« 蟹と菜の花、長いものジュレ | トップページ | 桜の器 »

2007年4月 3日 (火)

木の芽田楽

これから木の芽の季節になります、今日は先取りで豆腐の木の芽田楽を作りました。

Dsc05233_edited

もう少し焦らずに焦げ目を付けるべきでした。

お造り・・・しまあじ、かわはぎ肝付き

Dsc05227_edited

スモークサーモンと水菜のサラダ・・・ライム、醤油、オリーブオイル、黒胡椒のドレッシングを掛けています。

Dsc05220_edited

里芋、人参、こんにゃく、新ごぼうの煮物

Dsc05223_edited

木の芽田楽のお味噌は玉味噌を先ず作りそこに木の芽を混ぜています。

少し手間が掛かりますが美味しい玉味噌の作り方です。

<材料>

白味噌    250g

砂糖      45g

酒       80g

卵黄      3個分

<作り方>

①鍋に白味噌と砂糖を入れて良く練ります、次ぎに酒を加えて溶きます。

②鍋を火に掛け弱火で10分程練ります。

③鍋を火から下ろし卵黄を混ぜてから再び火に掛け3分程又練ります。

④裏ごしに掛けます。

これで玉味噌の出来上がりです。これを応用して木の芽味噌を作ります。

冷めたら一部を取り出して叩き木の芽(包丁でみじん切りした物)を混ぜます。

その他にも筍の木の芽和えやお酢と辛子を加えて酢味噌にもなります。

豆腐田楽は豆腐を適当に切って鍋に昆布と水と共に入れて火に掛けます。

沸騰したら取り出してホイルに乗せ味噌を塗って熱したオーブントースターで焦げ目を付けます。

今日はオーブントースターから早く取り出しすぎた悪い例です。

←木の芽田楽がお好きな方、食べてみたい方もポチリとお願い致します。

|

« 蟹と菜の花、長いものジュレ | トップページ | 桜の器 »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/5962563

この記事へのトラックバック一覧です: 木の芽田楽:

« 蟹と菜の花、長いものジュレ | トップページ | 桜の器 »