« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月20日 (水)

お知らせ

昨年の5月に開設して以来毎日更新して参りました「Mikageマダムの夕食レシピ2006」の容量が無くなりそうなので「Mikageマダムの夕食レシピ2007」を増設し近々引っ越しを致します。

今まで応援していただいていましたからは消えていくことと成り誠に残念な事なのですが、これまでのように皆様の応援を頂ければ蘇るかも知れません。

どうぞこれからも「Mikageマダムの夕食のレシピ2007」を覗いてくださり1日に1度ポチリとクリックしていただければ大変嬉しく、励みにして毎日の更新を続けて参ります。

2006のデーターは残してありますので今まで通りレシピをご覧になれます。

新しい「Mikageマダムの夕食レシピ2007」はこちらから どうぞご訪問ください。

こちらをポチリとクリックしていただけるとうれしいです

| | コメント (0)

2007年6月19日 (火)

茄子のゼリー酢

中華のデザート「かめゼリー」ではありません。茄子のゼリー酢なのです。

Dsc04690_edited

黒酢を使ったのが悪かったのでしょうね、爽やかな1品を作るつもりが何だか見た目がグロテスクな御料理に成ってしまいました。今夜はレシピをUPするのは控えます、お味は良かったのですが・・・

さごし(鰆の小さい物をこう呼びます)のグリルフレッシュトマトソースは以前に紹介済みです。

Dsc04693_edited

ゴーヤチャンプル・・・ゴーヤ、人参、スパム、木綿豆腐、玉子

Dsc04701_edited

お豆腐1丁は多かったです、お豆腐だけお皿に残りました。次回は半丁にします。

家人のリクエストで脂肪燃焼スープを作りました、後1週間は食べなくては成らないほど大鍋に一杯作りました。

でも今夜は満腹で要らなかったようです。明日からひたすら脂肪燃焼スープを飲んでいただきましょう。

←脂肪燃焼スープの事をご存じの方はポチリとどうぞ御願いいたします。

| | コメント (0)

柏葉(かしわば)あじさい

Dsc04687

友人がお庭の柏葉あじさいを切ってくれました。あじさいには色んな種類がありますが、これは花と葉の形状がかわっています。特に葉が柏の葉の形をしているところから名前が付いたのでしょう。

Dsc04682

花台は泥棒が目もくれなかった物を我が家に持って帰りました。古い物で細工が綺麗です、くぎを1本も使っていません。

奥に見えるのは私の祖母の花嫁道具の「長持ち」です、いつの時代かにネズミがかじった跡があります。ちょっと不気味です。

←今日あじさいを見かけた方はポチリと御願いいたします。

| | コメント (1)

2007年6月18日 (月)

鶏ささみ、きゅうりの梅肉和え

今日は梅雨らしいお天気でした。四国の渇水が少しでも解消されればいいのですが。

雨にもめげず1時間半お買い物がてらウォーキングしてきました。色んなお花を見ながら行きはよいよいでしたが帰りは荷物が重たいし傘をささなければならず疲れました。

今日の爽やかな1品は鶏ささみ、きゅうりの梅肉和えです。

Dsc04671_edited

トマトとオニオンのバジルドレッシング

Dsc04667_edited

アスパラガスとベーコンのガーリック炒め

Dsc04679_edited

鰆の味噌漬け、先日漬けた新生姜甘酢漬けを添えています。

Dsc04681_edited

おから・・・土曜日に行ったお蕎麦やさんで頂いてきたおからを炊きました。手間が掛かりますが自家製は美味しいです。ごぼう、人参、こんにゃく、薄揚げ、きくらげ、鶏肉、川津海老、青ネギ

Dsc04675_edited

鶏ささみ、きゅうりの梅肉和え

Dsc04671_edited_1

<材料>  2~3人前

鶏ささみ    2本

きゅうり    1本

大葉      3枚

梅干し     2個

砂糖、

薄口醤油

煮切り酒

<作り方>

①笹身は酒を入れた熱湯で湯がいて冷めるまで漬けておき、手で裂きます

②きゅうりは板ずりして縦半分に切って斜め薄切りにします、塩をしておきます

③きゅうりがしなっと成ったら洗って絞ります

④大葉は5ミリ角に刻みます

⑤梅干しを裏ごしして砂糖、醤油で味を整え硬ければ煮切り酒で延ばします

⑥笹身、きゅうり、大葉を梅肉で和えます

大葉は千切りにするとダンゴ状になって混ざりにくいので角切りにすると良いです。

信号を渡っていると素敵な若い男性が「すみませ~ん!」と駆け寄ってきました。何事かしら?と足を止めてみると「青森の無農薬リンゴとジュースはいかがですか?」とのことでした。私は静かに微笑んで立ち去りました。

もっとドキドキすることが有るかと思いましたがキャッチセールスでした。

←その様なガッカリ経験の有る方はポチリと御願いいたします。

| | コメント (2)

泥棒が入った!

家人の実家は現在無人の状態で、有料老人ホームに居る母が金曜日に夏服を取りに行ったら1階の寝室のガラスが割られて家中が荒らされていたそうです。警察には夜電話をしておきましたが日曜日に私たちと息子夫婦で被害届を出しに行きました。

現場検証をすることになり派出所から2人鑑識から4人の6人で家中を見て回りました。テレビで見たように番号の付いた札を並べていました。

家人は荒らされている所を指でポイントして何枚も写真を撮ったそうです。思わずいい顔をしたとか。

私たちも指紋を採りました。裏口から交番までは20mも無い距離なのです、警察をバカにしていますね。

Dsc04637_edited

色の付いた物を手に付けるのかと思ったら無色のスポンジに手を押しつけて紙に写します。

Dsc04638_edited

私は初めての経験でしたが息子はスピード違反で数回経験があると聞きました、オバカさんです。

鑑識の結果泥棒は4人だったそうですから窃盗集団ですね、骨董品等には全く興味無かったようで床に転がっていました。

昨年の7月には私の実家に泥棒が入りました、物騒な世の中になりました。

人体に被害が無かったことは不幸中の幸いです。

皆様お気を付け下さい、貴重品は自宅に置かないことですね。

<←泥棒に遭った経験のある方は悔しい思いでポチリとどうぞ!!

