩又はバラ  600g

調味料

 水       2カップ

 焼酎      1カップ

 コーラ     1缶

 醤油            100cc

 氷り砂糖    大匙山盛り2杯

<作り方>

①豚はブロックで買い求めます、水から30分煮て水に取ります。

②大きく切り分け鍋に入れ、調味料を入れてヒタヒタの状態にして火に掛け1時間以上コトコト煮ます。(出来れば2時間)

途中水分が無くなれば水を足して煮ていきます。

コーラと焼酎は豚肉を柔らかく美味しくしました。これは我が家の定番となることでしょう。

← 黒豚煮を食べたいな!と思った方はポチリとおねがいします。

黒豚や豚味噌を買ったお店は石原荘にも卸しているところです。

有限会社   今肉屋

TEL   0995-42-1023

http://www.imanikuya.co.jp/

Eメール staff@imanikuya.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妙見石原荘の露天風呂 1

妙見温泉は湧き出しているお湯の量が豊富です、横の川にも沢山流れ出ていて川から湯気が上がっています。

源泉に近い方が効能が薄れず良いのですが一番近いところにあるのは混浴になっているので、それは遠慮しました。

貸し切りの露天風呂を予約してあったのでそちらへ行きました。

お玄関を出ます。

Dsc04832_edited

景色の良い庭を歩いて、

Dsc04840_edited

Dsc04859_edited

長い廊下を歩いて、

Dsc04841_edited

だるまストーブが有ります。

Dsc04843_edited

至る所で休憩出来るようになっています。

Dsc04844_edited

飲む温泉水です。

Dsc04845_edited

大浴場の入り口です、ここから案内して頂きます。

Dsc04847_edited

川の方へ降りていき着いたところが七実の湯です。

Dsc04856

入ってみると・・・

Dsc04848_edited

まだ出来て間もないようです。これは10人でもゆったり入ることが出来そうな湯船です。

お湯が大量に出ています。

Dsc04852_edited

目の前が川です。

Dsc04851_edited

お水とフローズンベリー

Dsc04854

貸し切りは45分間です。自然の木の枝が目隠しになっていて、上手に設計されています。

←良いところね、と思われた方はポチリとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

今夜は中華料理です

今夜は家人がお出かけなのです。友人から夕食のお誘いを頂き嬉しく参加いたしました。

5人で元町の中華料理屋さんに集合です。

おしゃべりに花が咲き1品目はお箸を付けた後で写真を撮っていないことに気づきました。

ミル貝

Dsc04966_edited

イカのトーチー炒め

Dsc04967

鶏の山椒炒め

Dsc04968_edited

牛とスジの煮込み

Dsc04970_edited

骨付きばら肉の甘酢あん

Dsc04972_edited

牡蛎のお好み焼き

Dsc04975_edited

豆苗炒め

Dsc04976_edited

揚げワンタン

Dsc04978_edited

ネギ焼きそば

Dsc04981_edited

焼きめし

Dsc04983_edited

連日私は食べ過ぎだと思いますが。

初めてお会いするご夫婦と友人のご夫婦と私の5人でしたがお支払いはしていただきご馳走になってしまいました。

←そんなに毎日外食で大丈夫?と呆れているかたはポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

憧れの「いち・にい・さん」

宅配ばかりでお店には行ったことが無かった「いち・にい・さん」へお昼を頂きに。

Dsc04780_edited

美味しそうな単品メニューが沢山有る中私はどうしても黒豚しゃぶしゃぶを食べるぞ!と意気込んでセットで注文しました。

先ずは生ビール、鹿児島は温かくて上着要らずです。ビールが美味しい!黒豚のおろし和え。

Dsc04782_edited

豚骨も美味しい煮込み

Dsc04786_edited

これが名物のしゃぶしゃぶです、これで1人前です。

Dsc04789_edited

串揚げ

Dsc04792

そばつゆに柚子胡椒とネギをたっぷり入れて頂きます。最後には老麺を入れます。

Dsc04793

この他に蒸し寿司と美味しい豚汁です。鹿児島のお味噌は甘いですね。

単品も注文しました、豆腐と黒豚煮込み。

Dsc04790_edited

黒豚の生ハム

Dsc04796_edited

つくね

Dsc04794

塩豚

Dsc04799

蒸し豚セットを注文した人。おどんぶりに入った豚汁を美味しいと飲み干していました。

Dsc04791_edited

豚味噌丼?を注文の人。

Dsc04798

意気込んだ割にはとてもこれを女性3人で平らげる事など出来ませんでした。

しかしまだ食べて見たいと言う御料理が沢山有りました。

お店の横が京セラホテルなのでステイのキャビンアテンダントが3人来ていました。(どう見てもそう見える彼女たちでした)

今回の旅をお世話して下さった彼女のご自宅へお邪魔したらお嬢様のおもちゃはやはり「豚」でした。さすが鹿児島!

Dsc04778

←黒豚しゃぶしゃぶ食べたい!方ポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

妙見温泉

22日朝神戸空港を出発しました。

Dsc04770_edited

着いたところは鹿児島です。

Dsc04927

娘のお友達がお住まいですが来月神戸に帰ってくると言うことで今が行き時と思いました。早速お得意さんの彼女に「妙見石原荘」を取っていただきました。

Dsc04807

ここは雑誌で見て一度来てみたいと思っていました。

案内されたら特別室の「椿の間」を用意していただいていました。

チェックインの時に頂いた黒酢とリンゴのすり下ろしでした、美味しい!

