« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

蟹クリームコロッケ

今夜は満月が綺麗です、お外を見て下さい!

歩いて久しぶりにジムへ行き運動して、ランチをして買い物をしてとズーッと歩いていました。なんと13176歩も歩きました。

昨日蟹をばらしたのでついでに蟹クリームコロッケの用意をしておきました。後は衣を付けるだけにしておいたのですが柔らかくてとても扱いにくかったのです。油で揚げるときも爆発しないかと緊張しました。

Dsc04172_edited

でも出来上がりはとろっとしてとても美味しかったです、扱いやすく作ると硬くて美味しくないし蟹クリームコロッケは大好きですがなかなか難しい物です。

マッシュルーム、玉葱、を炒め蟹を入れて白ワインを加えてからベシャメルソースと混ぜます。バットに広げて冷蔵庫で冷やします。衣を付けるときに手がベタ付きますが良い方法を見つけました。アイスクリームサーバーにゴムべらを使って入れたら上手くいきました。プロのかたは既にご承知なのでしょうね。

アスパラガス、パプリカはオリーブオイルを履毛で塗って網で焼きました。

トマトソースはお手軽に済ませました。缶詰の「カゴメ煮込み用トマト・ソース」を鍋にあけ塩を少し足したものです。簡単ですがレストラン風になります。

好物と言えども1人に2つは多かったです。

Dsc04174_edited

サラダはトマト、アボガト、きゅうり、マッシュルーム、大葉、新玉葱をニンニクとおろし玉葱入りのドレッシングで和えました。

←散歩の途中で見つけた気になるお店にランチをしようと行ってみたらお休みでした。そんな残念な経験のある方はポチリとお願い致します。

昨夜の紀香、陣内の披露宴の生中継は関西では視聴率40%でした!紅白歌合戦を超えました。

| | コメント (0)

深夜のらっきょう漬け

テレビでバンビーノを観た後ニュースで紀香、陣内の披露宴を観て、またもやウルウルしていたら(完全におばさん化しています!)遅くなりました。結局らっきょうを漬けたら12時を廻っていました。

深夜に我が家はらっきょう臭が充満して、らっきょうの館と仮しています。

Dsc04170

昨年漬けた物がまだ残っていますがこれが1年経っても依然とパリパリしているのですよ。

従って今年は1kgだけ漬けました。家人は「これだけ?」と不安げでした、土曜日辺り追加で漬けるかもしてません。

←漬けてみようかな?とフッと思った方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (8)

2007年5月30日 (水)

焼き茄子の赤味噌仕立て

友人とウォーキングの約束をしていたのに朝から雨がザーザーぶりで中止になりました。時間が空いたのでらっきょうを漬けようと思いたちました。今の時間は塩付けの段階ですが今夜遅くに漬けます。

我が家はお酒を頂いたらご飯は無しの日が多いので赤だしの出番はお客様の時ぐらいです。

でも今日はこれも時間が有ったので焼き茄子の赤味噌仕立てを作りました。

Dsc04167_edited

冷凍庫に残っていた蟹を使って酢の物にしました、若布、きゅうりと共に兜鉢という器に盛りました。5月にはもってこいの器です。

Dsc04158_edited

炊き合わせ・・・高野豆腐、南京、三度豆

Dsc04155_edited

新じゃがいもと牛肉炒め、以前ここでUPしたものですがこの時期には1度は頂きます。

Dsc04151_edited

白銀蒲鉾とわさび漬け

Dsc04159_edited

ごぼう、人参、ピーマンのきんぴら

Dsc04164_edited

では少し手間がかかる赤だしですが焼き茄子の赤味噌仕立てを紹介いたします。

Dsc04166

<材料>   5人前

赤だし八丁味噌(カクキュウ)  70g

出し汁     4,1/2カップ

茄子      5本

ときからし

<作り方>

①茄子は縦に切り込みを入れて焼き茄子にして皮をむく。

②縦4つ、長さ半分に切る。

③出しに赤だし八丁味噌を溶き入れ、出来れば2度濾します。

④ときからしは出しを少し入れて柔らかく溶いておきます。

⑤椀に焼き茄子を入れて赤だしをはりときからしをたらします。

今夜は紀香、陣内の披露宴をテレビで見て感動の涙を流していました。関西人は思い入れが有るのでしょうか?関西のテレビは2人の番組が多かったです。

←同じくテレビを観ていた方、或いは見ないけどニュースで知っていた方、何の話か解らない人もポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

2007年5月29日 (火)

多国籍料理

先日作ったトルティーヤのミンチが残っていたのでどうしようかと考えましたが家人の好きなサモサに変身させることにしました。

今夜はインド料理のサモサ、タイのレッドカレーに春雨サラダです。

Dsc04131_edited

Dsc04136_edited

Dsc04150_edited

レッドカレーと春雨さらだは昨年こちらで紹介した物です。

今年タイへ行き私の料理は少し進歩したように思います。そこで以前の春雨サラダにドレッシングのレシピをプラスしましょう。

ライムの絞り汁  大匙1

ナンプラー     大匙1

砂糖         大匙1

青唐辛子(輪切り)小1個

お好みで旨み調味料

今夜はイカではなく三度豆と焼き豚を加えました。

レッドカレーには鶏、茄子、ピーマン、赤と黄色パプリカを使いました、こぶみかんの葉を入れて薫りを出しています。

←今夜BSで「殯の森」をやっていました。ご覧になった方はポチリとお願いします、映画館で観る予定の方もポチリとお願いします。 

| | コメント (2)

ダリアのブーケ

Dsc04125_edited

子供の頃体が弱く、小児結核等を患い親から離れ京都の田舎で療養していたことが有ります。

雨が降っているこの頃は庭に出ることもで出来ず、1人座敷の縁側に座って雨に打たれるダリアの花を見ていました。

それからという物は私はダリアが好きになれずに身の回りに置いたことがありません。

昨日深紅のブーケを頂きました、聞くとダリアだそうです。私は一瞬でダリアの呪縛が取れました。メデタシ!メデタシ!

←そんな事って有るの?と思われた方はポチリとお願い致します

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

今夜はサラダとビールだけ?

今夜は1人で夕食です、お昼に玉子2つを使ったトロトロ玉子のオムライスを作っていただきました。

夕食は水菜、フルーツトマト、アボガドのサラダとビールだけにしておきましょう。

Dsc04108_edited

ベランダ菜園のバジルをちぎってのせています。

キッチンの調理台で撮影してダイニングテーブルに運びました。6人掛けのテーブルに1人でビール片手にパソコンとは単身赴任のお父さんのようです。(ごめんなさい私の勝手な想像です)

料理とは喜んで食べてくれる人が居ないと寂しいし上達しないですね。

←今夜誰かが「美味しい!」と言ってくれた方はニンマリ微笑んでポチリとどうぞお願い致します。

Dsc04118

癒しのグッズです、アロマオイルを上のお皿に入れて電気を点けると良い香りがしてきます。ラベンダーはよく眠れるそうです。

寝室は良い香りに包まれています、何時でも休める体制が整いました。

同じく今夜ご主人の食事が要らない友人と携帯メールのやりあいっこをしていました。Re:がいくら並んだ事でしょう。

退屈せずに済みました。

| | コメント (2)

トルティーヤ

暑い夏になるとトルティーヤが欲しくなります、本場メキシコのトルティーヤを我が家で再現しました(若奥の指導の下私もお手伝いです)