| | コメント (2)

2007年6月17日 (日)

釣り鯵のたたき

明石へ行ったので「菊水」でお寿司を頂き魚の棚でお買い物をして帰りました。

昼網が入っていてピチピチ跳ねていました、観光客に人気があるようで混んでいました。何を買おうかと見渡しましたが釣り鯵があったので買ってたたきにします。

お昼が終わったら3時だったのでなかなか夕飯までお腹がすきませんでした。

鯵のたたき  レシピはこちらから

Dsc04656_edited

活きが良く身がプリッとして透明感が有りました。頂くときにポン酢をかけます。

デラウエァーのおろし和え レシピはこちらから

Dsc04649_edited

アスパラガスの胡麻和え

Dsc04651_edited

トマト、きゅうり、若布の梅酢和え

Dsc04658_edited

活け海老は湯がきました。 レシピはこちらから

Dsc04642_edited

我が家のぬかずけ

Dsc04663_edited

今夜は4人での夕食でした、賑やかに食事をすると食欲が増します。

今夜は控えめな食事にしようと思っていたのにまたもやしっかり頂いてしまいました。

←海鮮類がお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

田んぼの中のお蕎麦やさん

先週友人がドライブの途中に偶然見つけたお蕎麦やさんが美味しかったと言うので誘って頂きました。我が家からは1時間位の所です。

遙か向こうの田んぼの真ん中に「そば」と言うのぼりが2本立っているだけでどの道を行けばいいのやら初心者には全く解らない場所です。友人は良く見つけた物です素晴らしい触覚いや食覚?の持ち主です。

空には飛行機雲が何本も走っていて空の青と田んぼの緑が綺麗でした。

Dsc04595

「天」というお店です。六ではありません。

Dsc04591

まだ新しいお店ですが随分内装に凝っています、12時に入って食事をしたのに私たち4人以外は誰もいません。裏の工房で豆腐を作っています。

Dsc04577

Dsc04579

通る風が気持ちよくお昼寝したら最高でしょうね。

Dsc04581

手作り豆腐とビールを頼んだらお酒類は置いてないと言うことでした。

冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦を注文しました。

Dsc04585

蕎麦は十割ですがぱさつかず腰があり細くて美味しいのですがそばつゆのお味に深みが無かったです。温かいお蕎麦の写真は有りませんが、私好みのお味で美味しく頂きました。

隣で陶器の展示即売をしています。友人は前回抹茶碗と小鉢を買ったそうです、私はお蕎麦が入っていたお皿と同じ物を買いました。

綺麗なおからを売っていたので買ったら昆布の佃煮を下さいました。若い方の素人っぽいお店ですがこれから成長して良いお店になってくださるでしょう。

その後牧場が経営しているジェラートの美味しいお店にも連れて行って頂きました。そして夜は四川料理へと続くのです。

梅雨入り宣言をされたにもかかわらずからっとして清々しい気分の良い1日でした。

←外出なさった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

四川料理店「四川」にて

先日ランチに行って気に入ったお店「四川」へお友達を誘って6人で夕食に行きました。

私たちは6時からの予約で食べているとお店には私たちだけでしたが次ぎに入ってきたお客様は私たちの友人の御夫妻でした、偶然に驚きました。

みんなが好きな物を注文したら御料理は17品、生ビールは14杯になりました。相変わらず写真を撮る前に何品かは食べてしまっています。

前菜にザーサイときゅうり、野菜の甘酢です、次ぎに砂肝の四川オリジナル胡椒です。

Dsc04612_edited

蟹と豆腐のあんかけ

鶏肉唐辛子炒め

Dsc04614_edited

キャベツと豚バラの味噌炒め

Dsc04617_edited

小海老の天ぷら

Dsc04619

お店のご自慢料理の麻婆豆腐を注文したら再来店を喜んでくださりサービスでもう1皿下さいました。

イカと強火塩炒め

Dsc04620_edited

青菜炒め

Dsc04623_edited

麻婆茄子

Dsc04625

上海焼きそば

Dsc04626_edited

担々麺

Dsc04628_edited

チャーハン

Dsc04630_edited

杏仁豆腐

Dsc04632_edited

私たちにはもっと辛くても良かったです。

お昼に人気のお店で並んでロールケーキを買ったのでデザートは我が家で頂きます。

Dsc04602

Dsc04598_edited

Dsc04634

なるほど皆さんが並ばれるのが解ります。美味しくて2切れ頂いてしまいました。

←ロールケーキがお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (6)

2007年6月15日 (金)

メロンとプロシュートのサラダ

メロンの季節です、最近はマスクメロンによく似たメロンが出ていますね、お安くてお味もまぁまぁな物があります。アンデスメロンを半分に切って売ってたのでプロシュートのサラダにしました。

Dsc04572_edited

カプレーゼ・・・小さくて可愛いモッツァレラチーズを見つけたのでプチトマトと和えようと考えていたのにプチトマトを買い忘れました。私の想像とは違った盛りつけになってしまい残念です。

Dsc04564_edited

アスパラガスのカルボナーラ仕立て

Dsc04562_edited

豚肉ロースト赤ワインソース,ポテトの香草焼き添え。近々UPします。

Dsc04575

メロンとプロシュートのサラダ

Dsc04567

<材料> 4人分

メロン    1/3~1/4個

プロシュート(生ハム) 60g

サニーレタス      葉4枚分

エンダイブ        〃

ドレッシング

 ワインビネガー   大匙1

 オリーブオイル   大匙3

 粒マスタード     大匙1/2

 塩、胡椒

 レモン汁       少々 

<作り方>

①サニーレタスは1口にちぎりエンダイブは斜めに切っておきます。

②メロンは3センチ角に切ってレモン汁を振っておきます。

③ボールにワインビネガー、レモン汁、塩、胡椒を入れて混ぜオリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜていきます、最後に粒マスタードを加えて仕上げます。