Dsc04808_edited

目の前の光景です

Dsc04806

お部屋の入り口にはお水が打って有りました。

Dsc04823

Dsc04824_edited

Dsc04825_edited

お部屋までのエントランスが良い感じです。

Dsc04826

ここで靴を脱いでさ~っお部屋へと・・・

3部屋有りそのうちの1部屋はお茶室です。

Dsc04828

角部屋なので開放感があります、眼下には川が流れて魚が泳いでいます。

Dsc04819_edited

Dsc04817_edited

弥生月なので御軸はおひな様です。

Dsc04816_edited

ミニバー

Dsc04814_edited

お部屋のお風呂ですですが一度も使っていません。

Dsc04830_edited

ダブルボールの洗面台です。

Dsc04813_edited

これらの私の写真では石原荘の良さの何分の一も伝わってないと思いますが次からはお食事ととスパで解っていただけるように努力してUPいたしますのでお楽しみにしていて下さい。

少し疲れたのでお休みなさい。

←石原荘に興味を持たれた方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

串カツ

昨日アシュタンガヨガをはじめたら今日は筋肉が痛くて、眠くて大変でした。

しかし今日はお彼岸なので義母のところへ参りました。

おしゃべりをしていたら遅くなり夕飯を作る時間が無くなり急きょ外食と言うことになりました。何を食べたいのかという相談を2人でしたら家人は明日会食でお肉を頂くそうです。

私は旅に出て温泉で和食です、ならば串カツにしようかと意見が一致しました。

20年来のお付き合いのお店に予約を入れるも満席で30分後なら大丈夫とのことでした。

Dsc04756_edited

串カツは出して頂いたら直ぐに頂くのが信条と思っている私は写真に納めることも忘れ次から次へと頂いてしまいました。

Dsc04754_edited

まずは生ビールで乾杯です。

Dsc04757_edited_1

パクパク頂いてしまいはたと気付いて撮ったのは蛤ですが焦っていたのでピンボケです。

Dsc04760_edited

普段はビールの次に日本酒なのですが今日はワインにしてみようと言うことで赤ワインです。

Dsc04763_edited

ここで鱈の白子が出てきたので冷静になりパチリです。その前に河豚も出ました。

Dsc04764_edited

一寸豆を一口食べて余りに美味しいのでパチリです、写っているには家人の指ですから。

Dsc04767_edited

私の好きなアスパラガスです、こんなに長いものを出すところは少ないと思います。

Dsc04769_edited

30本近くの串揚げを頂いたように思いますが写真が無いのは撮るのも忘れて頂いてしまった証拠です。

家人は最後に又生ビールで締めていました。しかも帰ってからウィスキーです、

←又も外食ですか、と思った方はポチリとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

菊菜のサラダ

生野菜を食べたい!と言う衝動にかられました。体が欲しているのでしょう。

普通のレタスのサラダではなくもっと香りの強いハーブのような物が良いと思いました。

今夜は有機低農薬の菊菜を生でマッシュルームとサラダにしました。

Dsc04738_edited

イカナゴのふるせを佃煮にしたものをいただきました。クルミが入っていてたっぷり胡麻をまぶしてあり、初めて頂きましたが大変に美味しい物です。イカナゴ作りコンテストがあれば優勝ですね。

Dsc04734_edited_1

鰹のたたき・・・新玉葱のスライスの上に鰹を並べて上にネギ、大葉、紅たで、生姜、ニンニクを乗せています。タレはレモン汁と醤油を1:1に合わせて掛けています。

Dsc04746_edited

肉じゃが

Dsc04751

菊菜のサラダ

Dsc04736

<材料>

菊菜       1束

マッシュルーム 4個

ベーコン     適宜

オリーブオイル 適宜

ワインビネガー  適宜

塩、胡椒

<作り方>

①菊菜は洗って葉だけ摘み取ります

②マッシュルームは出す直前にスライスします

③①と②を混ぜて器に盛ります

④ベーコンを5ミリに切りフライパンにオリーブオイルと共入れてにカリッとするまで炒めたら③に掛けます

⑤ワインビネガーを④のフライパンに加え余熱で酸味を飛ばして③にかけます

⑤上から塩、粗挽き黒胡椒をかけます

お好みでパルミジャノレジャーノのおろした物を掛けるとワインやビールに良く合います。(撮影後に掛けて頂きました)

今夜は9時からの遅い夕食でしたがビールでサラダ、その後は八海山の熱燗でとしっかりと頂きました。

←菊菜を生で?と驚かれた方も、今までも頂いてましたと仰るかたもポチリとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

懇親会

今夜はとある懇親会に出席しました。

中華料理店開催されましたが和食店からのお刺身の差し入れもあります。

Dsc04708_edited

Dsc04710_edited

Dsc04711_edited

Dsc04714_edited

Dsc04716_edited

Dsc04718_edited

Dsc04719_edited

Dsc04721_edited

飲み物は生ビールと紹興酒を頂きました。

初めてお会いする方々と親交を深めさせていただきました。

平均年齢が高い会合でしたが御両親と御一緒に女子大生のお嬢様が初めてご出席なさいました。

私は昨日の華麗なる一族のHDDが途中までしか取れてなかったので残念におもっていました、そこでお嬢様に恥ずかしながら聞いてみたところご自宅にお有りだと言うことでした。