Dsc04096_edited_1

盛りだくさんの具材です。

基本はこれらです。

Dsc04092

チキンソテーをしましたが本場では後、豚肉のソテーもあるようです。

では具材の紹介です。

手前からサワークリーム、レタス、タコスソース、牛ミンチサルサソース炒め、アボカド、トマト、チーズ、香菜です。

玉葱のスライスを忘れていますがそれも入れます。

ミンチには人参、マッシュルームのみじん切りが入っています。

トルティーヤは4枚を重ねてラップに包み700ワットのレンジで40秒チンしました。

具の乗せ方ですが先ずタコスソースを塗り、レタス、ミンチをのせて後はお好みで乗せていきます。サワークリームは有った方が良いでしょう。

意外だったのはアジアの食べ物だと思っていた香菜をメキシコでも食べていると言うことです。たっぷりのせていただきました。

私はパリパリのタコスより柔らかいトルティーヤの方が断然好きです。

←同感のかたはポチリとお願い致します。

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

魚のカルパッチオ

今日は平目でカルパッチオを作りました。

Dsc04103

<材料>

白身魚刺身用   120~150g

オリーブオイル    大匙4

ニンニクみじん切り  少々

トマトコンカッセ    1/4個分

パセリみじん切り    少々

パルメザンチーズ    大匙1/2

レモン汁         少々

黒胡椒

<作り方>

①魚は薄くスライスして重ならないようにお皿に並べます。

②トマトコンカッセとは湯むきしたトマトの種を取り細かく切った物のことを言います。

③①の上にチーズ、塩、胡椒、ニンニク、をふりかけパセリ、トマトコンカッセ、を散らし、オリーブオイルとレモン汁をかけます。

その他は先日のミネストローネが好評だったのでもう一度作りました。

Dsc04101

トルティーヤです。

Dsc04096_edited

息子夫妻の新婚旅行はメキシコのカンクンだったのでそこで食べて美味しかったというトルティーヤを教えてもらって一緒に作りました。

日本で食べている物とは中身が随分違います。具だくさんで美味しいですが私は3枚で充分お腹一杯に成ってしまい悔しかったです。

詳しくは明日UP致しますね。

←メキシコ料理がお好きな方はポチリとお願い致します、辛い物が苦手の方もポチリとどうぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日曜日のブランチ

美味しいお漬け物があるので息子家族を誘ってブランチです。

Dsc04083_edited

穴子と海苔

Dsc04085_edited

自家製鯵の一塩

Dsc04090_edited

鮪の佃煮

Dsc04088_edited

お漬け物盛り合わせ

Dsc04086_edited

からし高菜

出汁巻き卵

お味噌汁・・・おあげさん、若布、豆腐、青ネギ

土鍋ご飯

Dsc04091_edited

我が家の土鍋は3合炊きで、これでは足りないので炊飯器で雑穀米を3合炊きました。

炊きすぎて余りました。

ブランチと聞けば洋食のイメージですが純然たる和食でした。

←今日ブランチを召し上がった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねぎま鍋

ねぎと鮪の組み合わせを「ねぎま」と言いますね、そのねぎと鮪を鍋仕立てにしたものをねぎま鍋と言います。

我が家では良い鮪のすきみを見つけたときにはラッキーと言ってねぎま鍋にします。

今日は阪急百貨店で天然本マグロのすきみを見つけたので鍋にしました。

Dsc04073_1

鮪の他は京野菜の九条ネギと本にがり豆腐です。鰹と昆布の出しに酒、味醂、醤油で味付けします。

Dsc04081_edited

器にお出汁と黒七味を入れて頂きます。これには冷酒です、今夜は八海山の純米吟醸を頂きました。

先付けとして頂き物の明石魚の棚「林喜」の穴子とこれも京野菜の曙きゅうりを揉み瓜にして三杯酢で和えています、茗荷の千切りを添えて。

Dsc04076_edited

曙きゅうりとは普通のきゅうりより長くて色白です、中の種が少ないので歯触りがコリコリしています。

Dsc04068_edited

阪急百貨店の帰りに阪急電車へのコンコースで欧米人が沢山集まってキリンビールのスタンドで生ビールを飲んでいました。私たちはそそられましたね、又生ビールを飲んでしまいました。立ち飲みなので私は小にしました、変な理由ですが大はダメなような気がしたのです。

←今日は暑くてビールを飲んだ方、又は酎ハイを飲んだ方はポチリとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

よこわの中華風刺身

「よこわ」とは本マグロの小さい物を関西ではそう呼びます。関東では「めじ」というそうです。

デパ地下で天然のよこわが有ったので中華風のお刺身にしました。白髪ネギとニンニクチップス、香菜を添えてニンニクソースをかけていただきます。

Dsc04049_edited

にんにくソースの材料

☆醤油    大匙2

☆酢      小匙1

☆砂糖    小匙1

☆ニンニクみじん切り  大匙1/2 

全て混ぜ合わせます。

買った白ネギが硬くてごわごわでした。水に放しても針金のようでした。

酢豚、蒸し鶏、きゅうり甘酢漬けは私が昨夜の食事に作った物です。残り物ではなく「お取り置きもの」です(笑)

Dsc04059_edited

蒸し鶏、焼き豚、チーズが入ったサラダです、レタス以外の緑のお野菜はベランダで採れた物です。結構役に立ちます。

Dsc04053_edited

番外のこれもデパ地下で買った海老のカツです。夕方主婦が集まっているお店R1/Fの物で海老が沢山入っていておいしいのです。

Dsc04062_edited

英語の後お茶をしに行ったのですが甘い物ではなくパスタを食べたくなり私だけ食事タイムになりました。夕飯を控えなくてはなりません。

お店を出ると凄い雨で如何に濡れないルートで短い距離でデパートへ行くか考えて傘をささずに行くことが出来ました。

しかし帰り道はどしゃ降りにあいました。

←今日大雨に遭った方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

新玉葱とフルーツトマトのサラダ

今夜は家人が会食で夕飯はいらないので私はあり合わせの材料で調理して済ませました。意外とそれが良くてビールを3缶も飲んでしまいました。

そんなわけで今夜はたいした物が無いので、これはUPしなかった昨日23日の夕飯の記事です。

小さな可愛いフルーツトマトを見つけました、頂き物の新玉葱とサラダにして清々しい1品に成りました。

新玉葱とフルーツトマトのサラダ

Dsc04032_edited

玉葱は繊維を切るようにスライスして2~3度水を換えながらさらします。トマトは1個を4つの輪切りにして共に良く冷やし玉葱とトマトを順番に重ねて盛りつけました。

頂くときにドレッシングをかけます。

ドレッシングはレモン汁、醤油、太白胡麻油、黒胡椒です。

茄子の豚味噌田楽

Dsc04026_edited

米なすの皮を全て剥いて油で揚げます、皮の一部を薄切りにしてパリッと揚げてトッピングにしています。

ゴーヤチャンプルの季節が来ました、スーパーではまだ299円という値段ですが買い求めました。

スパム、水切りした木綿豆腐と炒め玉子でとじて鰹をのせました。

Dsc04044_edited

昨年から食べられるように成ってきた家人は今年はパクパクいっています。

太もやしも炒めてこちらはソース味にしました。

Dsc04047_edited

箸休めのきゅうり・・・板ずりして昆布茶を振りかけて暫く置いておき松の葉昆布と頂きます。

Dsc04031

味醂干し

Dsc04035

食材が乏しかったので冷蔵庫の在庫処分です。

明日は買い出しに行かなくては冷蔵庫がスキスキ状態です。

新しい夏服も欲しいし、化粧品も切れているしで明日は英語の帰りにお買い物を沢山しなくてはなりません。

私の友人の話ですが、洗濯物をたたんで無意識に冷蔵庫に仕舞ってしまい、次ぎに冷蔵庫を開けたら洗濯物が棚に並んでいてビックリしたそうです。

空いている冷蔵庫だったのでしょうがあり得ない話でしょう!

