和食

2007年7月15日 (日)

冷やし素麺の薬味は・・

これから暑くなれば冷やし素麺が美味しくなります、私は麺好きですので毎日でも大丈夫です。

お気に入りの薬味を紹介します。

Dsc03972_edited

青ネギ、茗荷、生姜、大葉を全て刻んで一度水に通して布巾で絞ります。

これを作っておけば2~3日持ちます。

←そうめんの好きな方はポチリと御願いします

| | コメント (0)

2007年6月19日 (火)

茄子のゼリー酢

中華のデザート「かめゼリー」ではありません。茄子のゼリー酢なのです。

Dsc04690_edited

黒酢を使ったのが悪かったのでしょうね、爽やかな1品を作るつもりが何だか見た目がグロテスクな御料理に成ってしまいました。今夜はレシピをUPするのは控えます、お味は良かったのですが・・・

さごし(鰆の小さい物をこう呼びます)のグリルフレッシュトマトソースは以前に紹介済みです。

Dsc04693_edited

ゴーヤチャンプル・・・ゴーヤ、人参、スパム、木綿豆腐、玉子

Dsc04701_edited

お豆腐1丁は多かったです、お豆腐だけお皿に残りました。次回は半丁にします。

家人のリクエストで脂肪燃焼スープを作りました、後1週間は食べなくては成らないほど大鍋に一杯作りました。

でも今夜は満腹で要らなかったようです。明日からひたすら脂肪燃焼スープを飲んでいただきましょう。

←脂肪燃焼スープの事をご存じの方はポチリとどうぞ御願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月18日 (月)

鶏ささみ、きゅうりの梅肉和え

今日は梅雨らしいお天気でした。四国の渇水が少しでも解消されればいいのですが。

雨にもめげず1時間半お買い物がてらウォーキングしてきました。色んなお花を見ながら行きはよいよいでしたが帰りは荷物が重たいし傘をささなければならず疲れました。

今日の爽やかな1品は鶏ささみ、きゅうりの梅肉和えです。

Dsc04671_edited

トマトとオニオンのバジルドレッシング

Dsc04667_edited

アスパラガスとベーコンのガーリック炒め

Dsc04679_edited

鰆の味噌漬け、先日漬けた新生姜甘酢漬けを添えています。

Dsc04681_edited

おから・・・土曜日に行ったお蕎麦やさんで頂いてきたおからを炊きました。手間が掛かりますが自家製は美味しいです。ごぼう、人参、こんにゃく、薄揚げ、きくらげ、鶏肉、川津海老、青ネギ

Dsc04675_edited

鶏ささみ、きゅうりの梅肉和え

Dsc04671_edited_1

<材料>  2~3人前

鶏ささみ    2本

きゅうり    1本

大葉      3枚

梅干し     2個

砂糖、

薄口醤油

煮切り酒

<作り方>

①笹身は酒を入れた熱湯で湯がいて冷めるまで漬けておき、手で裂きます

②きゅうりは板ずりして縦半分に切って斜め薄切りにします、塩をしておきます

③きゅうりがしなっと成ったら洗って絞ります

④大葉は5ミリ角に刻みます

⑤梅干しを裏ごしして砂糖、醤油で味を整え硬ければ煮切り酒で延ばします

⑥笹身、きゅうり、大葉を梅肉で和えます

大葉は千切りにするとダンゴ状になって混ざりにくいので角切りにすると良いです。

信号を渡っていると素敵な若い男性が「すみませ~ん!」と駆け寄ってきました。何事かしら?と足を止めてみると「青森の無農薬リンゴとジュースはいかがですか?」とのことでした。私は静かに微笑んで立ち去りました。

もっとドキドキすることが有るかと思いましたがキャッチセールスでした。

←その様なガッカリ経験の有る方はポチリと御願いいたします。

| | コメント (2)

2007年6月17日 (日)

釣り鯵のたたき

明石へ行ったので「菊水」でお寿司を頂き魚の棚でお買い物をして帰りました。

昼網が入っていてピチピチ跳ねていました、観光客に人気があるようで混んでいました。何を買おうかと見渡しましたが釣り鯵があったので買ってたたきにします。

お昼が終わったら3時だったのでなかなか夕飯までお腹がすきませんでした。

鯵のたたき  レシピはこちらから

Dsc04656_edited

活きが良く身がプリッとして透明感が有りました。頂くときにポン酢をかけます。

デラウエァーのおろし和え レシピはこちらから

Dsc04649_edited

アスパラガスの胡麻和え

Dsc04651_edited

トマト、きゅうり、若布の梅酢和え

Dsc04658_edited

活け海老は湯がきました。 レシピはこちらから

Dsc04642_edited

我が家のぬかずけ

Dsc04663_edited

今夜は4人での夕食でした、賑やかに食事をすると食欲が増します。

今夜は控えめな食事にしようと思っていたのにまたもやしっかり頂いてしまいました。

←海鮮類がお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

田んぼの中のお蕎麦やさん

先週友人がドライブの途中に偶然見つけたお蕎麦やさんが美味しかったと言うので誘って頂きました。我が家からは1時間位の所です。

遙か向こうの田んぼの真ん中に「そば」と言うのぼりが2本立っているだけでどの道を行けばいいのやら初心者には全く解らない場所です。友人は良く見つけた物です素晴らしい触覚いや食覚?の持ち主です。

空には飛行機雲が何本も走っていて空の青と田んぼの緑が綺麗でした。

Dsc04595

「天」というお店です。六ではありません。

Dsc04591

まだ新しいお店ですが随分内装に凝っています、12時に入って食事をしたのに私たち4人以外は誰もいません。裏の工房で豆腐を作っています。

Dsc04577

Dsc04579

通る風が気持ちよくお昼寝したら最高でしょうね。

Dsc04581

手作り豆腐とビールを頼んだらお酒類は置いてないと言うことでした。

冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦を注文しました。

Dsc04585

蕎麦は十割ですがぱさつかず腰があり細くて美味しいのですがそばつゆのお味に深みが無かったです。温かいお蕎麦の写真は有りませんが、私好みのお味で美味しく頂きました。

隣で陶器の展示即売をしています。友人は前回抹茶碗と小鉢を買ったそうです、私はお蕎麦が入っていたお皿と同じ物を買いました。

綺麗なおからを売っていたので買ったら昆布の佃煮を下さいました。若い方の素人っぽいお店ですがこれから成長して良いお店になってくださるでしょう。

その後牧場が経営しているジェラートの美味しいお店にも連れて行って頂きました。そして夜は四川料理へと続くのです。

梅雨入り宣言をされたにもかかわらずからっとして清々しい気分の良い1日でした。

←外出なさった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

茅(ち)の輪くぐりの京懐石

梅雨入りと言われた今日雨に降られず京都でお食事会を楽しみました。

暑くもなく過ごしやすかったです、来月は完璧に暑いでしょうね。

先付け・・・水無月豆腐、車海老

Dsc04487_edited

牡丹鱧、冬瓜の椀物。ここのお出汁を頂くと自分の舌がリセットされて繊細になるように感じます。

Dsc04490

向こう付け・・・鯛、まぐろ、イカ。お口直しに花丸きゅうり。キュウリの葉が飾ってあります、めくると美味しそうなお刺身が出てきてどきっとする瞬間です。

Dsc04491_edited

茅(ち)の輪くぐり飾りの八寸。茅の輪くぐりとは6月に神社で催される神事です。残り半年を罪、汚れを払い招福、除災になるという神事で茅草で作られた輪をくぐる物です。

通り方に作法があります、只輪を通るのではなく輪の中を右に左にと通ります。食事の時にはお箸を自分に見立てて輪を通しその後御料理を取ります。

雷うりとおろし、ほおずきの中はウズラ卵の味噌漬け寒天寄せ、白和え、八幡巻き、衣かつぎ、枝豆、鯵棒寿司、甘酢生姜

Dsc04493_edited

稚鮎の笹焼き

Dsc04496_edited

2匹目は笹に埋もれて炭火で焼かれて出てきます。

Dsc04498_edited

焼き茄子、アボカド、淡路のウニ、梅、茗荷のジュレ掛け

コレステロールが高く食事制限をしている方がお隣だったのでウニを頂いちゃいました。

Dsc04500_edited

賀茂茄子と青ずいきの白味噌あん

Dsc04502

新生姜とおあげのご飯

Dsc04503_edited

ジュンサイに辛子の赤だし、香の物

Dsc04504

水菓子はサクランボ、巨峰のゼリー、スイカ、マンゴ

Dsc04505_edited

スモモの葛饅頭

Dsc04507

お抹茶

Dsc04508

この後に新茶が出ました。

「食べ過ぎないように」と自分に言い聞かせていたにもかかわらず完食プラスお隣の方のウニまでも頂いてしまい大満足のお食事でした。

←洋食も良いけど和食も好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

2007年6月12日 (火)

蛸とオクラの生姜酢

今日は真夏の様な暑さでしたね。朝から歩いてジムへ行き歩いて帰ってきました。途中気になっていた四川料理屋さんでランチをしました。美味しかったので次は夜行ってみようと思います。朝から2時半に帰るまでに運動以外に12000歩、歩きました。

暑い1日だったので涼しげな夕食にしました。

蛸とオクラの生姜酢

Dsc04475_edited

長いも素麺、温泉玉子・・・長芋を長く素麺状にきります、青ネギ、茗荷を乗せて素麺つゆをかけました。

Dsc04478_edited

水菜と穴子のさっと煮

Dsc04480_edited

豚から揚げサラダ・・・最後の1品はスパイスを効かせたものです。COOKPADからレシピを拝借して作りました。タイ風にこぶみかんの葉を刻んで豚肉に揉み込みました。

Dsc04484_edited

豚切り落とし100g足らずでもボリュームが有ります。とんがらしで辛くして美味しく頂きました。

蛸とオクラの生姜酢

Dsc04474

<材料>

茹で蛸の足    中2本

オクラ       10本

合わせ酢

酢        大匙2

薄口醤油    小匙2

煮だし汁    大匙3

生姜汁     小匙1~

<作り方>

①蛸は斜めの薄切りにしてそれを縦2~3個に切ります

②オクラはへたを取ってすり鉢でくるくる混ぜてうぶ毛を取ります

③②を塩湯がきして水に取って、小口切りにします

④蛸とオクラは良く冷やし、食卓に出す前にボールの中で手を使ってよく混ぜます。器に盛り、合わせ酢を掛けて出します。

頂くときにはよく混ぜてからいただきます。

私はオクラの種を取って刻んでいますがそこまでしなくても大丈夫です。

←今日は暑くてマイッタ!と言う方はポチリとお願いいたします。

 

| | コメント (2)

衣かつぎ

Dsc04450

衣かつぎはお月見の御料理に必ず使いますが今は出始めです。

新小芋はたわしで良く洗い底の部分を切り取ります。

蒸し器で竹串がスーッと通るまで蒸して、塩を振ります。

頂くときは摘んで押すとプルリと皮が剥けます。

←ビールが飲みたく成った方はポチリとお願い致します。

| | コメント (0)

2007年6月11日 (月)

野菜中心の夕食

週末はやはり食べ過ぎで、月曜日の朝体重計に乗ったらガッカリしてしまいます。

そんなわけで今夜は野菜中心の夕食です。家人には稚鮎の天ぷらを食べたいと言っていたので探して買ってきました。三宮ミントの地下に阪神百貨店の食料品売り場がは入っています。魚介類が充実しています、今日は何かの間違い?と言うくらい鮑が安かったので買いました。

新小芋の衣かつぎと三度豆の胡麻和え・・・新物好きの私はどうしても手が伸びます。

Dsc04449_edited

蒸し鮑ときゅうりの辛子酢味噌

Dsc04460_edited

小松菜とお揚げのたいたん

Dsc04445_edited

稚鮎の天ぷら、柚子と塩

Dsc04467_edited

蓮根とセロリのきんぴら・・・どちらも少しずつ残っていたので一緒にきんぴらにしてみました。

Dsc04453_edited

朝取り茄子の煮物、新生姜天盛り・・・胡麻油で炒めて出し汁、酒、砂糖、濃い口醤油で炊きました。

Dsc04458_edited

我が家の糠漬け・・・水茄子、きゅうり、キャベツ、みょうが

Dsc04469_edited

今夜は雑穀米を炊きました。普通の白米より少し硬く炊きあがります、明日の朝はこれで高菜チャーハンにすればパラリと美味しく出来るでしょう。

食べたいですが私は我慢でしょうか!

←健康のために玄米や雑穀米を召し上がっている方はポチリとどうぞお願い致します。

今夜はBSで「めぐり逢い」をするのでしんみり観ます。

| | コメント (6)

甘酢生姜の漬け方

新生姜が出ています、我が家ではらっきょうを漬けると次は新生姜の甘酢漬けを漬けます。

Dsc04440

お寿司のときや焼き魚に添えるのには欠かせません。

新生姜

砂糖

新生姜を洗います、大きな物は切り外して小さくしてから洗います。

基本的には皮を剥かなくても良いのですが、ピンクの皮の部分は切り落とします。

色の汚い皮は薄く剥きます。

繊維に沿って縦に薄切りします。ボールに入れて塩を振ります。(きゅうりで揉み瓜を作るように)

水が出てしんなりしたらたっぷりの湯を沸かした中にほりこんでお箸で混ぜたら直ぐザルに揚げます。

扇いで冷まします。

甘酢は塩と砂糖の割合でお味がかなり違ってきます。基本は酢2:砂糖1ですが甘い方がいい方は1:1でどうでしょうか。

鍋に入れて煮溶かして冷やしておきます。

綺麗な瓶に生姜を入れて上から甘酢を加えます。漬かるように綺麗なお箸でならします。

直ぐに色が綺麗なピンクに変わります、2~3日で食べられます。私は冷蔵庫に入れて1年間使います。

←作ってみようかな、と思われた方はポチリとどうぞお願いいたします。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