厚かましくもDVDにして下さいとお願いしました。その後30分もしないうちに自宅に届けて下さいました。

ご親切に有り難うございました。

←華麗なる一族の最終回をご覧になった方はポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月18日 (日)

ポークソテー トマトソース

今夜は家族が集まり賑やかなディナーとなりました。

家人は2日酔いで食欲減退ですが全員集合なので気分は上々です。

オードブルです、私のブログを見てゴルゴンゾーラとドライイチジクを食べたいというリクエストに応えました。マンゴと生ハム、オリーブとピクルス

Dsc04680_edited

マンゴと生ハムの組み合わせは良かったのですが盛りつけには工夫が要りますね。

フルーツトマト、モッツアレラチーズ、バジルをオリーブオイルとバルサミコ酢、塩、胡椒で和えました。

Dsc04684_edited

貝柱とサラダ・・・サラダわさび菜、ルッコラ、マッシュルーム、セロリをディジョンマスタード入りのドレッシングで和えました。

Dsc04686_edited

ポークソテー トマトソース

Dsc04701_edited_1

ジャーマンポテト

Dsc04690_edited

ポークソテーの作り方

<材料>

ポーク肩ロース   5枚

バター        大匙1

玉葱みじん切り   大匙1

人参みじん切り   大匙1

ニンニクみじん切り 少々

ローリエ        1/2枚

パセリの軸       1本

白ワイン         50cc

トマト水煮        400g

セイジ

パセリのみじん切り

<作り方>

①バター大匙1を熱してニンニク、玉葱、人参、をよく炒めてローリエ、パセリの軸、白ワインを入れて水分が無くなるまでじっくり煮ていきます

②トマトを加えて沸騰させセイジを1つまみ入れてからフードプロセッサーにかけてピュレーにします

③裏ごしに掛け塩、胡椒で味付けます

④ポークは筋切りして塩、胡椒し軽く小麦粉をまぶしてソテーします

⑤お皿にトマトソースを敷き上にポークを乗せパセリのみじん切りを散らします。

←ご馳走ですね!と思われた方はポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

相撲部屋でちゃんこ

ただ今大阪場所の真っ最中です。

今夜は立浪部屋のちゃんこを食べる会にお誘い頂き出かけて参りました。

若貴全盛期には大阪だけでなく両国国技館までも見に行くほどのお相撲ずきでした。

立浪部屋は住吉大社が宿舎で土俵もあり稽古にも打って付けの場所です。

Dsc04634_edited

住吉大社の前には路面電車が通っていました。

Dsc04638_edited

太鼓橋が目の前にあります。

Dsc04642_edited

Dsc04650_edited

会場が有る建物です。

Dsc04648_edited

立浪部屋親方です。

Dsc04667_edited

卵サラダ・・・卵とマヨネーズとハムです。

Dsc04652_edited

鱧の湯引き酢味噌掛け

Dsc04654_edited

ボタン海老

Dsc04656_edited

牛肉炒め

Dsc04659_edited

しまあじ

Dsc04661_edited

鯖寿司

Dsc04662_edited

ぶりちゃんこ

Dsc04664_edited

あんこうのちゃんこ

Dsc04665_edited

バナナ、リンゴ、パイナップル

Dsc04672_edited

お片付けをしている力士さんと呼び出しさん

Dsc04673_edited

Dsc04676_edited

ブルーのTシャツの方がちゃんこを作って下さったそうです。

Dsc04677_edited

何と言っても鬢付(びんつけ)け油の香りが素敵です。現実の世界では嗅ぐことが出来ない魅惑的な香りです。

テレビなどでは見たことがありますが初めての相撲部屋でのちゃんこでとても楽しい経験でした。この部屋の若者達が怪我も無く出世なされますことをお祈りいたします。

ご招待下さいました○野さま、有り難うございました。

←相撲部屋の食事をしてみたいと思われた方はポチリとお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マクドナルド

美味しいお蕎麦やさんへ行く予定をしていたのですが、大型電気店で買い物をしていたら時間が無くなり近くのマクド(関西ではこう言います)へ行くことにしました。

私たちは阪神淡路大震災の時に食べる物が無く市外まで行って食べたきり12年ぶりです。

注文するにも少しの緊張感があります、私はベーコン、レタス、バーガーにしよう!と言ったら家人もそれにしたかったらしいのです。同じ物を注文しても面白くないので照り焼きバーガーにしました。

Dsc04628

Dsc04629

カウンターで飲み物を注文するとき「甘くない飲み物は有りますか?」と聞いたら「アイスコーヒーにお砂糖を入れなければ甘くないです」と言われそれにしました。

会計で600円余りでした、家人は「えっ?何か間違ってない?」と私にいうので、メニュー表を見ると彼はセットの値段を見ていました。

どちらも半分分けして頂きましたが私たちにはお味が濃すぎます、お若い方には手軽で良いでしょうが私は今後何年かは行かないと思います。

←マクドでは無くマックよ!と言う方はポチリと押してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

めいたカレイの唐揚げ

今日も寒かったですね。大学の卒業式があったらしく袴を履いたお嬢様方を大勢見かけましたが着物に袴のみで寒くは無いかしらと老婆心ながら見ていました。

卒業旅行にもお出かけでしょうがお風邪を召しませぬように!

