« マリオット アソシア ホテル | トップページ | 大井の牛鍋 »

2007年5月21日 (月)

鰻のひつまぶし

名古屋と言えば「鰻のひつまぶし」が有名ですが、私は本物を頂いたことがないので名古屋の友人に是非とも連れて行って下さるようにリクエストをしていました。

招待して下さったのは有名な「蓬莱陣屋」本店でした。

Dsc03826

Dsc03827_edited

お店の門に近づくともう良い匂いがしてきて、食欲をそそります。玄関前に人影が無かったので空いていると思ったのもつかの間、中に沢山の人が並んでいました。

4時半からの営業です、5時過ぎに着いた私たちは予約を入れてあったので並んでる方々には申し訳ないのですがお部屋に通していただきました。

私たちはうなぎの懐石料理で予約していただいてましたが、聞くとひつまぶしのみの方は予約が出来ないそうです、

先ず出てきたのが鰻ざく(うざく)です。

Dsc03829_edited

Dsc03831

鰻は東京風の焼き方でとても美味しいです。私は鰻は関西風より東京風が好みです。

ここでビールからもう既に地酒を冷酒で頂きます。きゅうりの酢加減が酸っぱすぎて鼻のてっぺんに汗がでました。

鰻の肝、5個も出てきました、今までパサッとして硬くて余り好きでなかった肝でしたがフンワリしていて美味しくみんな頂きました。

Dsc03833_edited

白焼きです、板長のアイデアでキャビアを乗せて生姜酢で頂くように成っています。

Dsc03845_edited

しかしこれはハズレです、私はシンプルに生わさびをたっぷり乗せて頂きたかったです。

鰻巻き(うまき)

Dsc03848_edited

アツアツのトロトロでこれは素晴らしかったです、お酒よりご飯が欲しくなりました。お味が少し濃い目なのですね。

次ぎに仲居さんが動く伊勢エビを指でグッと押さえてお披露目に来られました。

これがお造りに成るそうです。

Dsc03835_edited

「あの小さい海老は誰の所へ行くのか」等とワイワイ言って、フッと開いている障子の間から廊下越しに外を見ると・・・

Dsc03843_edited

門の外まで行列が続いていました。申し訳なくて障子を閉めました。

お造りが出てきました、伊勢エビ、鯛、トロです。

Dsc03837_edited

久しぶりの伊勢エビのお刺身、あっという間にたいらげてしまい、お向かいの男性の分まで頂いちゃいました。

いよいよ待望の櫃まぶしです。沢山入っています、こんなに頂く人は居るのでしょうか?

Dsc03850_edited

頂き方のレクチャーを受けます。

①お櫃のご飯を四等分に分けます

②1/4はそのままで頂きます

③次の1/4はわさびとネギ、海苔をのせていただきます

④次の1/4は③と同じように薬味をのせて更にお出汁をかけて頂きます

⑤残りの1/4はよく考えてお好きにどうぞ

と言うことでした。

では1/4をお茶碗に取り1口頂きました、身は柔らかくてとろけそうなのに表面はパリッとしています、もう一口!これはパーナーで身の表面を焼いている様に思いますが如何でしょうか?

お店で頂かないとこのお味は解らないでしょうね、お持ち帰りにするとパリッとした食感が無くなりそうです。

1口目では半分は頂けそうかな、と思いましたがとても無理です。まだ最初の1/4なのに薬味をのせました。

その後お出汁をかけました、しかし意に反して半分も頂けませんでした。今なら充分にお櫃1杯でも頂けますが残念でした。

私たち6人中、男性2人が間食しました。その1人が家人でした、そのせいで夜には朝より2kgも体重が増えていたそうです。

鰻には普段山椒を振りかけますが、このお店には置いてありません。癖を消す必要など無いというプライドなのでしょう、私も必要では無かったです。

デザートです。

Dsc03853_edited

ここの櫃まぶしは気に入りました。次回は頑張って完食しましょう。(やはり無理かな?)

←櫃まぶしがお好きな方はポチリと、未経験で即チャレンジしたいと思われた方もどうぞポチリとお願いいたします。

|

« マリオット アソシア ホテル | トップページ | 大井の牛鍋 »

「和食」カテゴリの記事

コメント

わぁ、なんて言いますか・・・私のブログ仲間のオフ会が名古屋でありました(残念ながら私は不都合で不参加でした)。その時の場所が同じ蓬莱軒本店でした。それに泊まりがけで参加した方達が二日目に行かれたのが同じ味噌煮込みうどんのお店でした♪
こんなことがあるんですね。
楽しい時間を過ごされて何よりです。

投稿: ユムユム | 2007年5月21日 (月) 19時33分

ユムユムさま
全くの偶然で驚いていますが名古屋を代表する名店の2軒と言うことでしょうね。
名古屋話を聞くばかりでお気の毒です。
ご参加が叶わずに残念でしたね!
機会が有れば是非召し上がって下さい。

投稿: mikage マダム | 2007年5月21日 (月) 20時57分

2000年から2002年まで、2年間、主人が単身赴任で、名古屋にいて居りました。
その折に、連れて行ってもらった、お店で懐かしく拝見致しました。  私は、おだしでいただくより、お煎茶でいただくほうが、さっぱりしていて好きなのですが・・・味覚オンチなのでしょうかね。
こちら(関東)の、鰻は蒸してから焼きますが、蒸さずに焼いてある関西風の方が、ぱりっとしていて香ばしくて、美味しい・・と思ったのですが・・・
当時、名古屋のお店で夕飯に鰻と思い、お店で探したら、開いて焼いてある鰻が、どれも頭がついていて、腹開きで、驚いたのを思い出しました。マダムの記事を、拝見していて、本場のひつまぶし!いただきたくなりました。

投稿: ヒロコ | 2007年5月22日 (火) 02時14分

ヒロコさま
櫃まぶしは本当に美味しかったです。お煎茶をかけて頂いたことがないのですが確かにその方が良いかもしれません!
関西の鰻も腹開きですが頭は付いていません(笑)。蒸してないと身が硬いのです。私はフワッ、トロッがたまりません。

投稿: mikage マダム | 2007年5月22日 (火) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105655/6497639

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻のひつまぶし:

» 北海道の鮭 食べ方はたくさんあります 鮭児は 最高ですね [北海道、札幌からの旅情報]
北海道の鮭は、庶民の味でもあります。鮭は、1ヶ月の食事のなかで、食卓にあがらないことはまずないというくらい北海道では食べられている魚です。ただし、鮭でもいろいろランクはあります。中でも鮭児という鮭の名前を聞いたことありますか。鮭児は、けいじと読みます。訛ってけんちと呼ばれることもあります。卵巣、精巣が未成熟であります。漁獲量は普通の鮭1万匹に対して1~2匹程度しかなく、幻の鮭といわれている。その身は大変に脂が乗っており(脂肪率が通常の鮭2~15%に対し鮭児は20~30%)本当...... [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火) 11時14分

« マリオット アソシア ホテル | トップページ | 大井の牛鍋 »