« 春雨とザーサイの煮込みの作り方 | トップページ | お肉屋さんのレストラン »

2007年4月16日 (月)

鱸の塩焼き木の芽酢

筍、ワラビ、木の芽、アスパラガスなどどれも取り立ての旬の物を使った献立です。

鱸もこれから美味しくなるお魚です、塩焼きにして蓼酢(たでず)ならぬ木の芽酢にしてみました。

Dsc05608_edited_1

木の芽を叩いて酢と混ぜました、大成功です!これは定番にしましょう。

度々登場の木の芽和えですが好物なので飽きません。

Dsc05605_edited

石垣島のもずくです。

Dsc05598_edited

ワラビを重曹であく抜きしてわさび醤油で和え削り節を掛けて頂きました。

Dsc05594_edited

採りたてのアスパラは甘くておいしいので擂り胡麻と醤油のみで和えました。

Dsc05603_edited

椎茸、舞茸、パプリカ、ミニホワイトセロリをオリーブオイルと塩、胡椒で炒めました。ミニホワイトセロリは生でサラダにするよりサッと炒めた方がシャキシャキして美味しいです。

Dsc05611_edited

筍ご飯

Dsc05613_edited

野菜たっぷりの献立が出来上がりました。

←おこげが好きな方はポチリとお願いします、ちなみに私は苦手です。

|

« 春雨とザーサイの煮込みの作り方 | トップページ | お肉屋さんのレストラン »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/6115135

この記事へのトラックバック一覧です: 鱸の塩焼き木の芽酢:

« 春雨とザーサイの煮込みの作り方 | トップページ | お肉屋さんのレストラン »