小ぶりのめいたカレイが売っていたので唐揚げにして全てカリカリといただいてしまいましょう。カルシュウムが摂取できます。

Dsc04607_edited

背骨とエンペラに包丁を入れて小麦粉をはたいてじっくりと油で揚げます。

塩胡椒を付けて頂きます、頭もカリカリでした。

ウルイを生で明太子マヨネーズを付けてと思い用意しましたがもろみ味噌もしてみたらその方が良かったです。

Dsc04606_edited

菜の花の辛子和え

Dsc04600_edited

徳用マッシュルームを買いオリーブオイルとガーリックで炒めて塩、胡椒、レモン汁でマリネにしました。

Dsc04588

新玉葱のシークワーサー醤油掛け・・・私の今夜のお気に入りです。

Dsc04604_edited

焼きそば

Dsc04616_edited

昼食用にと買っておいたおそばが有ったので太もやしとキャベツを沢山入れてやきそばを作りました。おそばよりソース味の野菜とビールが良かったです。

外食が続くので今夜は野菜を中心の献立にしました。

←明日はお休みという方、お休みなら嬉しいのにと言う方ポチリとお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

ベトナム料理

今夜は8人でベトナム料理を食べに行きました。

青パパイヤのサラダ

Dsc04566_edited

蒸し鶏のネギニンニクソース

Dsc04567_edited

ベトナムのお好み焼き

Dsc04570_edited

ミル貝と海鮮

Dsc04571_edited

空心菜のニンニク炒め

Dsc04572_edited

渡り蟹のタマリンドソース

Dsc04574_edited

エビマヨネーズ

Dsc04576_edited

焼き豚ご飯

Dsc04577_edited

焼きフォー

Dsc04580_edited

牛肉のフォー

Dsc04581_edited

カレー焼きめし

Dsc04583_edited

沢山頂きましたがその他に豚の胃の煮込みは写真なしです。

どれも味に変化があり美味しく頂けました。

←これは食べ過ぎ!と思う方はポチリとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼は黄老

昨日は沢山食べ過ぎたのですがお昼は中華レストラン「黄老」で昼食です。

Dsc04565_edited

チャーシュー麺

Dsc04559_edited

牛バララーメン麺

Dsc04560_edited

私は海鮮粥にして2/3頂きました。

Dsc04562_edited

今日は付属小学校の卒業式帰りの方々がいらっしゃいました。おめでとうございました。

←お昼を召し上がった方はポチリとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・鰤のくわ焼き

くわ焼きとは昔、畑作業の間に取った野鳥などを農機具のくわに乗せて焼いたのが始まりのようです。

Dsc04551_edited_1

昨夜レシピを書くのを忘れていました、疲れていたのか呆けたのか、今朝気がついたので書いておきます。

<材料>

鰤    5切れ

酒    200cc

砂糖   大匙5

醤油   大匙5

サラダオイル  適宜

<作り方>

①フライパンを火に掛け油を少し入れて鰤の表になる方を下にしてフライパンに乗せ焼き色が付けば裏返す

②油が出るのでペーパータオルで拭き取る

③酒、砂糖、醤油を加えて中火で10分程煮る

④器に乗せタレを煮詰めてからかける、

私は甘酢生姜をお口直しに添えるのが良いと思うのですが、家人はこの時期に丁度出来上がった沢庵を分厚く切りバリバリと一緒に頂くのが絶対だといいます。

←興味の有る方はポチリと押して試してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

鰤(ぶり)のくわ焼き

懐石を頂いてきたにもかかわらず夕飯を作らねばならないのは主婦の宿命です。

私だけご馳走を頂いてきたのですから、京都で買い物をして帰り夕飯をしっかり作りましたよ。

筍の木の芽和え

Dsc04543_edited

蕪の煮物蟹あんかけ

Dsc04546_edited_1

イカナゴの釜揚げとシークワーサー醤油

Dsc04557_edited

揚げと壬生菜のさっと煮

Dsc04553_edited

鰤のくわ焼き

Dsc04551_edited

私は見るだけにしてビールだけ飲みましょうと思っていたのに結局ご飯まで頂いてしまいました。

苦しい~!

シマッタ!

後悔です。

今日1日に食べた物を見てみるととんでもない量です。

←食べ過ぎでしょうと思われた方はポチリとお願いします。反省しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京懐石

今日は寒い中懐石料理を食べに京都まで行きました。

京都は3月中はお雛祭りです。お部屋には時代物のお雛さんが飾ってありました。御料理は春の雰囲気満載でした。

Dsc04517_edited

先付け・・・赤貝、白ずいき、葉わさびの加減酢

Dsc04522_edited

椀物・・・油目の葛たたき、しんじょう、木の芽

Dsc04524_edited

向こう付け・・・いか、平目、しび

Dsc04526_edited

ちらし寿司・・・中には椎茸、蓮根、ふき、大葉等が混ぜてあり上には穴子、海老、土筆、甘酢生姜

Dsc04527_edited

八寸・・・焼きたて鰆の味噌漬け、玉こんにゃく、長いも、きゅうりと貝柱、鯛の子、かまぼこの串刺し、分葱といかのてっぽう(ぬた)、鳥貝と防風のおろしあえ。

Dsc04529_edited

車海老、白と緑のアスパラガス、飯蛸、貝柱、菜の花を黄身酢で

Dsc04530_edited

炊き合わせ・・・新筍、ふき、若布、木の芽

Dsc04532_edited

ご飯・・・人参、ごぼう、土生姜、こんにゃく、焼きネギ

Dsc04534_edited

アサリの赤だしと香の物

Dsc04535_edited

水菓子

Dsc04536_edited

自家製和菓子

Dsc04538_edited

抹茶

Dsc04539_edited

お誘いした友人はびっしりと桜の刺繍がしてある半襟に夜桜の帯で素敵に着こなして来て下さいました。

ダイヤ取り巻きのカルチェの時計やドルガバのバッグがマッチしていて上手なコーディネートだなと感心したので写真にパチリです。

Dsc04516_edited

←美味しそうと思われた方ポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

ハゲちり

関西ではハゲという魚(関東ではカワハギでしょうか)を使ったお鍋をハゲちりと言い冬を代表するお鍋です。

おつむ(頭)のやや薄い方の前では大きな声で言うのははばかりますが身離れが良くお鍋には最適の魚です。煮付けても勿論美味しいです。

Dsc04507_edited

でも今日の主役は京都「森嘉」のお豆腐です、ハゲには申し訳ないのですがお味を引き立てるために使ったのです。

何時も思いますがお鍋というのは画としては地味ですね。味が単一な事と関係が有るのでしょうか?(関係ないですね)

その他は新筍の刺身と白銀です。筍をわさび醤油で頂くとシャキシャキとして美味しいです。この時の筍はあくまでも出始めの小さい身の締まった物が最適です。

Dsc04502_edited

いかなごのくぎ煮は皆さんこだわりを持って自慢の物を作られます、今夜は頂き物の山椒の実入りと生姜入りの2種の食べ比べです。

Dsc04505_edited

うどの皮をきんぴらにしました。

今日も寒かったですね、昔からお水取りの頃が一番寒いと言われていましたがやはりそうなのですね。今になって雪が降ったりしていますものね、早々とスキー場をクローズしたところも有るのに皮肉なものです。

どちらにも雪の被害が出なければ良いのですが・・・早く温かくなって桜が見たいです。

←今夜お鍋を食べた方も、食べたいと思った方もポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

記念日の食事

結婚36年目に突入です。こんなに長く続くとは・・・・結婚1年目の時私の母は私に向かって「思いの外長く続いてるね」と言ったのですよ!世の母親の言葉とは思われないでしょう。

その反動というか意地というのかここまできましたね。付き合って6年目で結婚したのでなが~いお付き合いです。

そんな懐古趣味は置いておいて今夜の御料理はオードブルに時間を掛けました。

私シャンパン好きなのです、お友達がプレゼントしてくれた物を大事に取っていました。

Dsc04486_edited

今夜はそれを開けるのでシャンパンに合いそうな物を作ったわけです。

Dsc04477_edited

蟹とセロリ

卵のファルシー

トマトのファルシーサラダ

山芋のロワイヤル

ドライイチジクとゴルゴンゾーラ

バゲットには昨日買ってきた今年のフレッシュオリーブオイルです、やはり美味しいです。これは飲めますね。

Dsc04483_edited

新ごぼうのスープ・・・カプチーノ仕立てにしました。

Dsc04487_edited

鰆と新筍、菜の花、エリンギのバルサミコソース・・・土付き筍を糠と鷹の爪を入れて湯がきました、鰆は新鮮で身が透明っぽかったです。

Dsc04492_edited

シンプルなトマトソースのパスタ・・・ニンニク、玉葱、セロリをじっくり炒めパセリの軸、ベイリーフとトマト水煮缶を時間を掛けて煮込みました。

Dsc04496

ご馳走ですがカロリーが低い物を作りました。家人に感謝の気持ちを添えて!それにこれからもどうぞ宜しくの意味を込めて!