④③にサニーレタス、エンダイブを混ぜてからプロシュートを加えて和えます。

全ての材料とお皿も良く冷やし、出す前に和えると美味しく頂けます。

←美味しそうと思って下さった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

人参のスープ

梅雨空にはアジサイがよく似合います、「隅田の花火」という名のアジサイです。紹興酒の瓶が上手くマッチしました。(言わなければ分かりませんよね)

Dsc04553_edited

人参のメニューが続いています、今回のスープも昔お友達に教わった物です。

子供のお誕生日会に作ったら人参嫌いのお子様が美味しいと言ってくれました。その後お母様から作り方を聞かれたことが有りました、30年前の話です。

Dsc04538_1

<材料>

人参     1本~2本

玉葱     1/4個~

ベーコン   1~2枚

残りご飯   大匙山盛り2

バター又はオリーブオイル

水       3カップ

牛乳      適宜

チキン固形ブイヨン 2個

<作り方>

①にんじんは皮を剥いて5ミリの輪切りにします、玉葱も同じく5ミリに切ります。

③ベーコンは千切りにします。

③鍋にバターを入れてベーコンを炒めます、かりっとすれば人参、玉葱を炒めて水とブイヨンを加えてにんじんが充分柔らかくなるまで煮ます、

④ミキサーで撹拌して漉し器に通して鍋に移します、牛乳を加えて濃度を調節して塩。胡椒で味を整えます。

おしゃれにするにはトッピングにカリカリに焼いたベーコンなどが良いと思います。

←今日は曇り空のかたはポチリと御願いいたします。

| | コメント (4)

2007年6月14日 (木)

3種類のマリネ

今日は朝からシトシト雨が降っています。雨が止んだら外出しようと待っていましたが、とうとう我慢できずに雨の中出掛けました。

今夜は気分だけでも爽やかにマリネを3種類用意しました。

パプリカ、エリンギと玉葱、スモークサーモンのマリネです。

Dsc04530_edited

焼いて皮を剥いたパプリカのマリネにはドレッシングにニンニクとアンチョビーを加えました。

Dsc04531_edited

エリンギのマリネは潰したニンニクと玉葱を炒めてエリンギも炒めレモン汁を使いパセリのみじん切り、ポアブル ローゼをふっています。

Dsc04534_edited

スモークサーモンのマリネはレモン汁とオリーブオイルのマリネ液に玉葱、ピーマン、セロリと和えてディルを飾っています。

Dsc04532_edited

人参のスープ・・・これは明日UPします。

Dsc04538

鶏ささみのチーズと大葉巻き、ベビーリーフをドレッシングで和えて敷いています。

Dsc04540_edited

ささみを観音開きにして大葉を乗せプロセスチーズを切ってその上に並べて巻きます。

楊枝で止めてフライパンにオリーブオイルを入れてつなぎ目から焼きます。塩、胡椒して焼きすぎないようにしっとりとした焼き上がりにします、焼きすぎるとパサつきます。

ガーリックブレッド

Dsc04544_edited

雨の中パン屋さんへ行ったらバゲットが焼けていなかったので、ガーリックブレッドなる物を買いました。油こくって塩味がきつく感じました。やはりシンプルな方が良かったです。

←この料理にはワインが美味しそうと思われた方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

人参の中華風サラダ

6月13日の夕食です。

無農薬自家菜園で取れた人参を頂きました。人参の旬は今頃だったのだ!と気がつきました、都会に住んでいると疎くなります。

私には人参のレシピが沢山有りません、そこで友人に人参を使った御料理を教えていただき即作ってみました。彼女自身人参が苦手だそうですがお嬢様が「これなら大丈夫でしょう」と作って下さった品だそうです。

人参、ザーサイの中華風のサラダです。

Dsc04513

これは初めてのお味です。自分では考えにくい食材の組み合わせですがとても良いです。

ひじきの煮物・・・ささみ、揚げ、人参、三度豆

Dsc04519_edited

茄子、ピーマン、豚肉の味噌煮

Dsc04517_edited

冷やしトマト・・・岩塩を挽いてかけました。

Dsc04528

豚肉、野菜の生姜焼き

Dsc04522_edited

人参の中華風サラダのレシピ

Dsc04515

<材料>

人参

ザーサイ(桃屋の瓶詰めを使いました)

白髪ネギ

酢   大匙2

砂糖  大匙1

醤油  大匙1

胡麻油 大匙1

サラダ油 大匙1

<作り方>

①人参を千切りにします(写真は1本分)

②ザーサイも千切りにします

③人参、ザーサイをボールに入れて調味料を加減して入れます、ザーサイの分量で塩分が変わりますので調整して下さい

④器に盛って白髪ネギを乗せます

1本で作ってみましたが足りませんでした、美味しくて1人1本は頂けますね。これからは我が家の定番になることでしょう。

ベーターカロチンたっぷり取ったらお肌が綺麗になるでしょうか。

←人参嫌いの方は疑いの目でポチリとお願いいたします、騙されたと思って召し上がってみて下さい。

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

茅(ち)の輪くぐりの京懐石

梅雨入りと言われた今日雨に降られず京都でお食事会を楽しみました。

暑くもなく過ごしやすかったです、来月は完璧に暑いでしょうね。

先付け・・・水無月豆腐、車海老

Dsc04487_edited

牡丹鱧、冬瓜の椀物。ここのお出汁を頂くと自分の舌がリセットされて繊細になるように感じます。

Dsc04490

向こう付け・・・鯛、まぐろ、イカ。お口直しに花丸きゅうり。キュウリの葉が飾ってあります、めくると美味しそうなお刺身が出てきてどきっとする瞬間です。

Dsc04491_edited

茅(ち)の輪くぐり飾りの八寸。茅の輪くぐりとは6月に神社で催される神事です。残り半年を罪、汚れを払い招福、除災になるという神事で茅草で作られた輪をくぐる物です。

通り方に作法があります、只輪を通るのではなく輪の中を右に左にと通ります。食事の時にはお箸を自分に見立てて輪を通しその後御料理を取ります。

雷うりとおろし、ほおずきの中はウズラ卵の味噌漬け寒天寄せ、白和え、八幡巻き、衣かつぎ、枝豆、鯵棒寿司、甘酢生姜

Dsc04493_edited

稚鮎の笹焼き

Dsc04496_edited

2匹目は笹に埋もれて炭火で焼かれて出てきます。

Dsc04498_edited

焼き茄子、アボカド、淡路のウニ、梅、茗荷のジュレ掛け

コレステロールが高く食事制限をしている方がお隣だったのでウニを頂いちゃいました。

Dsc04500_edited

賀茂茄子と青ずいきの白味噌あん

Dsc04502

新生姜とおあげのご飯

Dsc04503_edited

ジュンサイに辛子の赤だし、香の物

Dsc04504

水菓子はサクランボ、巨峰のゼリー、スイカ、マンゴ

Dsc04505_edited

スモモの葛饅頭

Dsc04507

お抹茶

Dsc04508

この後に新茶が出ました。

「食べ過ぎないように」と自分に言い聞かせていたにもかかわらず完食プラスお隣の方のウニまでも頂いてしまい大満足のお食事でした。

←洋食も良いけど和食も好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

2007年6月12日 (火)

蛸とオクラの生姜酢

今日は真夏の様な暑さでしたね。朝から歩いてジムへ行き歩いて帰ってきました。途中気になっていた四川料理屋さんでランチをしました。美味しかったので次は夜行ってみようと思います。朝から2時半に帰るまでに運動以外に12000歩、歩きました。

暑い1日だったので涼しげな夕食にしました。

蛸とオクラの生姜酢

Dsc04475_edited

長いも素麺、温泉玉子・・・長芋を長く素麺状にきります、青ネギ、茗荷を乗せて素麺つゆをかけました。

Dsc04478_edited

水菜と穴子のさっと煮

Dsc04480_edited

豚から揚げサラダ・・・最後の1品はスパイスを効かせたものです。COOKPADからレシピを拝借して作りました。タイ風にこぶみかんの葉を刻んで豚肉に揉み込みました。

Dsc04484_edited

豚切り落とし100g足らずでもボリュームが有ります。とんがらしで辛くして美味しく頂きました。

蛸とオクラの生姜酢

Dsc04474

<材料>

茹で蛸の足    中2本

オクラ       10本

合わせ酢

酢        大匙2

薄口醤油    小匙2

煮だし汁    大匙3

生姜汁     小匙1~

<作り方>

①蛸は斜めの薄切りにしてそれを縦2~3個に切ります

②オクラはへたを取ってすり鉢でくるくる混ぜてうぶ毛を取ります

③②を塩湯がきして水に取って、小口切りにします

④蛸とオクラは良く冷やし、食卓に出す前にボールの中で手を使ってよく混ぜます。器に盛り、合わせ酢を掛けて出します。

頂くときにはよく混ぜてからいただきます。

私はオクラの種を取って刻んでいますがそこまでしなくても大丈夫です。

←今日は暑くてマイッタ!と言う方はポチリとお願いいたします。

 

| | コメント (2)

衣かつぎ

Dsc04450

衣かつぎはお月見の御料理に必ず使いますが今は出始めです。

新小芋はたわしで良く洗い底の部分を切り取ります。

蒸し器で竹串がスーッと通るまで蒸して、塩を振ります。

頂くときは摘んで押すとプルリと皮が剥けます。

←ビールが飲みたく成った方はポチリとお願い致します。

| | コメント (0)

2007年6月11日 (月)

野菜中心の夕食

週末はやはり食べ過ぎで、月曜日の朝体重計に乗ったらガッカリしてしまいます。

そんなわけで今夜は野菜中心の夕食です。家人には稚鮎の天ぷらを食べたいと言っていたので探して買ってきました。三宮ミントの地下に阪神百貨店の食料品売り場がは入っています。魚介類が充実しています、今日は何かの間違い?と言うくらい鮑が安かったので買いました。

新小芋の衣かつぎと三度豆の胡麻和え・・・新物好きの私はどうしても手が伸びます。

Dsc04449_edited

蒸し鮑ときゅうりの辛子酢味噌

Dsc04460_edited

小松菜とお揚げのたいたん

Dsc04445_edited

稚鮎の天ぷら、柚子と塩

Dsc04467_edited

蓮根とセロリのきんぴら・・・どちらも少しずつ残っていたので一緒にきんぴらにしてみました。

Dsc04453_edited

朝取り茄子の煮物、新生姜天盛り・・・胡麻油で炒めて出し汁、酒、砂糖、濃い口醤油で炊きました。

Dsc04458_edited

我が家の糠漬け・・・水茄子、きゅうり、キャベツ、みょうが

Dsc04469_edited

今夜は雑穀米を炊きました。普通の白米より少し硬く炊きあがります、明日の朝はこれで高菜チャーハンにすればパラリと美味しく出来るでしょう。

食べたいですが私は我慢でしょうか!

←健康のために玄米や雑穀米を召し上がっている方はポチリとどうぞお願い致します。

今夜はBSで「めぐり逢い」をするのでしんみり観ます。

| | コメント (6)

甘酢生姜の漬け方

新生姜が出ています、我が家ではらっきょうを漬けると次は新生姜の甘酢漬けを漬けます。

Dsc04440

お寿司のときや焼き魚に添えるのには欠かせません。

新生姜

砂糖

新生姜を洗います、大きな物は切り外して小さくしてから洗います。

基本的には皮を剥かなくても良いのですが、ピンクの皮の部分は切り落とします。

色の汚い皮は薄く剥きます。

繊維に沿って縦に薄切りします。ボールに入れて塩を振ります。(きゅうりで揉み瓜を作るように)

水が出てしんなりしたらたっぷりの湯を沸かした中にほりこんでお箸で混ぜたら直ぐザルに揚げます。

扇いで冷まします。

甘酢は塩と砂糖の割合でお味がかなり違ってきます。基本は酢2:砂糖1ですが甘い方がいい方は1:1でどうでしょうか。

鍋に入れて煮溶かして冷やしておきます。

綺麗な瓶に生姜を入れて上から甘酢を加えます。漬かるように綺麗なお箸でならします。

直ぐに色が綺麗なピンクに変わります、2~3日で食べられます。私は冷蔵庫に入れて1年間使います。

←作ってみようかな、と思われた方はポチリとどうぞお願いいたします。

| | コメント (2)

2007年6月10日 (日)

タイ料理店「イサラ」

伊丹までバラを見に出かけました。怪しい空模様です、来る途中集中豪雨にあいました。

Dsc04406

Dsc04409

お昼に何を食べようかと家人と相談の末以前タイフリークの叔父に連れて行って貰ったタイ料理屋さんを思い出して行きました。

タイの家庭、屋台料理が50種類頂けるお店「イサラ」は西宮甲東園に有ります。

Dsc04439_edited

メニューを見たら食べたい御料理がいっぱいありますが2人では色んな種類を頂くことが出来ません、そこでコースにしました。コースは2人前から注文できます。

前菜です、空腹で手が震えていたようです。

Dsc04423

トムヤンクン

Dsc04424_edited

タイのビールは5種類有ります。私はChangビールを頂きました。

Dsc04425

春雨のサラダ

Dsc04427

調味料

Dsc04429_edited

鶏肉とカシューナッツ

Dsc04428_edited

この後レッドカレーとグリーンカレーが出てきましたが撮影前に既に手を付けてしまっています。

Dsc04430_edited

Dsc04431

デザートのココナッツアイス

Dsc04433_edited

美味しく頂いたのですが最後のカレーを完食出来なかったのが心残りです。

辛さも調節していただけます、私たちは普通並にしていただいたのですが辛さが物足りず唐辛子の刻んだ物を頂きました。次回は少し辛めをオーダーします。

気になる料理は鱸の甘酢ソースとソムタム、バッタイと・・・次回は食べます!

今日のコースは1人前2500円です。

←辛い物がお好きな方はポチリと御願い致します。

| | コメント (2)

帆立貝柱とグレープフルーツのマリネ

Dsc04393_edited

見た目も涼しく夏向きの御料理です。グレープフルーツも夏の果物でしょう。

この器を使いたいので何に合いそうかと考えてこの品を作りました。

<材料>

刺身用貝柱  1人1個

グレープフルーツ(ルビー) 1人2房

フレンチドレッシング

 レモン汁

 オリーブオイル

 塩、胡椒

 砂糖又はハチミツ

<作り方>

①貝柱はサッと霜降りにして(殆ど生の状態でよい)氷り水にとり冷えればペーパータオルで水気を取る。

②厚みを半分にして大きさを半分に切る。

③ドレッシングを作り貝柱を漬けて30分冷やしておく。

④グレープフルーツは皮を剥いて1房を半分に切って③と和えて器に盛ります。

ミントを添えています。手軽な材料で簡単に作れるおしゃれな1品です。

←お客様の時に試してみようとお考えの方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

2007年6月 9日 (土)

1日早い父の日

お肉屋さんから「良いタンが入っていますが如何ですか?」とお電話いただきました。勿論頂きますとお返事いたしました。

今回は私がタンシチューの煮込みまでをしてソース作りを家人がしてくれました。その分時間が出来たので前菜に手を掛けました。

1日早い父の日でみんなが集まるのでご馳走を準備しました。(注・・・家族全員が間違っていました父の日は来週でした)

Dsc04392_edited

帆立貝柱とグレープフルーツのマリネとカリビアンシュリンプ カクテル

Dsc04393

スタッフ ド トマト・・・アボガド、セロリ、きゅうり、ピクルス、玉葱をドレッシングで和えて湯むきトマトに詰めました。コンソメジュレを添えています。

Dsc04399_edited

タンシチューとマッシュポテト、ズッキーニ

Dsc04401_edited

サラダ・・・レタス、レッドアーリーのディルドレッシング

Dsc04405_edited

お肉屋さんお勧めのタンだけ有って本当に今までで一番美味しいタンでした。気合いを入れて作っただけあって勿論どこのレストランよりも美味しく出来ました(自己満足ですが)

シャンパンに赤ワインを2本頂きました。

追々レシピを紹介していきますので今日の所はご容赦をお願いいたします。

←明日の父の日に何か予定の有る方、又は気持ちだけ充分感謝していますと仰る方もポチリとお願いいたしいます。

| | コメント (2)

2007年6月 8日 (金)

旬菜和食

お昼からの英語のレッスン後久しぶりに娘と待ち合わせて洋服を買うのに付き合って貰いました。。私は洋服が好きなので見て歩き廻っても飽きることがありません。今日も何軒廻ったことでしょう。パンツ、カットソー、ジャケット、帽子まで買いました。もう秋まで何も買わないと誓いましたがどうでしょうか・・・

3時間以上お買い物して6時になるのを待ちかねて、「Be Bee]さんの紹介でお魚が美味しいと言うお店に行きました。三宮駅から徒歩1分程の所にある「朱ZAKU(すざく)」と言うカウンターのみ10席足らずで4月にオープンしたお店です。

お店に入って先ず目に付いた物です。

Dsc04374

生ビールをお願いしてトコブシと共に乾杯

Dsc04376_edited

鱧の炙り

Dsc04378_edited

鱚とトウモロコシ入り玉子豆腐、アスパラガスの椀物

Dsc04379

ここで冷酒に変えました。

Dsc04381

お造り4種盛り・・・イカ、活け鯖、平目、鮪

Dsc04382_edited

鱧寿司・・・今年初めて頂きました。

Dsc04386_edited

鯛の酒蒸し・・・玉葱、椎茸、ウニにあんが掛かっています。

Dsc04389

身の厚い太刀魚の塩焼きです、実は既にお箸を付けてしまったのでごまかして写真を撮っています。ヤングコーンを焼いた物とセロリの甘酢漬け。

Dsc04391_edited

色んな種類のお魚を頂くことが出来ました。自宅ではなかなかこの様には出来ません。

野菜が無かった事が残念でした、おしたし、和え物、酢の物等が有れば嬉しかったですね。

丁寧な仕事がしてある御料理でした。特に椀物のお出汁は素晴らしかったです、欲を言えば生ジュンサイが入っていれば言うこと無しです。

若いカップルがなさっているお店ですがなかなかの物です。これから繁盛すること間違いなしですね。

←お魚好きのかたはポチリと御願いいたします。

| | コメント (2)

2007年6月 7日 (木)

5種類のチーズのピザ

昨日ウォーキングでジムからの帰り道チーズ専門店に寄りました。テレビに出てからとても人気が出たというピザを薦められました。私はそこのお店ではで買ったことがない品でしたが試しに買って今日はイタリアンっぽい食事になりました。

昨日はしっかり頂いたのであくまでも今日は軽くと思いましたが差にあらず結構なカロリーになりました。

Dsc04368_edited

サラダ・・・ブロッコリー、カリフラワー、アスパラガス、人参、ラディッシュ、セロリ、ゆで卵、

オリーブのように見えるのは今回サミット会場に決定したウインザーホテル洞爺のイタリアンレストランで買ったスモモのピクルスです。

Dsc04365_edited

ミンチが残っていたのでミートソースを作りました。

Dsc04369

ピザを焼いたりパスタを湯がいたり食事中に何度も席を立ちキッチンに行き、戻ってきてさぁゆっくり頂きましょうと思ったら私の飲むべきワインが残り僅かしかなかったのです。

「私まだ1杯しか飲んで無いのに~」と叫んでしまいました。それほどまでに家人には今夜のメニューはワインを誘ったようです。

念のために写真の御料理は全て2人前ですから。パスタは2人前で120gです。

家人に「今日のお昼は何を食べたの?」と聞いたら「茄子の胡麻和えと春雨のサラダ」だそうです。ダイエットを続けているので主食は取っていないようです。我が家での朝ご飯と夕飯に全てを掛けていますね。バランスの良い献立をしなくてはいけません。

先日私は健康診断を受けましたが全てにおいてセーフで骨密度は同年齢の平均値の150%に相当でした。

食生活が如何に大切かという事をヒシヒシと感じました。次は家人の検査結果を期待しましょう。

←健康の為に食事には気を付けているというお方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

シャクヤクの季節

今週のお花屋さんはシャクヤクを持ってきて下さいました。

5日に堅いつぼみで届いたので横並びで生けて置きました。6日に見ればもうふっくらとしていました。花器が小さくキュウキュウに成ってしまいました。

Dsc04331

7日の今日は咲いてしまったので生け直しました。

お玄関用には

Dsc04355

ダイニングテーブルには

Dsc04357

気温が高く成ったので成長も早いです。今日はお天気ですが湿度が高いです。

関西地方は夕方から曇りで明日は雨が降るそうです。

←今日お洗濯をなさった方はポチリと御願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月 6日 (水)

ビストロ ジュエンヌ

友人ご夫妻と4人でカウンターに座り、清潔感漂う厨房でのシェフの優雅な手さばきを見ながらの夕食でした。

マダムはテーブル席を用意して下さったようですがあえてカウンター席を希望しました。

ガス、電磁調理器、炭火と3種類を使い分けて調理なさいます。

先ずトウモロコシのパンナコッタ、宮崎産の「未来」を使っているそうです。塩味の御料理の中に甘みがあり美味しいです。

Dsc04333_edited

賀茂茄子とフォアグラ、トリフソース

Dsc04337_edited

北海道産の桜鱒のサラダ仕立て、スモークの香りが良く子蛸のぷりぷり感とルッコラの花がアクセントになっていて良かったです。粒胡麻が入ったドレッシングでした。さつまいも、山芋、オクラ、小さいきゅうり等が隠れています。どの野菜もこだわりのある物です。

Dsc04339_edited

焼き穴子に生わさび、芽紫蘇、フレッシュトマトソース・・・和の食材を上手く取り入れて、香ばしく焼いた穴子と冷たくしたトマトソースが良い相性です。

Dsc04343_edited

新生姜のシャーベット、写真では解りませんが淡いピンクが愛らしいです。

Dsc04345_edited

私は白金豚のロースト・・・脂が美味しいあっさりした豚です。アーティーチョーク、きのこ、ズッキーニ、三度豆、さつまいも、人参など。

Dsc04347_edited

家人は仔羊

Dsc04348_edited

デザートの前にグレープフルーツのプリン

Dsc04349

私は何時もココナッツのブラマンジェ・・・極限まで柔らかく仕立てられたブラマンジェが好きです。

Dsc04351

家人は桃とイチジクのミルフィーユでした、その後にエスプレッソをお願いいたしました。

何も残さず全て頂きました。ごちそうさまでした!

飲み物はビール、白ワイン、赤ワインを頂きました。

←食べ過ぎだ!と思われた方はポチリと御願いいたします。

このお店でジャン・ムーランの美木シェフを何度かお見かけしました。プロの料理人の方々に評判のお店のようです。

| | コメント (2)

牡丹鱧の作り方

Dsc04326

<材料>

生ジュンサイ

柚子

煮だし汁    4,1/2カップ

塩        小匙3/4

薄口       小匙1弱

酒         大匙1/2

<作り方>

①鱧は骨切りした物を8センチ長さに切ります。

②葛をすり鉢ですって細かくして刷毛で鱧の切り目1つずつに粉を打ちます。

③生ジュンサイは熱湯に通して氷り水に取ります。

④柚子は剥ぎ柚子にしておきます。

⑤鱧を湯がいて椀に取りジュンサイを入れて出し汁を張り剥ぎ柚子と有れば梅肉を落とします。

普段の出し汁の取り方は水1カップに昆布3gと鰹節3gですがこの様なご馳走のお椀のときは昆布、鰹とも5gずつにします。

この1品でお鍋を沢山使い洗い物が大変ですがとても美味しいから我慢できます。 

←食べたくなった方はポチリとお願いいたします。      

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

今年初めての鱧づくし

今朝テレビで淡路の鱧料理をやっていました、刺激されて玄関を出る家人と「今夜は鱧にしようか?」と言い合いました。

今年初めてお魚屋さんに鱧を注文しました。朝10時過ぎに電話したにもかかわらず後1本半しか残っていないと言われてしまいました。でも配達していただいたら何故か2本入っていました。

今夜は鱧づくしです。関西では大阪の天神祭や京都の祇園祭の頃には値段が上がります、今のうちに頂いておかねばなりません。

脂の乗りが気になりましたが大丈夫でした。

先付けとして鱧ときゅうりの酢の物、以前にUPしている物ですが夏になると必ず食べたくなる物です

Dsc04315_edited

椀物は牡丹鱧、生ジュンサイ、柚子、梅肉

Dsc04325

向こう付けは鱧の湯引き、茗荷、梅肉・・・梅肉も手作りしています。

Dsc04317_edited

ほうれん草の白和え

Dsc04320_edited

煮物は鱧鍋、柳川風

Dsc04311_edited

今夜は時間をかけて私の好きなボタン鱧の椀物を作りました、お出汁も丁寧にひきました。今日の様な献立にすると調理器具の洗い物が多くて疲れます。

従ってボタン鱧のレシピは明日UPいたします。

←鱧を食べないと夏が来た気分に成らない方はポチリと御願いいたします。

| | コメント (4)

焼き茄子のカルパッチョ仕立て

これぞ和風イタリアンという焼き茄子をカルパッチョのように調理したものです。

Dsc04297

<材料>  2人前

茄子     2個

フルーツトマト 適宜

ルッコラ

ニンニク   1片

フレンチドレッシング

オリーブオイル

私は焼き茄子を焼くときは網を載せずに直接五徳ににのせてくるくる回しながら焼いていきます。水に取らずに皮を剥きます。

暖かみが残っている間にボールに入れてドレッシング、生姜汁を混ぜて味を馴染ませて冷やしておきます。

ニンニクを半分に切りお皿にこすりつけて香りを付けます。(お好きな方はみじん切りにして茄子の上に振って下さい。)

茄子をラップに挟んで手のひらで押してペッチャンコにしてお皿に並べます、味をみて軽く塩を足して下さい。

トマトコンカッセ(湯むきして種を取り細かく切った物)を散らし、ルッコラを載せてオリーブオイルをかけます。

茄子を油で焼いていない分低カロリーです。オードブルにもなる1品です。

これからの季節お茄子が美味しくなります。何時も同じ調理法でなくときにはこの様なものはどうでしょうか?

←お茄子が好きな方、苦手の方もこれならどうでしょうか?ポチリと御願いいたします。

| | コメント (0)

麦のサラダの作り方

我が家では夏の料理に成っている麦のサラダです。

Dsc04285_edited

<材料> 3人前

押し麦    50g

ワインビネガー

塩、胡椒

きゅうり   1/4本

ピクルス   適宜

青ネギ    1/2本

大葉      2枚

ミントの葉  適宜

玉葱(みじん切り)大匙2~ 

茹で海老

<作り方>

①麦は水100ccを加えて鍋に蓋をして弱火で炊きます、炊けたら熱いうちにワインビネガー、塩、胡椒で下味を付けておきます。

②ミントは手で小さくちぎっておきます。

③ピクルス、きゅうり、大葉、青ネギは全て細かく切って①に玉葱(今回は紫玉葱を使用)ミントと共に入れます

④フレンチドレッシングで和えてマヨネーズを少し足します、冷蔵庫で冷やします。

⑤お皿に型を載せてサラダを詰めます、上に海老を飾り型を抜いてミントを載せて出来上がりです。

いつもより1時間も早く目覚めてしまったのでパソコンに向かいました、取りあえず麦のサラダをUPします。今から朝食の用意をします。

←今朝しっかり朝食を取った方はポチリとどうぞお願いいたします。    

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

和風イタリアン

2,3日食べ過ぎていますので今日は閉めていきます。京都イル・ギオットーネの笹島シェフの著書「イタリアン精進レシピ」を参考に野菜中心で今夜の献立を作りました。

湯葉豆腐のケッカーソース

Dsc04293

ケッカーソースとはトマトを湯むきして種を取り刻んで塩とオリーブオイルをして1時間冷蔵庫で寝かします。湯葉豆腐に塩をしてケッカーソースをかけてバジルをちぎって散らせて粒黒胡椒を振りました。

麦のサラダ

Dsc04288_edited_1

焼き茄子のカルパッチョ仕立て

Dsc04301_edited_1

ラデッシュのクロワッサンサンド

Dsc04307

ラデッシュとバターを挟んだ物です、本来はバゲットで作りますが今日はプティクロワッサンが有ったので代用しましたが甘みが有るのも良かったです。

麦のサラダと焼き茄子のカルパッチョ仕立ては明日にでもご紹介します。

今夜は痩せそうなメニューにしたにもかかわらずワインを1本開けてしまいました。意味がありませんでした。

←私と同様に週末には食べ過ぎる傾向が有る方はポチリとお願い致します。

| | コメント (0)

2007年6月 3日 (日)

天ざる

[わさび大根]という物を昨日奈良のとれとれ市場で見つけました。その市場は地元の人達が沢山軽自動車で集まっていたのが見えたのでUターンして行ってみたのです。

野菜には地元農家の方の名前がシールで貼ってあります。新鮮、とれとれ野菜ばかりです。

平飼い自然卵は無薬・無添加・無着色で昨日産んだものです、玉子かけがご飯が楽しみになります。

珍しい物をもう1つ、[タラの新葉]というのを売っていました。そうなると今夜のメニューはわさび大根とタラの新葉の天ぷらで天ざると言うことになります。

Dsc04271_edited

Dsc04274_edited

タラの新葉はタラの薫りがしてねっとり感が少しあります、とても美味しい物でした。市場には出ていないのでしょうか。

タラの新葉の他はワカサギ、茄子、茗荷、絹さや、蓮根、鳴門金時、大葉、アスパラガスです。

美味しいお蕎麦を買うためと運動を兼ねて2駅先のお蕎麦やさんまで歩いていきました。

Dsc04281_edited

わさび大根はわさびの色をしていて薫りがよく辛味が強いです。湯がきたての更科蕎麦がおいしかったです。

活け川津海老の唐揚げ・・・明石の昼網の物で跳ねていました。パセリを唐揚げにしました。

Dsc04269_edited

冷やしトマト・・・熊本県産の八千代 千拓地トマトというこだわりのトマトです。ハチ交配と書いて有りますがみんなそうでは無いのでしょうか?人工交配なんて大変ですよね。どうしてるのでしょうか。

Dsc04276_edited

子持ち昆布・・・漬け汁は数の子と同じです。味醂1:醤油1:水4に鰹と昆布を鍋に入れて

一煮立ちしたら濾します。塩抜きした子持ち昆布を漬けます。

Dsc04279_edited

かわはぎのお刺身、肝付き

Dsc04265

歩いて買い物に行く途中餃子屋さんの看板と匂いに引き込まれてついついビールと共に食べてしまいました。久しぶりのお店だったのですが2人で3人前の餃子ともやしたっぷりの焼きそばを半分ずついただきました。まだまだ食べられそうだったのですが我慢しました。

←これからの季節、餃子が食べたいと思うことが増えますね。そんな貴方はポチリと御願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

中華料理店

グルメブログで見て興味を抱いたお店へ友人達を誘いお任せ料理を予約して行ってきました。

ブログで見たお方は美味しくて3週間に2度行ったと書いてありました。期待が膨らみます。

先付け・・・トマトとオクラ

Dsc04247

前菜2皿・・・冬瓜と茄子のゼリーよせ、じゃがいもと牛肉炒め(6人前)

Dsc04249_edited

自家製焼き豚、きゅうりとセロリ

Dsc04250_edited

海老の塩味炒め、松の実とレーズンがは入っています、美味しかったです。

Dsc04251_edited

フカヒレ醤油味スープ

Dsc04252

平貝と空心菜の炒め物

Dsc04253_edited

牛すじとひよこ豆

Dsc04258_edited

蟹と青梗菜

Dsc04260_edited

お店の看板メニュー、麻辣湯麺

Dsc04262_edited

普通の物と辛いバージョンを頼みましたが辛い方が美味しかったです。

感想としては基本のスープにこくが無いのでスープを使う料理はどれもイマイチでした。

従ってお店の名前を出すことは控えます。

料理の好きずきは人によって千差万別ですね。私も独断と偏見で記事をアップしていることを反省しました。

←噂を信じて行った店でガッカリした経験のある方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月 1日 (金)

むきえんどうの含め煮

エンドウ豆ももう終わりに近いのですが私は苦手なのです。元々豆類はあまり好きではないのですが枝豆は例外です、ビールに合うからでしょうか。大豆と昆布や野菜が入った煮豆等は小学校の給食以来頂いたことがないです。ご飯のおかずに成るような豆が苦手なようです。

今日は買い物に行ったときにひょっとしたら食べられるように成っているかも知れないと思い籠に入れました。でもレジで並んでいるときに棚に返そうかなとも思いました。

そこでむきえんどうの含め煮を作りました。

Dsc04190

お刺身色々

Dsc04178_edited

富山の白海老、鮪、貝割れ菜

Dsc04179_edited

鯛、平目ちり酢

Dsc04181_edited

湯葉豆腐

Dsc04213_edited

三度豆胡麻和え

Dsc04187_edited

ひろうすと芹の煮物

Dsc04195_edited

ネギサラダ・・・友人から聞いた物を想像で作って見ました。白ネギ、九条ネギをわさび入りのドレッシングで和えました。

Dsc04198

ネギの辛味がわさびで消えるのです、化学変化でもしてるのでしょうか全く不思議です。

豆ご飯・・・豆がプリッとして綺麗な緑色です。お米と一緒に炊かずに炊きあがりに湯がいた豆を加えて蒸らします。お米は昆布だしと酒、塩を加えて炊いています。

Dsc04208_edited

むきえんどうの含め煮

Dsc04204_edited

<材料>

さや付きエンドウ豆を剥いた物  1カップ

漬け汁

 出し汁   1カップ

 酒      20cc

 味醂     10cc

 塩      小匙1/2弱

 薄口醤油  小匙1/2弱

<作り方>

エンドウ豆はさやから出し塩湯がきします、茹で具合は1つ食べてみた方が良いです。

ザルに取り流水で冷やします、皺がでますが冷えた出し汁に漬けて冷蔵庫で冷やしておくと皮が張ってきます。

器と共に良く冷やしておきます、漬け汁も一緒に盛りつけます。

やはり買って良かったです!私はエンドウ豆を克服しました。含め煮も豆ご飯も美味しく頂けました。

ちょっとした私なりの秘訣は茹ですぎないと言うことのようです。

←今年豆ご飯を召し上がった方又は豆好きの方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »