« 蛸とオクラの生姜酢 | トップページ | 人参の中華風サラダ »

2007年6月13日 (水)

茅(ち)の輪くぐりの京懐石

梅雨入りと言われた今日雨に降られず京都でお食事会を楽しみました。

暑くもなく過ごしやすかったです、来月は完璧に暑いでしょうね。

先付け・・・水無月豆腐、車海老

Dsc04487_edited

牡丹鱧、冬瓜の椀物。ここのお出汁を頂くと自分の舌がリセットされて繊細になるように感じます。

Dsc04490

向こう付け・・・鯛、まぐろ、イカ。お口直しに花丸きゅうり。キュウリの葉が飾ってあります、めくると美味しそうなお刺身が出てきてどきっとする瞬間です。

Dsc04491_edited

茅(ち)の輪くぐり飾りの八寸。茅の輪くぐりとは6月に神社で催される神事です。残り半年を罪、汚れを払い招福、除災になるという神事で茅草で作られた輪をくぐる物です。

通り方に作法があります、只輪を通るのではなく輪の中を右に左にと通ります。食事の時にはお箸を自分に見立てて輪を通しその後御料理を取ります。

雷うりとおろし、ほおずきの中はウズラ卵の味噌漬け寒天寄せ、白和え、八幡巻き、衣かつぎ、枝豆、鯵棒寿司、甘酢生姜

Dsc04493_edited

稚鮎の笹焼き

Dsc04496_edited

2匹目は笹に埋もれて炭火で焼かれて出てきます。

Dsc04498_edited

焼き茄子、アボカド、淡路のウニ、梅、茗荷のジュレ掛け

コレステロールが高く食事制限をしている方がお隣だったのでウニを頂いちゃいました。

Dsc04500_edited

賀茂茄子と青ずいきの白味噌あん

Dsc04502

新生姜とおあげのご飯

Dsc04503_edited

ジュンサイに辛子の赤だし、香の物

Dsc04504

水菓子はサクランボ、巨峰のゼリー、スイカ、マンゴ

Dsc04505_edited

スモモの葛饅頭

Dsc04507

お抹茶

Dsc04508

この後に新茶が出ました。

「食べ過ぎないように」と自分に言い聞かせていたにもかかわらず完食プラスお隣の方のウニまでも頂いてしまい大満足のお食事でした。

←洋食も良いけど和食も好きな方はポチリとお願いいたします。

|

« 蛸とオクラの生姜酢 | トップページ | 人参の中華風サラダ »

「和食」カテゴリの記事

コメント

茅の輪くぐり・・始めて伺いました。
やはり、京都は千年以上の歴史があって、雅な風習がずーっとのこっているのですね。
日々の暮らしの中に、身近に雅の世界があるって・・羨ましいです。
又、一つ知識がふえました(^-^)

投稿: ヒロコ | 2007年6月13日 (水) 21時26分

ヒロコさま
我が家の近くの天満宮でも6月末には境内に設置されています。お近くの神社に出向いてみられては如何でしょうか?意外と近くで見られるかも知れませんよ。

投稿: mikage マダム | 2007年6月13日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蛸とオクラの生姜酢 | トップページ | 人参の中華風サラダ »