シャンパンの残りは生チョコと一緒に飲めばデザートになりました。

←食べたいな、と思う物があった方はポチリとお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

モード・ディ・ポンテベッキオ

明日が結婚記念日なのですが、月曜日なので今日前夜祭です。

木曜日に予約を取ろうとしたけどお昼の早い時間は既に満席で2時からのランチと言うことになりました。

お店はカジュアルなので若い方ばかりです、私たちは最高齢の様子。

家人は昨夜飲み過ぎで出かける前にアルコール検知器で計ると0,7%でした、従ってお昼は少なめにお任せコースの一番下のランクにしました。

シャンパンは明日に置いておいて、イタリアのスパークリングワインで乾杯

Dsc04425_edited

Dsc04428_edited

赤ワインはオーガニックのピノ・ノワール・・・余り欲しくないのでグラスワインにしようということです。

Dsc04429_edited

春野菜と生ハム、白砂海老、柚子のピュレ・・・1品目にしたらインパクトが無いお味でした。

Dsc04431_edited

本マグロのスモーク、グリーンアスパラ、温泉卵、イタリアからすみ掛け・・・マグロをスモークする意味があるのかな?卵は少し硬めです。

Dsc04435_edited

ここでバローロにします。

Dsc04436_edited

サフランを練り込んだタリアテッレ、菜の花(の一種)、生ウニ・・・美味しかったです。

Dsc04437_edited

食事が進むうちに家人はテンションが上がりまだワインを注文です。

Dsc04440_edited

メインはフランス産鳩の炭火焼きとちりめんキャベツのフランボワーズのソース

Dsc04441_edited

今まで食べた中で1番の鳩でした。

家人はまだグラッパを注文、すると奥からゴロゴロとワゴンに乗って運ばれてきました。こんなに沢山のグラッパを置いているお店は初めてです

Dsc04448_edited

インスピレーションで選んだものです。

Dsc04451_edited

ブラッドオレンジのッシャーベット

Dsc04453_edited

私のデザートは温かいリンゴのパイ、ハチミツジェラート

Dsc04456_edited

家人はジェラートの盛り合わせ

Dsc04457_edited

エスプレッソ・・・美味しい!

Dsc04458_edited

テーブルに置いてあったオリーブオイルが美味しいと言うので聞いてみると今年イタリアで賞を取った物だそうです。買って帰りました。

食べ過ぎ飲み過ぎでした。

←結婚記念日を覚えている方ポチリとお願いします、これから結婚するかも知れない方も宜しくどうぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

無ろ過酒を飲む会

1年冷蔵庫で寝かせた純米生原酒という物を持ってお友達が来てくれました。

今夜は日本酒を飲む会を開催いたしました。

Dsc04418

飯沼本家の物です

今朝届いたいかなごのくぎ煮と釜揚げとおろし。

茗荷、きゅうり、うど、もろみ。

Dsc04406_edited

生本マグロ、アボカド、山芋をわさび醤油を掛けて

Dsc04407_edited

蕗の薹、タラの芽、舞茸の天ぷら。

Dsc04408_edited

鴨鍋・・・鴨、九条ネギ、芹、舞茸、しめじ、椎茸、豆腐

Dsc04409_edited

鴨ネギと言うほど鴨と葱は相性が良いです。

高野豆腐、絹さやの玉とじ。

Dsc04414_edited

お友達のお持たせのリコッターチーズケーキです。

Dsc04422_edited

←今夜お酒を楽しんだ方も飲まなかった方もポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

塩ねぎタレ

昨日買った塩ねぎが美味しかったので今夜は中華風のタレを作りました。

Dsc04384_edited

豚しゃぶ用の豚をニンニクと酒を加えた湯で湯がきます、水に取らずにお皿に盛りつけます。

上から塩ねぎタレを掛けます

塩ねぎタレの作り方

塩ねぎ10センチ・・・みじん切りにする

塩    小匙1/2

酢    大匙1/2

紹興酒 大匙1/2

胡椒  

胡麻油 大匙1/2

太白胡麻油 大匙1/2

ボールに塩ネギのみじん切りと塩、紹興酒、酢、胡椒を入れておき、小鍋で胡麻油と太白胡麻油を一緒に熱してネギに掛ける。

お皿に豚肉を乗せてネギタレを掛けます、今日は香菜が128円と大変安かったので香菜好きの私はmust buyです。(今日は英語のレッスンだったのです)

今日買ったのは鹿児島桜黒豚のしゃぶしゃぶ用バラ肉でしたが大変美味しかったです。

小松菜と厚揚げ、豚肉のオイスターソース炒め

Dsc04396_edited

豚軟骨とスナックエンドウ、しめじ炒め。普段行き慣れないスーパーへ行くと珍しい物に出会います、軟骨?と思い始めて買ってみましたがこれはミミガーではなかったのかしら。

Dsc04392_edited

焼きビーフン 

Dsc04401_edited

今夜はテレビドラマの最終日ですが家人の帰りが遅かったのでハードディスクに撮っています。明日の朝ゆっくり見ましょう、でも夜に観たいドラマですからやはり深夜に観ます。

←”わるいやつら”を観ていた方はポチリとお願いします、観てなかった方も宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

湯豆腐のお出汁

今日も寒いですね、数輪咲きかけていた山桜は戸惑っているようです。

こんな夜は湯豆腐が良いでしょう、我が家はポン酢ではなくお出汁を作ります。

Dsc04377_edited

<材料>

水      250cc

味醂     50cc

薄口醤油  25cc

濃い口醤油 25cc

鰹節     8g~

昆布     8g~ 

<作り方>

全ての材料を鍋に入れて火に掛け沸騰すれば濾します。

青ネギの小口切りや削り節を掛けて頂きます。今夜は黒七味でほっかほか。

水菜と豚肉の辛子和え物(以前にUPしましたので省略いたします)

Dsc04369_edited

焼き鳥と九十九里浜の塩ねぎ

Dsc04375

塩ねぎとはなんぞやと思い買ってみました、ネットで調べてみても出てきませんでした。

普通の白ネギに比べたら太いです。

焼いてみましたら甘くてとろっとしています、これはお鍋などよりも炒めたり生の方が私は好きそうです。

フライパンで焼いて酒、醤油、味醂、(全て同量)に砂糖少々で味付けしました、山椒をふって頂きます。

蒸し寿司

Dsc04381_edited

お酒の後の蒸し寿司はほっこりします。

←今日は外に出て”寒い!”と思った方ポチリとお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

3種類のソース

久しぶりにフライをしました、家人は大の衣好きなのですが理想体重まであと1kgと言うところまで来ているので我慢の日々です。

私は理想体重からー1kgになったので食べなくてはと思いシーズン中我慢をしていた牡蛎フライと車海老でフライを作りました。自分勝手な夕食ですよね。

Dsc04364_edited

ホワイトアスパラを見かけたので即買いです。マヨネーズベースのビネグレットソースですがこれはUP済みなので省略します。

太いアスパラで美味しく頂きました。

Dsc04354_edited

ホワイトアスパラガスの湯がき方を紹介します。灰汁が強いアスパラですがこれは美味しく出来る湯がき方です

穂先から下は皮を剥きます。

鍋に水と剥いた皮、レモン汁を絞った後の皮をそのままをほりこみ塩を加えて沸騰したらホワイトアスパラを入れて好みの柔らかさに湯がきそのまま冷ましておきます。

フライのソース2種類です。

Dsc04366_edited

タルタルソース

<材料>

マヨネーズ

ゆで卵みじん切り

さらし玉葱みじん切り

ピクルスみじん切り

パセリみじん切り

レモン汁

牛乳

塩、胡椒

全ての材料を混ぜ合わせれば出来上がりです。

もう一つはケッチャップソースです。

<材料>

ケッチャップ

ウスターソース

レモン汁

タバスコ

(有ればシェリー酒少々)

各々をお好みに合わせて混ぜれば出来上がりです。

フライを頂くときにはどちらのソースにするかと迷いますがやはり2種類は必要です。

←フライ好きの方はポチリとお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

帰りました

新幹線に新山口から乗り5時半に自宅に帰り着き大急ぎで夕食の準備に取りかかりました。

お土産は山口の平目と真鯖でした。冷蔵庫に有る物で献立を考え作りました。

茄子の味噌田楽

Dsc04334_edited

平目の向こう付け・・・橙酢、薄口醤油、出し汁を7:3:1で合わせて掛けました。茗荷を添えています。

Dsc04350_edited

鯖の塩焼き、油がのっていて焼くと煙だらけになり煙感知器が鳴らないかと心配しました。お刺身に出来ますよと言われたくらいで流石に美味しかったです。

Dsc04344_edited

生野菜が食べたかったのであり合わせでサラダにしました。

Dsc04328_edited

田舎沢庵、おろし生姜とすり胡麻を掛けて。

Dsc04337_edited

日曜日は暖かくて山口は23度、半袖で過ごしました、今日は打って変わって大寒です。温泉に出かけましたが露天風呂の水温は42度、外気温は2度なので顔や頭が寒くて心臓に悪いと思いました。家人の思いやりと優しさに感謝してゆったりとした良い時間を過ごすことが出来ました。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

お雛祭りの料理

Dsc04308_edited

半世紀以上のお付き合いの友人が今は山口に住んでいます。全くのアナログ人間で私のブログなど眼中に有りません、携帯メールの返事がたまに早く返ってきたと思えば娘達が代わりに打ってくれています。

私は流行に敏感ですが彼女は自分スタイルを持っています。

若いときは東京の赤坂でバリバリ仕事をしていましたがある時を境に田舎に引っ越しました。全てが違う2人なのですがお互いを認め合っています。

明日は彼女の誕生日です。私の料理の大ファンでいてくれる彼女に料理を持って行きます。

神戸ビーフはお気に入りのお店から送ってもらい今日届いているはずです。

今夜は前夜祭で2人で盛り上がります。

空豆、芹の胡麻和え、分葱のぬた

Dsc04312

おから

Dsc04313_edited_1

解禁に成ったばかりのいかなご、ふるせを焼いて生姜酢醤油に漬けています

Dsc04316

新子の釜揚げですおろしとポン酢で食します。

Dsc04318_edited

バッグの殆どは食べ物で一杯になりました。新幹線に乗って一路山口へ!

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベトナム料理

今日はアジアン料理の1日になりました、夕食は友人たちと4人でベトナム料理です。

近頃何度も訪れているベトナム料理屋さんです。

生ビールを飲みながらメニューを見て各自食べたい物をチョイスします。

Dsc04283

青パパイアのサラダ

Dsc04285_edited_1

ミル貝と海鮮

Dsc04290_edited 

海老マヨネーズ、この黄色はターメリックです。

Dsc04292_edited

渡り蟹のタマリンドソース,香ばしく殻まで全てパリパリと頂けます。

Dsc04295_edited

豚の胃袋柔らか煮

Dsc04300_edited

空心菜のガーリック炒め

Dsc04302_edited

焼きめし

Dsc04303_edited

牛肉のフォー

Dsc04306_edited

この店はシェフとアシスタント、フロアーの3人で25席ほどをまかなっていますが何時も満席です。待たされることなくテンポ良く美味しい御料理が運ばれてきます。お負けに生ビール3杯ずつとこの御料理で1人3000円です。どの料理もスパイシーで変化に富んでいます。期待はずれは有りません。

Quan An Ngon

神戸市灘区永手町1-4-16

電話  078-851-5450

営業時間   11:30am~14:00  17:30~22:00

定休日   水曜日

http://www.geocities.jp/quananngon/

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

インド料理

今朝目覚めたときの家人の一声は「デリーのカレーを食べに行く?」でした。

迷いもなく私は賛成、11時出発と決めて各々やるべき事をこなし時間に出かけました。

駐車場がないので阪急電車と神戸市営地下鉄を乗り継いで行きました。地下鉄開通30周年と言うことですが家人は今日が初めてだと言ってキョロキョロして、挙動不審者でした。

店内は空いているようでしたが予約が入っていました。

Dsc04270_edited

家人の好物のチキンサモサと野菜サモサです。グリーンのソースとケッチャップをつけていただきます。

Dsc04271_edited

野菜コースです、野菜スープが付いています。ここのナンはもっちりとしてとても美味しいです。

Dsc04275_edited

茄子のカレーです、トロリとした皮を剥いた茄子がとても良いです。

Dsc04279_edited

チキンコース、じゃがいもの一品が付いています。

Dsc04276_edited

大変スパイシーなチキンカレーです。

Dsc04277_edited

創業1963年関西初の本格インド料理店です。

ナン、ロティー、テプラ、チャパティーなどのパン類がカレーを引き立てます。

日本のカレーとは又違ったカレーですが何種類のカレーを頂いてもどれも違った味でとても家では出来ない品々です。

店名  デリー

神戸市中央区中山手通り3-16-2

電話  078-221ー3333

営業時間  11:30AM~3:00PM   5:00PM~8:30PM

定休日    月曜日

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

カスクート

カスクートが食べたくなりました。神戸はパンが美味しいところだと思います、トーストにするならここ、デニッシュはここ、サンドウィッチならこことお店に好みがあります。カスクートを作るならビゴのバゲットが好きです。英語のレッスンで三宮へ出かけたので買いに行きました、今日はハーフサイズの物にしました。中身はロースハム、きゅうり、サニーレタスにからしマヨネーズです。

Dsc04260

カスクートに合うお料理と考えてルッコラとキノコのサラダとクリームシチューにしました。ブランチのようで簡単な料理です、1時間も掛かりません。

キノコはしめじ、椎茸、舞茸をガーリックオイルで炒めてレモン汁をふっています。

Dsc04261

パンにバターをたっぷり付けたいのでシチューのバターを控えたらややサラッとしたクリームシチューが出来上がりました。鶏肉、ベーコン、玉葱、人参、セロリー、じゃがいも、マッシュルーム、ブロッコリーが入っています。

Dsc04268

家人が明日お休みだと思うと気分がゆったりしてワインがすすみます。ウィ~ッ!

9時からテレビドラマの最終回が始まりますから慌ててUPします。

あらら!最終回は来週でした。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸し鶏と万能葱のサラダ

何処のご家庭も我が家の蒸し鶏という物がお有りでしょう、我が家もそうでしたが今回は新しい料理本を参考に作ってみました。

我が家のお味とは違うのですが新鮮で美味しく頂きました。これからはこれも我が屋のメニューに仲間入りです。

Dsc04241

<材料>

鶏もも肉    1枚

 白ワイン    大匙1

 塩        小匙1

 胡椒       少々

ザーサイ(瓶詰め)80g

万能葱      1束

ドレッシング

 胡麻油     1/2カップ

 オリーブ油   1/2カップ

 白ワインビネガー1/3カップ

 生姜みじん切り 1片

 煎りごま     10g

 塩        小匙1

 胡椒       少々

<作り方>

①バットに鶏肉を載せと白ワイン、塩、胡椒を掛けて蒸し器に入れて強火で1分半中火にして10分蒸します、そのまま冷ましておきます

②ザーサイは千切りに、万能葱は7~8センチに切っておきます

③蒸し鶏は縦半分に切りそれを薄く削ぎきりにします

④ボールに葱、ザーサイ、蒸し鶏を入れてザックリ混ぜてドレッシングを加えて和えます

ドレッシングの分量は多いので割合を計算して調節して下さい。私はオイルを控えめにしました。ザーサイのお味が有るので塩は控えめにした方が無難です。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

新ごぼうの和え物

新ごぼうです、春が近くなればお野菜に何でも”新”が付いた物が出回りますね。

私はそれを見ると「今買わないと、直ぐに古くなってしまう!だから買おう」と変な連想をしてしまうのです。

新ごぼうの和え物

Dsc04227

蒸し鶏と万能葱のサラダ

Dsc04236

大根と豚挽肉の煮込み

Dsc04246

新ごぼうのサラダ

<材料>

新ごぼう   2本

マヨネーズ  大匙2

牡蛎ソース  小匙1~2

<作り方>

①新ごぼうは10センチ長さに切り(今日は1本を3等分にしました)それを縦半分にきって更に4~6等分の細切りにします

②酢水に漬けておきます

③ざるに取り熱湯で歯ごたえを残すようにさっと湯がきます

④ボールにマヨネーズと牡蛎ソースを入れて湯がいたごぼうを和えます

ごぼうサラダがお好きの方は多いと思いますが少し中華なごぼうサラダをお試しください。

大根の中華風煮込みも美味しかったのですが今夜は蒸し鶏のサラダが特別美味しく思いましたので後でUPいたしますね。

ここをクリックしていただけるとうれしいです (Rankingに参加してい)ますので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »