« 豚の冷しゃぶサラダ | トップページ | 新玉葱とフルーツトマトのサラダ »

2007年5月23日 (水)

京懐石を楽しんで

世間は温かいと言うのに風邪気味の私は着込んで京都へ出掛けました。

月に1度の懐石を頂きに行ってきました、混んでいてカウンターしか予約できていません。

私の席は丁度小磯良平さんの絵の前でした。

Dsc03993_edited

5月なので兜の器で先付けがでました。お箸置きはちまきです。

Dsc03997_edited

中には長いも豆腐とウニが入っています。

Dsc03996_edited

碗物は鱧です。

Dsc03998

向こう付けはつばす、鯛、いか。兜鉢に盛られています。

Dsc04000_edited

素晴らしい陶器の重箱です。この作家さんはもういらっしゃらないので貴重な品です。

Dsc04002_edited

八寸(2人分)・・・鯵のきずし、蛸と叩きオクラにずいき、一寸豆、八幡巻き、菊菜とこんにゃくの白和え。この白和えは何処よりも美味しいです。

Dsc04005_edited

笹寿司、ちまきの細かい巻き方に何時も感心しています。

Dsc04003_edited

今年初めての鮎です、2匹目は炭の上に笹を敷き詰めて焼いて出てきます。頭から頂けます。

Dsc04012_edited

鰹のたたき

Dsc04014

賀茂茄子、万願寺とうがらし、ワラビの炊き合わせ。新生姜を天盛りにしてあります。

Dsc04015_edited

ワラビご飯

Dsc04017_edited

水茄子、きゅうり、沢庵の香の物、ジュンサイの赤だし

Dsc04016_edited

巨峰、マンゴ、バナナのプリン、ミントのジュレが掛かっています。ミントの葉をのせるのではなくジュレにしてあるのが素敵です。

Dsc04018_edited

菓子・・・水ボタン

Dsc04019_edited

お抹茶

Dsc04021_edited

80歳代のご婦人達のグループが2組8人くらい来ていらっしゃいました、(中には90代のご婦人も)東京からお越しの方もおられました。皆さんお元気で楽しそうにお酒も召し上がってました。

お帰りには来月の予約をなさっていました、偶然にも私たちと同じ日で6月に又お会いできます。

私もあの年齢になって同じように出来れば幸せですね、あやかりたい物です。

和食は手が混んでいますね、改めてそう感じます。

←和食好きののかたはポチリとお願いいたします。

|

« 豚の冷しゃぶサラダ | トップページ | 新玉葱とフルーツトマトのサラダ »

「和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/6525916

この記事へのトラックバック一覧です: 京懐石を楽しんで:

« 豚の冷しゃぶサラダ | トップページ | 新玉葱とフルーツトマトのサラダ »