« 鰤(ぶり)のくわ焼き | トップページ | お昼は黄老 »

2007年3月15日 (木)

続・鰤のくわ焼き

くわ焼きとは昔、畑作業の間に取った野鳥などを農機具のくわに乗せて焼いたのが始まりのようです。

Dsc04551_edited_1

昨夜レシピを書くのを忘れていました、疲れていたのか呆けたのか、今朝気がついたので書いておきます。

<材料>

鰤    5切れ

酒    200cc

砂糖   大匙5

醤油   大匙5

サラダオイル  適宜

<作り方>

①フライパンを火に掛け油を少し入れて鰤の表になる方を下にしてフライパンに乗せ焼き色が付けば裏返す

②油が出るのでペーパータオルで拭き取る

③酒、砂糖、醤油を加えて中火で10分程煮る

④器に乗せタレを煮詰めてからかける、

私は甘酢生姜をお口直しに添えるのが良いと思うのですが、家人はこの時期に丁度出来上がった沢庵を分厚く切りバリバリと一緒に頂くのが絶対だといいます。

←興味の有る方はポチリと押して試してみて下さい。

|

« 鰤(ぶり)のくわ焼き | トップページ | お昼は黄老 »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/5695426

この記事へのトラックバック一覧です: 続・鰤のくわ焼き:

« 鰤(ぶり)のくわ焼き | トップページ | お昼は黄老 »