←ゴーヤチャンプルがお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

京懐石を楽しんで

世間は温かいと言うのに風邪気味の私は着込んで京都へ出掛けました。

月に1度の懐石を頂きに行ってきました、混んでいてカウンターしか予約できていません。

私の席は丁度小磯良平さんの絵の前でした。

Dsc03993_edited

5月なので兜の器で先付けがでました。お箸置きはちまきです。

Dsc03997_edited

中には長いも豆腐とウニが入っています。

Dsc03996_edited

碗物は鱧です。

Dsc03998

向こう付けはつばす、鯛、いか。兜鉢に盛られています。

Dsc04000_edited

素晴らしい陶器の重箱です。この作家さんはもういらっしゃらないので貴重な品です。

Dsc04002_edited

八寸(2人分)・・・鯵のきずし、蛸と叩きオクラにずいき、一寸豆、八幡巻き、菊菜とこんにゃくの白和え。この白和えは何処よりも美味しいです。

Dsc04005_edited

笹寿司、ちまきの細かい巻き方に何時も感心しています。

Dsc04003_edited

今年初めての鮎です、2匹目は炭の上に笹を敷き詰めて焼いて出てきます。頭から頂けます。

Dsc04012_edited

鰹のたたき

Dsc04014

賀茂茄子、万願寺とうがらし、ワラビの炊き合わせ。新生姜を天盛りにしてあります。

Dsc04015_edited

ワラビご飯

Dsc04017_edited

水茄子、きゅうり、沢庵の香の物、ジュンサイの赤だし

Dsc04016_edited

巨峰、マンゴ、バナナのプリン、ミントのジュレが掛かっています。ミントの葉をのせるのではなくジュレにしてあるのが素敵です。

Dsc04018_edited

菓子・・・水ボタン

Dsc04019_edited

お抹茶

Dsc04021_edited

80歳代のご婦人達のグループが2組8人くらい来ていらっしゃいました、(中には90代のご婦人も)東京からお越しの方もおられました。皆さんお元気で楽しそうにお酒も召し上がってました。

お帰りには来月の予約をなさっていました、偶然にも私たちと同じ日で6月に又お会いできます。

私もあの年齢になって同じように出来れば幸せですね、あやかりたい物です。

和食は手が混んでいますね、改めてそう感じます。

←和食好きののかたはポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

豚の冷しゃぶサラダ

今日の気温は高かったそうですが朝から寒くてフリースを着ていました。

熱が出ていたのです、家人が帰宅してその話をすると「知恵熱でしょう」と言われました。これで賢く成ればいいのですが期待薄ですね。

今夜は豚の冷しゃぶサラダです。

Dsc03978_edited

豚はお湯に酒を加えた中で湯がきます、お湯を余りグラグラさせない方が良いです。

湯がいたらザルに揚げます、氷水に取ると油部分が硬くなりますので私は常温にしておきます。

お野菜は水菜、レタス、貝割れ、セロリ、茗荷、大葉、を全て細い千切りにしてトマトを飾っています。ドレッシングは練り胡麻をベースに作りました。

自家菜園で採れた新玉葱を頂いたので平天と炊いて卵とじにしました。絹さやをいろどりに入れています。

Dsc03989_edited

昆布と鰹だしに酒、味醂、塩、薄口醤油、砂糖で玉葱は歯触りが残るように煮ました、甘みが出て美味しく頂けました。

アスパラガスのおしたし。

Dsc03984_edited

我が家のぬかずけ、水茄子ときゅうりです。糠の状態が良くなりお味も美味しくなりました。

Dsc03992_edited

今夜は手の掛からない簡単料理で失礼しました。飲み物はビールだけにしました。

←昨日寒かったせいで体調を崩した方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大井の牛鍋

20日は朝から明治村へ行きました。一度行ってみたかったところです。

お天気はよく青空と新緑の青と緑がとても綺麗です。この季節は最高です。

入場して先ずSLに乗ります。以前津和野で乗ったきり、久しぶりでワクワクします。

Dsc03879_edited

市電に乗り換えます、この電車は実際に京都市内を走っていた明治44年製のものです。

Dsc03881_edited

車内のつり革やガラスが良いです。

Dsc03885_edited

この様な衣装のカップルがあちこちで見られます。良い思い出になることでしょうね。家人が私にも貸衣装を薦めてくれましたが流石に辞退いたしました。

Dsc03893_edited

天皇陛下のお召し列車を間近で見ました。皇后陛下の物もありました。

Dsc03902_edited_1

次の車両にはベッドが有りました。

バスにも乗って移動しました。

Dsc03923_edited

気がつくとお昼の時間です、予約の時間に遅れないように見学もそこそこにして牛鍋を頂きに参ります。

行き着くと何と神戸の「大井精肉店」でした。以前神戸に有ったお店を移築した物です、勿論私は実際には見たことがありません。

Dsc03906_edited

炭火がいこっています。小さいお座布団でお尻が乗りません。テーブルが狭いのです。

Dsc03909_edited

見本です。

Dsc03914_edited

実際のお肉をお鍋に入れたところ。3人前です。4000円と5000円のコースのお肉をミックスにして入れてあります。

Dsc03911_edited

炊きあがりました、既に誰かがお箸をつけています。

Dsc03912_edited

頂いた後はご飯を入れて残りのお出汁まで全て頂いてしまいました。炭火の火加減が良くガスで炊いたのとは違って美味しかったです。

神戸の「大井」ではお昼に牛鍋定食がお安く頂けます、それは中に太いおうどんが入っています。お安い分お肉は少ないですけど。

お店を出て見学を続けました、その中で面白い体験をしたのは、大阪の池田から移築した「呉服座」の舞台を見せて頂いたことです。500人が観劇出来るそうです。

板を鳴らして花道を歩きました。歌舞伎役者に成った気分です。

Dsc03929_edited

枡席の太い板はその上を歩いて自分の席迄行く道です、お弁当を運ぶお茶子さんも通ります。1枡に4人が座ります。

回り舞台

Dsc03925_edited

説明を受けて奈落を降りるところですがとても急な階段でした。

Dsc03927_edited

楽屋なども見ました。

雪を被った木曽の御嶽山(この字で良いのかな?)が見えたのですが写真では無理でしょうか、写真をクリックしていただくと見えます。

Dsc03922

次回はフランク ロイド ライト設計の帝国ホテルです。

←すき焼きが食べたく成った方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

鰻のひつまぶし

名古屋と言えば「鰻のひつまぶし」が有名ですが、私は本物を頂いたことがないので名古屋の友人に是非とも連れて行って下さるようにリクエストをしていました。

招待して下さったのは有名な「蓬莱陣屋」本店でした。

Dsc03826

Dsc03827_edited

お店の門に近づくともう良い匂いがしてきて、食欲をそそります。玄関前に人影が無かったので空いていると思ったのもつかの間、中に沢山の人が並んでいました。

4時半からの営業です、5時過ぎに着いた私たちは予約を入れてあったので並んでる方々には申し訳ないのですがお部屋に通していただきました。

私たちはうなぎの懐石料理で予約していただいてましたが、聞くとひつまぶしのみの方は予約が出来ないそうです、

先ず出てきたのが鰻ざく(うざく)です。

Dsc03829_edited

Dsc03831

鰻は東京風の焼き方でとても美味しいです。私は鰻は関西風より東京風が好みです。

ここでビールからもう既に地酒を冷酒で頂きます。きゅうりの酢加減が酸っぱすぎて鼻のてっぺんに汗がでました。

鰻の肝、5個も出てきました、今までパサッとして硬くて余り好きでなかった肝でしたがフンワリしていて美味しくみんな頂きました。

Dsc03833_edited

白焼きです、板長のアイデアでキャビアを乗せて生姜酢で頂くように成っています。

Dsc03845_edited

しかしこれはハズレです、私はシンプルに生わさびをたっぷり乗せて頂きたかったです。

鰻巻き(うまき)

Dsc03848_edited

アツアツのトロトロでこれは素晴らしかったです、お酒よりご飯が欲しくなりました。お味が少し濃い目なのですね。

次ぎに仲居さんが動く伊勢エビを指でグッと押さえてお披露目に来られました。

これがお造りに成るそうです。

Dsc03835_edited

「あの小さい海老は誰の所へ行くのか」等とワイワイ言って、フッと開いている障子の間から廊下越しに外を見ると・・・

Dsc03843_edited

門の外まで行列が続いていました。申し訳なくて障子を閉めました。

お造りが出てきました、伊勢エビ、鯛、トロです。

Dsc03837_edited

久しぶりの伊勢エビのお刺身、あっという間にたいらげてしまい、お向かいの男性の分まで頂いちゃいました。

いよいよ待望の櫃まぶしです。沢山入っています、こんなに頂く人は居るのでしょうか?

Dsc03850_edited

頂き方のレクチャーを受けます。

①お櫃のご飯を四等分に分けます

②1/4はそのままで頂きます

③次の1/4はわさびとネギ、海苔をのせていただきます

④次の1/4は③と同じように薬味をのせて更にお出汁をかけて頂きます

⑤残りの1/4はよく考えてお好きにどうぞ

と言うことでした。

では1/4をお茶碗に取り1口頂きました、身は柔らかくてとろけそうなのに表面はパリッとしています、もう一口!これはパーナーで身の表面を焼いている様に思いますが如何でしょうか?

お店で頂かないとこのお味は解らないでしょうね、お持ち帰りにするとパリッとした食感が無くなりそうです。

1口目では半分は頂けそうかな、と思いましたがとても無理です。まだ最初の1/4なのに薬味をのせました。

その後お出汁をかけました、しかし意に反して半分も頂けませんでした。今なら充分にお櫃1杯でも頂けますが残念でした。

私たち6人中、男性2人が間食しました。その1人が家人でした、そのせいで夜には朝より2kgも体重が増えていたそうです。

鰻には普段山椒を振りかけますが、このお店には置いてありません。癖を消す必要など無いというプライドなのでしょう、私も必要では無かったです。

デザートです。

Dsc03853_edited

ここの櫃まぶしは気に入りました。次回は頑張って完食しましょう。(やはり無理かな?)

←櫃まぶしがお好きな方はポチリと、未経験で即チャレンジしたいと思われた方もどうぞポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

マリオット アソシア ホテル

名古屋に行くにあたって何処のホテルに泊まるか思案の末名古屋マリオット アソシア ホテルに決めました。

36階のクラブルームにてチェックインしました。部屋は35階コーナーのお部屋です。階段で1階下りました、良い感じです。満室の様子です。

Dsc03868

Dsc03872_edited

期待して部屋に入り唖然としました、何かの間違いでは無いかと。

狭い!!!鼻を打ちそうに狭いです。これがクラブフロアーでしょうか?

Dsc03854

Dsc03855_edited

Dsc03858_edited

アメニティー

Dsc03871

調度品は高級感がありますし、タオルも3セットずつ置いてあってそれは良かったのですが・・・狭くて息が詰まりそうです、部屋もベッドも我が家より狭いのです、ブツブツ・・・ブツブツ・・・

夕食後クラブルームで6人でお酒を飲みました。

満腹で何も口に出来ませんがスナックやフルーツが色々有ります。しかしここも狭くて落ち着きません。

Dsc03864_edited

Dsc03865_edited

Dsc03866_edited

Dsc03867_edited

朝バスルームから見た景色、気持ちの良い眺めです。

Dsc03875_edited

昨夜は頂きすぎのため朝食を控えたので友人が「そんなに少食では元を取っていないよ」と冗談を言ったので笑い合いました。

周りを見渡すと皆さんアメリカン ブレックファーストをお代わりをして沢山召し上がっていました。スクランブルエッグは美味しかったですがサラダの種類が少なかったです。

9時にチェックアウトしたのでホテル内のお店などを良く知りません。

←ホテルライフがお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

時鮭(ときしらず)

デパ地下で今しか頂けないと時鮭を薦められて、生で半身買い求めました。

こんなに沢山どうしようと思いましたがムニエルと塩焼きで無くなりそうです。

切り身に作っていると凄い油です。これは噂通り鮭児(けいじ)に勝るとも劣らなほどの美味しさなのでしょう。

期待が膨らみました。

Dsc03763_edited

甘塩と言うことなので胡椒のみして小麦粉を薄く付けてオリーブオイルで焼きました。

皮からじっくりとパリパリに成るように8分通り焼いて返して身の方を焼きます。

コツは焼きすぎないことです、やっと中まで火が通ったかなと言う程度にします。

取り出してフライパンを綺麗にしてバターを入れて溶かします。アンチョビペーストを加えて火を通します。鮭の上にかけます。

付け合わせは新じゃがいも、エリンギ、絹さやです。

やはり普通の鮭とは全く違います、油が乗っていて柔らかくてしっとりとした身に皮がパリパリで美味しいです。

トマトソースのパスタ

Dsc03770

極シンプルにトマトソースとチーズです。「うちの食卓 Non solo italiano」のトマトソースを参考にさせていただきました。若奥が試したそうで美味しいと言うことでした、私も是非作ってみようと思い今日チャレンジしました。

イタリアのトマト水煮缶で作りました、玉葱の甘みが良く出ています。成功しました。

水菜と菊菜のサラダ

Dsc03764_edited

水菜と菊菜を器に盛り、オリーブオイルで炒めたベーコンをオイルと共に上からかけます。

ワインビネガーと塩、胡椒を振れば出来上がります。

←週末をのんびりお過ごしの方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

ポテトサラダ

フランス領事館の料理番だった方の所に私が学生時代、料理のお稽古に行っていました、その頃のレシピです。お総菜屋さんにあるようなポテトサラダではなく、レストランでお肉料理や鶏料理の付け合わせとして出てくるようなものです。

我が家ではクリスマスのローストチキンを焼いたときには必ず登場するサラダです。グレービーが絡むと美味しさが倍増します。

Dsc03759_edited

<材料>

メークイーン      3個~

玉葱          1/4個~

セロリの芯のところ (刻んで玉葱と同量) 

ドレッシング

  酢        20cc

  シェリー酒   20cc

  サラダオイル  60cc

  塩        小匙1

  マスタード   適宜 

  ディル     適宜

<作り方>

①じゃがいもは皮のまま両端を少し切り落とし水から湯がきます

②玉葱、セロリの芯の柔らかいところを細かく刻みます

③ドレッシングを用意します、ディルを刻んで入れます。なければパセリでも良いです。

④じゃがいもは熱いうちに皮を剥き薄切りにします

⑤器にじゃがいもを薄く広げて入れ上に玉葱とセロリをふります

⑥ドレッシングを大匙1振りかけます又じゃがいもを並べて玉葱、セロリ、ドレッシングと繰り返して積み上げていきます。

お好みでマヨネーズを入れる場合はオイルを控えて下さい。

豪華に作るにはゆで卵、きゅうり、トマト等を飾って下さい。

母と同じ先生に付いて御料理のお稽古をしていましたが、1度も一緒に習うことが無くお互いに違う日にお稽古に行っていました。これは母のポリシーであったようです。

今は無き母のレシピノートを見ています。私も沢山のレシピノートが有ります、火事にでもなったら先ず1番に持って逃げるでしょう。私のとても大事なものです。

無くなれば買い直すことが出来ない、何十年分の私の知識です。

←御料理好きの方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

阿波尾鶏のバジルソース

朝から私は催し物に出掛けていました。

Dsc03745_edited

気がついたら3時でした。お腹が空いたはずだと思いお店に入って注文したランチがまずくて半分も頂けませんでした。

残り少ない人生の1食を損した気分です。

気を取り直して夕飯のお買い物をして帰路に着きました。

鶏肉にもブランドが色々ありますがその中に徳島地鶏の阿波尾鶏というのがあります。

今夜は皮をパリパリにガーリックソテーにして先日作ったバジルソースを添えています。

Dsc03753

私はさすがにお腹が空かないので家人の分を1口お味見した程度ですよ。

これはマヨネーズで和えるサラダとちょっと違うエレガントなポテトサラダです。

Dsc03760

シェリー酒、酢、オイルなどで作るドレッシングです、今夜は疲れているため勝手ながら明日UPいたします。

←今週末のお休みに期待して明日もう一日頑張ろうと気合いを入れている方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あぶらめの葛たたき

御料理のお稽古に行ってきました。

端午の節句のお飾りがされていました、ご主人の初節句のもので70年前の物だそうです。(関西では旧暦でお飾りしますので5月中は出しておきます)

Dsc03725_edited

お蔵に仕舞ってあった物は痛みが無く保存状態が素晴らしく良いです。

碗物としてあぶらめの葛たたきを作りました、私の好物です。

Dsc03712

青物として山菜の「こしあぶら」を使っています、珍しい山菜ですね。

もう一つ珍しい食品は新茶ご飯に使う「薄葉」です。

Dsc03709_edited

茶臼で挽く前の抹茶の茶葉のことで、てん茶とも呼びます。てん茶は玉露と同じく5月に茶園に覆いをして丹精込めて育てられ、年に1度だけ手摘みされ、揉まずに葉のままの形で蒸して乾燥させた物です。

炊きたてのご飯に少し塩をしてお茶碗に盛り、上から薄茶を振りかけます。上品な薫りが立ちます。

Dsc03714_edited

先生が宇治の小山園へこの茶摘みを見学にいらっしゃいました、お陰で珍しい物を頂くことが出来ました。

←日本茶が好きな方はポチリとどうぞ、朝は絶対コーヒーという方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

ミスジをポン酢で

今日は無性に炒めたお肉を食べたくなりお肉屋さんへ行きました。

「美味しいお肉ありますか?」と訳の判らない失礼なことを言う私です。気の良い若い店主は「神戸牛のミスジがあります、甘いですよ」と薦めて下さいました。

お肉が甘いと言う経験をなさった方は有りますか?とろけるように柔らかいとテレビのグルメ番組でよく聞きますが甘いとは聞かないですよね。

焼肉店では頂く事がありますが、スーパーでは見かけないミスジという部位を目の前でスライスしていただきました。

Dsc03727

新玉葱も炒めました、ポン酢と大根おろしを添えて。

Dsc03744_edited

お肉で青ネギをくるんでおろしポン酢を漬けて、カロリーの事も忘れて頂いてしまいました。成るほど!と納得のお味でした。

朝採り茄子と三度豆の胡麻和え

Dsc03737_edited

絹揚げとしめじ、菊菜の煮物

Dsc03731_edited

どうして突然お肉が食べたくなったのか解りました、昨夜テレビで大食い対決の番組をちらっと見たのです。その時にポン酢と大根おろしで食べると言うのを耳にしたからです。

単純です、そんなことで洗脳されたのでしょうか。

←今夜お肉を召し上がった方はポチリとどうぞ、昨夜か明日召し上がる方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストランのミネストローネ

昨日夕飯が終わってテレビを観たら”超魔力VS超能力”と言うのをやっていました。魔力は興味が無いのですが本物の超能力には興味が有るので見ていました。

アメリカの盲目の少年がまるで見えているかのように生活をしている様子を検証していました。その秘密は舌を鳴らして音の反響でイルカやコウモリと同じように物の形状が解るそうです。

バスケットボールや自転車も自由にこなせます、驚くことにテレビゲームも弟を負かしてしまう腕前です。

素晴らしい能力だと思いました、それに彼は前向きな明るい青年に見えました。家庭も裕福そうでした。

Dsc03704 

昭和58年にレストランでのお稽古で習ったミネストローネです。現在ではレシピも変わっているかも知れませんが懐かしくて作ってみました。

<材料>    8人~10人前

豚バラ薄切り   (細切り)      100g

ニンニク      (みじん切り)   1片

玉葱        (みじん切り)    1/2個 

にんじん      2~3ミリの角切り 100g

大根            〃       100g

セロリ           〃       1本

白ネギ       みじん切り     1本

インゲン       小口切り      50g

じゃがいも      2~3ミリの角切り1個

トマト(皮を剥き種をとる) 〃      2個

生米          大さじ2

キャベツ        2枚

ビーフコンソメ     2L

塩、胡椒

オリーブオイル

パセリ         みじん切り

<作り方>

①深い鍋にオリーブオイルを入れて豚肉、ニンニク、玉葱を炒める

②人参、大根、セロリ、白ネギ、を入れて炒める

③水2Lと固形ブイヨンを6個いれトマトも入れて15分煮ます

④じゃがいも、インゲン、米を加えて30分煮ます、最後にキャベツを入れて煮ます。

⑤器に盛ったらパセリのみじん切りを散らします

ミネストローネの基本というお味です、トマトの水煮缶を使ったりトマトペーストで簡単に作るものよりしっかり炒めている分野菜の甘みが出ています。実に優しいお味です、体や神経が弱っているときに頂きたい癒しのスープです。

その他は・・・

茄子のマリネ

Dsc03694

鶏肉ときのこソテー

Dsc03697_edited

パスタジェノベーゼ

Dsc03703_edited

ベランダのバジルではとても間に合わないので2パック買って作りました。

これも又食後のテレビ(NHK)ではミキサーにかけてジェノベーゼを作っていました。

私はフードプロセッサーで作るのでつぶつぶ感がありますがお好みでしょうね。

白ワインをしっかり冷やして頂きました。

←パスタを注文するときにジェノべーゼを頼むとカルボナーラも気になってしょうがない方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

新キャベツの甘酢和え

朝9時の目に浴びる紫外線の強さはお昼の2倍だそうです。これからはお洗濯を干すときにはサングラスをしなくてはなりませんね。

白内障予防の為のサングラスはレンズの色の薄い物の方が良いということです。私は知らずに今回色の濃い殆ど黒の物を買ってしまいました。

日曜日は暴飲暴食でしたので、月曜日は我が家でもまた干物と繊維質たっぷりのきのこ鍋です。

葉物が無かったので新キャベツの甘酢和えを作りました。

Dsc03682_edited_2

<材料>

新キャベツ   4~5枚

すり胡麻     大匙2

砂糖        大匙1

酢         大匙1,1/2

薄口醤油     大匙1/2

<作り方>

①キャベツは4センチ角位に大きく切り熱湯に塩を入れて湯がきます、キャベツを入れて再びお湯が沸きそうになればざるに取ります

②胡麻酢を作り温かいキャベツを混ぜます

新キャベツのシーズンには頂きたい簡単な御料理です。

干物・・・鮭のはらす、真鰯一夜干し、鯵。毎日頂いても美味しいです。

Dsc03680_edited

きのこ鍋の中身はブナピー、舞茸、えのき、大粒ナメコ、名古屋コーチン、大根、新ごぼう、新玉葱、もめん豆腐、ネギ

Dsc03676_edited

大粒ナメコがトロッと美味しかったです。買ってきたお赤飯も久しぶりに美味しかったです。

カロリーの低い夕食でお酒もビールだけにしました。

これで間食をしなければ良いのですよね・・・それは良く解っているのですが・・・

←デザートを召し上がった方はポチリとどうぞ、私のように我慢をしてイラッ!としている方もポチリとお願いいたします。は~ぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

BBQ(バーベキュー)パーティー

今日は那覇以外では全国晴れの様です。週明けとしては気持ちの良いスタートとなりました。

昨日は夕方から友人宅でバーベキューパーティーでした。新参者の私たちでさえ25年以上のお付き合いで、古い方なら50年来のお付き合いという5カップルが集まりました。

色んな種類のお花が美しいイングリッシュガーデンのようです。

Dsc03664_edited

Dsc03661

Dsc03662_edited_2

今回は私たちも老人となったので小浜の「田村長」から取り寄せられた干物中心のバーベキューとなりました。

Dsc03658_edited

お取り寄せで鳥取から届いたという子持ちのモサ海老です。初めて頂いた海老でしたが頭から頂ける殻の柔らかい美味しい海老でした。レモンとお塩で。

Dsc03656_edited

お肉は少し。

Dsc03659

スモークサーモン、チーズ、も有ります。バゲットもホイルに包んで美味しいオリーブオイルを漬けて。

ジャージャー麺・・・中にハム、きゅうり、もやしが入っています。

おにぎりとお漬け物各種。私の担当はグリーンサラダです。

7時頃には寒くなってきたので家に入ってデザートタイムです。

リビングの壁にはお庭の花をさした花器が掛かっていました、参加者の男性の作品です。

黄色のお花と良くマッチしています。

Dsc03675_edited

鯉のぼりのパイ、アップルパイ、果物(すいか、ゴールデンキィーウィー、グレープフルーツ、アメリカンチェリー)柏餅、金柑

Dsc03666_edited

健康器具好きのお宅なので沢山有ります、みんな順番に色んな器具を使って癒していました。

まるで老人施設の様と言って爆笑でした。

6時間の楽しいパーティーは10時にお開きとなりました。

←バーベキュー好きの方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

鰯の辛煮

垂水漁港の昼網に出会いました。

ぴちぴちと跳ねているお魚たちを買い求めました。

鯵ときゅうりの向こう付け

Dsc03632

鰯の辛煮

Dsc03626_edited

めいたカレイの唐揚げ、天つゆ・・・頭以外は全て頂けます。

Dsc03636_edited

肉じゃが

Dsc03624_edited

小松菜の煮物

Dsc03630_edited

自家製ぬかずけと白菜の漬けもの、博多の明太子

Dsc03639_edited

鰯の辛煮

<材料>

実山椒

梅干し

新ごぼう

煮汁   酒      10
             :

      薄口醤油 0,3
             :

      濃い口   0,7

①鰯の頭を手でちぎって内臓も取り出します

②新ごぼうは4センチ長さにきって2~4割にします

③鍋にごぼうを敷いて上に鰯を並べます

Dsc03620_edited

④熱湯をかけて蓋で抑えて湯を捨てます

⑤梅干しをちぎって入れて、実山椒も入れます、鰯がかぶる程度に調味料を入れます

Dsc03621_edited

⑥強火で沸騰させ後弱火で汁気が無くなるまで煮ます

今日は実山椒を入れ忘れています。

母の日に子供達が集まってきて賑やかな夕食でした。

←母の日のプレゼントを考えている方、感謝をしているだけの方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

ロックフォールでワインを

突然チーズが食べたくなりました。

先日家人が買っていたロックフォールでワインを飲みました。レーズンパンとドライイチジクと共に。ブルーチーズの様に塩分の強いチーズには甘いドライフルーツやナッツがあいますね。

Dsc03603_edited

鶏胸肉のマリネ

Dsc03598_edited

ドリア・・・今日は肌寒く感じたのでドリアにしました。彼の分には中に玉子を忍ばせておきました。

Dsc03613_edited

サラダ ディルドレッシング。ベランダでハーブを育てだしたので結構重宝しています。マリネに乗っているミントもベランダ産です。

今朝はサンドイッチにサラダ菜を摘んで入れました。この時期は成長が早くド素人の私でも何とか世話ができています。

Dsc03607_edited

極簡単な夕食です。

午前中に百貨店で買い物があり、お昼から英語のレッスン。終わってから1時間お茶して5時から歯医者さんでした。

歯のクリーニングに行ってきました。自宅に帰り着くと6時前になってしまったのでこの様な献立です。

←明日お休みでのんびりと週末を楽しんでらっしゃる方はポチリとどうぞお願いいたします。毎日のんびりしてる方もどうぞ宜しく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

あいなめの南蛮漬け

あいなめ(関西ではあぶらめといいます)の稚魚が出る季節です、昨日見つけたので南蛮漬けにしておきました。

Dsc03589_edited

大きな物は3枚におろした後骨切りをし、それを葛たたきにしてお吸い物にすると上等な椀物です、これにジュンサイが入れば最高です。吸い口には青い柚子でしょうね。

美味しそうな絵を想像したところで今夜は・・・

ほうれん草胡麻和え

Dsc03584_edited

蒸し鶏和風サラダ・・・きゅうり、セロリ、もやし、ハムを和風ドレッシングと柚子とんがらしであえました。

Dsc03580_edited

揚げ出し豆腐・・・シシトウは低温から揚げていけば皺にならず色よくあがります。

Dsc03593_edited

あいなめの南蛮漬け

Dsc03590

<材料>

あいなめ

小麦粉

玉葱、にんじん、ピーマン、セロリなど適宜

酢    100cc

出し汁  100cc

砂糖   大匙2

味醂   大匙1

薄口醤油 大匙1

濃い口醤油 大匙1/2

鷹の爪輪切り  適宜

<作り方>

①漬け酢の材料を鍋に入れて沸騰すれば深い容器に入れておきます。

②野菜は全て千切りにします。

③あいなめに小麦粉をまぶして油でゆっくり揚げます、中指大のもので5分、手のひらより大きな物は10分程度揚げます。

④①に揚げたあいなめを漬けて上から②をかけて漬けます。

1日漬けておいたので頭から全部頂けます。

冬眠させておいたぬか漬けを地下から出してきて水茄子ときゅうりを漬けました。

Dsc03576_edited

塩辛くて頂けません、これから糠を足しながらならして行かなくては美味しく頂くことが出来ません。

雑穀米にじゃがいも、玉葱、若布、アスパラガスのお味噌汁。柚子大根、柴漬け、花山椒の佃煮です。

Dsc03596_edited

買い置きの日本酒が有ると思っていたら切れていたので今夜はビールの後はご飯です。

お家ご飯は野菜を沢山採ることが出来ますね。今夜は15種類以上は使っていると思います。

←今夜は野菜不足と思った方はポチリとお願いいたします。明日は沢山どうぞ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

なんこつ天

全く夕方になってもお腹が空かない私ですが夕食を作らないわけにはいきません。

決まっているメニューは頂き物のなんこつ天だけです。

お昼は外食でした、どうしても野菜が少ないので野菜のメニューにしました。

Dsc03568_edited

アスパラガスのおしたし

筍の木の芽和え

菊菜の白和え

博多なんこつ天

Dsc03572_edited

初めて頂きました、(有)豊島蒲鉾のものです。農林水産大臣賞を受賞した物だそうです。

レンジでチンして白髪ネギを乗せました。

鶏1羽から1個しか取れないなんこつとすり身を混ぜて合わせて揚げてあります。

コリコリとフワッとした食感が何とも美味しいのです、これはビールでもお酒でも合います。

博多でしか手に入らない物なのでしょうか。

他に今日買ってきたアイナメで南蛮漬けを作りましたが良く漬かった方が美味しいのと満腹なので明日に回します。

←今日は暑かったですね、車や部屋にクーラーを掛けた方はポチリとどうぞお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ風ライス

今朝は年に1度の人間ドックを受ける為に病院へ行きました。

採血の前日に玉子系を取りすぎて失敗しましたが結果は1週間後です。

今回 初めて鼻から胃カメラをしました。

Dsc03550_edited

口からの時は麻酔注射をしていただくので終わってから30分くらいはベッドで眠っていました。

それに比べると終わったら直ぐ帰ることが出来ますから、時間の短縮になります。

家人と待ち合わせまでの時間を利用して駅前ビルに入り「Day Fit」で振動マシンを10分間ブルブルしました。昨夜9時から何も口にしていないしブルブルしたのでヨッシ!

お昼はお腹が空いていたのでしっかり食べたくてビストロへ行きました。

Dsc03562_edited

Dsc03553_edited

雑誌で見てから、先日お昼に来たのですが2時過ぎで営業は終わっていました。

美味しそうなメニューですが今日は頂いたことのない、有名なトルコ風ライスを注文しました。

Dsc03554

これがトルコには無いというトルコライスです。

チキンライスに少しカレー風味がします、上に柔らかくて美味しいビフカツがのっています。

ご飯は2人前くらいあります、とても美味しいですが我慢して残しました。

家人の牛カツチーズ焼きです。

Dsc03557

彼がもう既に1切れ食べた後です。これも美味しいのですが我々には多い量です。

サラダとノンアルコールビールも頂きました。

お店に入ってオーダーし、まだ料理がテーブルに来てない時に家人は私に言いました「今日の夜は何食べる?」って。

そんなわけで満腹にもかかわらず食料品を買い出しに行きました。

その後彼の度付きサングラスが出来たというので高速に乗りひとっ走りして取りに行きました。

Dsc03566_edited

外の温度は29度です。

←半袖の方はポチリとお願いいたします、ソフトクリームが食べたい方もどうぞ宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

赤ピーマンの明太子和え

昨日昼食を取りながらテレビを観ていたら料理番組で赤ピーマンの明太子和えというのをやっていました。

ポテトと明太子を和えたサラダという物をデパ地下で見たことが有るのですが口にしたことがありません。

そのポテトと明太子にパプリカを焼いて皮を剥いたものとブロッコリーを加えていました。

興味が沸いてきましたので今日冷蔵庫にパプリカが有ったので分量は適当に私流で作ってみました。

Dsc03519_edited

明太子ソースは明太子、マヨネーズ、レモン汁、昆布茶で作りました。

お野菜はじゃがいも、パプリカ、アスパラ、セロリです。なかなか美味しい物でしたがヘルシーでは無いですね。

生ハムとルッコラ。

Dsc03533_edited

昨日家人に横取りされて少ししか食べることが出来なかった為今日もゴーヤチャンプル。

Dsc03528_edited

豚角煮丼、温泉玉子のせ。

Dsc03537_edited

私は1/4杯だけ頂きました。

自家製温泉玉子は温度計があれば簡単です。

①室温に戻した玉子を水から鍋にいれて火に掛けます。

②65度~70度になればその温度を保ったまま13分湯がきます。

③氷水に取ります。

これで失敗無くできます。

←トロリとした玉子にそそられた方はポチリとお願いいたします。

私は明太子に玉子と食べ過ぎでした、コレステロールが多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

鮪の山芋タタキ

Dsc03504_edited

今日は日中25度ありました、もう夏もようですね。

しっかりサンスクリーン対策しないと大変なことになりそうです、雨の日でも日焼け止めクリームは必須なのですよ。

ご近所に元タカラジェンヌがいらっしゃいますが色白で皺も殆ど目立たず(70才ですが)おきれいなのです。聞くと現役時代は日中は決して日向には出なかったそうです、レッスンなども光が入らないお部屋だったそうです。

結局日焼けがお肌には一番の大敵ですね。

しかし主婦の私は12時前から買い出しに1時間歩いていました。

新鮮なお魚を買ったので今夜はお魚中心の献立です。

さより、セロリ、きゅうりの加減酢

Dsc03494_edited

ひじきの煮物・・・鶏胸肉、松山あげ、人参、三度豆

Dsc03491_edited

今年初めてのゴーヤチャンプル・・・ベーコンで炒めました。

ゴーヤが苦手だった家人ですが今日は私の為に作ったゴーヤチャンプルを美味しいと、横から沢山食べました。

Dsc03500_edited

蓮根の煮物

Dsc03506_edited

九州のお土産に頂いた呼子「木屋のいかしゅうまい」です。

Dsc03511_edited_1

キャベツを敷いてカリフラワー、アスパラガス、マッシュルーム、人参等と一緒に蒸し、辛子ポン酢で頂きました。

鮪の山芋タタキを紹介します。

Dsc03504_edited_1

鮪の山かけは山芋をすり下ろします、すり鉢やすりこ木を出さなくてはなりません。面倒です。

それより山かけはドロッとして頂きにくくないですか?

そこで山芋を叩くと食べやすくなり歯触りがよく私は気に入っています。

皮を剥いた山芋を酢水に漬けてペーパータオルで拭きます。

薄切りしてから千切りにしてみじん切りにします、最初の薄切りを上手く切ると後がやりやすくなります。

頂くときにもみ海苔とたまりをかけます。

←和食は良いなと思って下さった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

台湾料理で夕食

今日は1日雨でしたが、友人がスーパー銭湯へ誘って下さいました。

30分コースの韓国式あかすりを含む2時間40分の入浴時間です。

生ビールを飲んだ後元町まで移動して今度は私が台湾料理店へお誘いです。

Dsc03449

昨日予約を取ろうとしても満席で断られましたが今日は空いていました。

Dsc03454_edited

奥の席は隠れ家のようでワクワクしてきます。

Dsc03450_edited

カーテン越しに注文しました。

Dsc03487_edited

自家製XO醤、御料理が来る前に摘んで1瓶空にしてお代わりしました。

Dsc03476_edited

御料理が出来たらカーテンを開けて出してくれます、直ぐさま閉められました。

これは砂ズリの煮こごりです。この次ぎにとろっとしたピータンが出てきました。

Dsc03455_edited

腸詰めです、柔らかいです。

Dsc03457_edited

からすみ、しっとりしてホンワリ温くて美味しいです。大根の甘酢漬けと白髪ネギ、インサイと共に頂きます。

Dsc03458_edited

鶏の足、モミジです、美味しいので煮込み料理を追加しました。

Dsc03460_edited

青菜炒め、シャキッシャキ感が伝わりますでしょうか?

Dsc03461_edited

鶏から揚げユーリ-ソース、パリパリで甘酢掛けがおいしいです。

Dsc03462_edited

千切り大根の卵焼き、初めてお味です、千切り大根の歯触りがよろしいです。

Dsc03463_edited

豚足、トゥルントゥルンです、明日はお肌が綺麗になっていそうです。

Dsc03464_edited

なまこと筍煮込みです、なまこの大きさにビックリでした。

Dsc03467_edited

チャーハン、1人で1皿頂いてしまうほど美味しいです。

Dsc03469_edited

担々麺、細麺でコシがあり食べ終わるまでしゃっきりしてました。

Dsc03471_edited

焼きそば、出てきたとたんの香りが良くお箸が進みました。

Dsc03473_edited

まだお粥を頂きたかったのですが次回の楽しみに取っておきました。

デザートにマンゴプリンを頂きました。ビールと樽詰め紹興酒をデキャンタで3本飲みました。

御料理は4人で14皿注文していました、頂きすぎだと思います。

←台湾に興味の有る方、行ったことの有る方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏用のお箸置き

1年中同じお箸置きでは飽きてきます、夏用のお箸置きを出しました。

ガラスとシルバーの物とバリ旅行で買ったジェンガラ焼きの物です。

Dsc03444_edited

片付けていたら買ったまま使っていないデザートフォークを見つけました。

クリストフのでした、何処のセールで買ったかは思い出しましたが何年前かは忘れました。

Dsc03441_edited

綺麗です。

←食器好きのかたはポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

trattoria LETTOで夕食

今夜は友人夫妻とトラットリア レットで食事をしました。

連休中に太ったとか愚痴りながらもみなさんしっかりオーダーしました。

今日は暑かったのと登山帰りの人が居たので先ずは生ビールということで。

Dsc03415

私の前菜はアボガト好きとしては外すことが出来ないマグロとアボガトのタルタルです。

Dsc03418_edited

家人は鯵の香草焼き

Dsc03421_edited

私のパスタはからすみとこのわたのアリオリオです。ピリ辛で美味しかったです。

Dsc03423_edited

家人はチーズのショートパスタです、チーズが美味しくてみんなで最後まですくっていただきました。

Dsc03426

友人のイベリコ豚・・・油が美味しいです。

Dsc03427_edited

私はスカンピをサラダ仕立てにしていただきました。

Dsc03429_edited

家人はポルチーニ茸のソースです

Dsc03433_edited

友人は牛ほほ肉のワイン煮のリゾットです。

Dsc03434_edited

家人だけもう一皿ラムです。最後の御料理としては玉葱とアスパラの油が重たく感じました。焼いた方が良いように思います。

Dsc03435_edited

エスプレッソ、美味しいです。

Dsc03437

私のデザート

Dsc03438_edited

友人のデザート

Dsc03439_edited

ワインを2本飲みおしゃべりを沢山して楽しい夕食でした。マダムは私たちが前回飲んだワインの銘柄まで覚えていらっしゃいました。

連休も後1日だけです、楽しみましょう。

←もう疲れたと言う方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家人作のお弁当

毎週六甲山に登っているというお友達に付いて、家人は今日行くそうです。

2人分のお弁当を作っていました。初めての事なので記念撮影をしました。

Dsc03412_edited

Dsc03414_edited

ご飯の間にカツオ節が挟んであります。

←何処か懐かしいおじさんのお弁当だと思われた方はポチリとお願いします。

家人が喜びます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年5月 4日 (金)

イランのコーンサラダ

昨日友人がお庭から摘んできて下さったお花(クレマチス)を義母作の1輪差しに生けてくれました。

祝日なので「寿」は打って付けでしょうか。

87才の今も達筆で、お手紙の字が読めなくて困ることがしばしばです。

Dsc03395_edited

昨日は大人、子供あわせて12人分の食事を作り、2時から10時半まで飲んで食べての1日でした。

忙しかった分少し増えていた体重が今朝は戻っていたので嬉しかったです。

今日は昨日に打って変わって怠惰な1日を過ごしています。

しかし考えるのは夕飯には何を食べようかな?です。

メロンと生ハムのジャンボン

Dsc03401_edited_1

貝柱とキノコのソテー、バルサミコ酢

Dsc03409_edited

以前イラン人のお友達に習った料理のレシピを見ていました。

コーンサラダの材料が有ったので作りました。

Dsc03402_edited_1 

<材料>  

スイートコーン缶  大1缶

ツナ缶        大1缶

三度豆        50g

トマト          2個

レタス         1玉

塩、胡椒

マスタード

オリーブオイル   大匙3

酢           大匙1

<作り方>

①三度豆は湯がいて冷まして2センチにきります

②トマトは皮を湯むきして1口大に切っておきます

③コーンは缶からだし水を切ります

④ツナは油をきってほぐします

⑤レタスは洗ってちぎり皿に敷きます

⑥①②③④をよく混ぜ合わせてマスタード入りフレンチドレッシングを作り振りかけて混ぜます、新玉葱のみじん切りも加えて作りました。

⑦⑤のレタスの上に盛ります。

今夜は2人だったので半分量にしましたが美味しく全て頂いてしまいました。

頂き物のコムシノワのパンです、上質のオリーブオイルに付けて頂きました。

Dsc03411_edited

ブルーチーズと赤ワインで休日をのんびりと楽しみました。

←明日もお休みでのんびりとお過ごしの方はポチリとお願いします、毎日のんびりの方も、明日もお仕事でお忙しい方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

お祭りの料理

今日は神社のお祭りです。

鳴り物が聞こえてのんびりした気分ですが、一歩外へ出ると車の渋滞です。

お客様が大勢見える様なので朝から買い出しに行きましたが渋滞を避けても又渋滞でした。

夜のだんじりの模様です。11台のだんじりが集まりました。明日は宮入です。

Dsc03377

Dsc03383

Dsc03391

今夜の宴会の御料理です。

キノコとほうれん草、ベーコンのキッシュ

Dsc03345_edited

パロマ産の生ハム、スモークサーモン

Dsc03347_edited

穴子、沢庵、大葉を和えています

Dsc03350_edited

蛸ときゅうりの酢の物

Dsc03356_edited

鳥貝と水菜の辛子酢味噌

Dsc03361_edited

ぶっちぎり干し大根

Dsc03363_edited_1

豚角煮、大根、煮卵

Dsc03364

淡路の穴子、舞茸、茗荷、三度豆、シシトウ、さつまいもの天ぷら

Dsc03368_edited

イカしゅうまい

Dsc03370

後はお漬け物とご飯で締めています。

←故郷のお祭りを思い出し懐かしくなった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

蛸の刺身

明石の真蛸のお刺身です。

蛸はお刺身と言っても生ではなくて良く塩で揉んで洗ってからサッと湯がいてあります。

おろし生姜と二杯酢で頂きます。付け合わせはきゅうりを揉み瓜にしたものと茗荷の千切りです。スダチが有れば良かったのですが、レモンで代用しました。

Dsc03329

この器は今日お知り合いの方から頂きました。このサイズの角皿を持っていなかったので嬉しいです!

三重県の伊賀焼き・・・普門窯の峰 興得氏の作品ですが彼女の叔父様だそうです。

是非今日使いたいと思い夕飯の食材を買い出しに行きました。鱒の木の芽焼きを盛りたいと思ったのですが昨日鮭を焼いた物で諦めて蛸にしました。

しかし色味が良くなかったですね、頂いた方にゴメンナサイです。

リベンジしますから待っていて下さい。

金沢「不室屋」のすだれ麩の炊き合わせ・・・しめじ、菊菜

Dsc03323_edited_1

すだれ麩は変わった食感ですが私は京都の生麩の方が煮物にしたら美味しいと思います。

魚久の銀鱈の粕漬け、自家製山椒の佃煮

Dsc03335_edited

ご飯が食べたくなります。

丹波篠山のぶっちぎり干し大根の炒め煮

Dsc03341_edited

みが厚く歯触りが有る切り干し大根です、特有の匂いが苦手な家人もこれは美味しいと平らげました。

今日は美容院へ行ったところ友人に会いました、私は久しぶりにヘヤースタイルを変えました。

家人は全く気づいていません、ガッカリです。丸坊主になれば気づくのでしょうか。

←美容院から帰って直ぐパートナーから褒めていただいた経験のある方はポチリとどうぞ、

全く気づかない鈍感なパートナーでも~っ!とおもっている方も憎しみを込めてポチリとどうぞお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

辛塩の鮭

最近塩鮭の塩分が少なくなってきているように思います。甘塩がもてはやされる昨今、お茶漬けにはやはり辛塩が美味しいとおもいます。

しかし中塩や甘塩は売っていても辛塩は少ないのです。(甘塩、中塩、辛塩、早口言葉のようになってきました。)

辛塩を見つけたら突然ご飯が食べたくなり買い求めました。今夜はお酒よりご飯にあう献立です。

田村長の小鯛の笹漬けときゅうり、茗荷の酢の物

Dsc03307_edited

ミンチと玉葱入りオムレツ

Dsc03312_edited

筍とワラビの煮物

Dsc03306

友人が摘んできたものをいただきました。柔らかくて美味しかったです。

昨日植えたばかりの木の芽が早速活躍です。

鮭の塩焼き

Dsc03301_edited

ご飯が進みますが血圧には悪そうです。

若布、しめじ、豆腐の味噌汁

Dsc03316_edited

塩分を洗い流すキノコと海藻を一緒にとったので少しはましでしょうか。

今夜は10時からの夕食でしたがお酒もご飯もしっかり頂きました。

明日の朝体重計に乗るのが怖いですね。

←毎朝体重を量っているという方はポチリとお願いいたします。成るがままと言う方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏胸肉のしそ風味レシピ

20年以上前のレシピで作った鶏胸肉のしそ風味が最近頂いていない様な新鮮なお味でした。

Dsc03294

油も使わず、胸肉を使い皮も除くのでカロリーが少なくなります。

生クリームを使いますが量はお好みですので思うようにカロリーが調節できます。

<材料>  4~6人分

鶏胸肉     2枚

ベルモット(EXTRA  DRY) 1カップ

水        2カップ

固形チキンブイヨン 1個

玉葱      1/3個

人参      1/3本

セロリ      適宜

大葉       3枚~

卵黄       1個

生クリーム    適宜

レモン汁     適宜

塩、胡椒

片栗の水溶き  適宜

<作り方>

①野菜は薄切りにします

②鍋にベルモットと水、固形ブイヨンを入れて①の野菜も入れて一度沸騰させておきます

③鶏肉は皮を取り除いて鍋に入れ、10分煮て取り出します

④斜めに薄く削ぎきりしてお皿に並べます

⑤煮汁を1カップ濾して別の鍋に入れて少し煮詰めます(味を見て下さい)

⑥片栗粉の水溶きで薄くとろみを付けます

⑦鍋を火から下ろして卵黄を加えて混ぜて又火に掛けます

⑧大葉の千切りと生クリーム適宜を加えて味を整え最後にレモンを絞って味を引き締めます

⑨並べた鶏の上にかけます

バターライスを添えていただきます。

久しぶりに作ったのですが、もっと出来るだけ薄く削ぎ切りした方が良かったと思います。

←ベルモットが無いわと思った方はポチリと、マティニを想像した方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »