フレンチ

2007年6月15日 (金)

メロンとプロシュートのサラダ

メロンの季節です、最近はマスクメロンによく似たメロンが出ていますね、お安くてお味もまぁまぁな物があります。アンデスメロンを半分に切って売ってたのでプロシュートのサラダにしました。

Dsc04572_edited

カプレーゼ・・・小さくて可愛いモッツァレラチーズを見つけたのでプチトマトと和えようと考えていたのにプチトマトを買い忘れました。私の想像とは違った盛りつけになってしまい残念です。

Dsc04564_edited

アスパラガスのカルボナーラ仕立て

Dsc04562_edited

豚肉ロースト赤ワインソース,ポテトの香草焼き添え。近々UPします。

Dsc04575

メロンとプロシュートのサラダ

Dsc04567

<材料> 4人分

メロン    1/3~1/4個

プロシュート(生ハム) 60g

サニーレタス      葉4枚分

エンダイブ        〃

ドレッシング

 ワインビネガー   大匙1

 オリーブオイル   大匙3

 粒マスタード     大匙1/2

 塩、胡椒

 レモン汁       少々 

<作り方>

①サニーレタスは1口にちぎりエンダイブは斜めに切っておきます。

②メロンは3センチ角に切ってレモン汁を振っておきます。

③ボールにワインビネガー、レモン汁、塩、胡椒を入れて混ぜオリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜていきます、最後に粒マスタードを加えて仕上げます。

④③にサニーレタス、エンダイブを混ぜてからプロシュートを加えて和えます。

全ての材料とお皿も良く冷やし、出す前に和えると美味しく頂けます。

←美味しそうと思って下さった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年6月 6日 (水)

ビストロ ジュエンヌ

友人ご夫妻と4人でカウンターに座り、清潔感漂う厨房でのシェフの優雅な手さばきを見ながらの夕食でした。

マダムはテーブル席を用意して下さったようですがあえてカウンター席を希望しました。

ガス、電磁調理器、炭火と3種類を使い分けて調理なさいます。

先ずトウモロコシのパンナコッタ、宮崎産の「未来」を使っているそうです。塩味の御料理の中に甘みがあり美味しいです。

Dsc04333_edited

賀茂茄子とフォアグラ、トリフソース

Dsc04337_edited

北海道産の桜鱒のサラダ仕立て、スモークの香りが良く子蛸のぷりぷり感とルッコラの花がアクセントになっていて良かったです。粒胡麻が入ったドレッシングでした。さつまいも、山芋、オクラ、小さいきゅうり等が隠れています。どの野菜もこだわりのある物です。

Dsc04339_edited

焼き穴子に生わさび、芽紫蘇、フレッシュトマトソース・・・和の食材を上手く取り入れて、香ばしく焼いた穴子と冷たくしたトマトソースが良い相性です。

Dsc04343_edited

新生姜のシャーベット、写真では解りませんが淡いピンクが愛らしいです。

Dsc04345_edited

私は白金豚のロースト・・・脂が美味しいあっさりした豚です。アーティーチョーク、きのこ、ズッキーニ、三度豆、さつまいも、人参など。

Dsc04347_edited

家人は仔羊

Dsc04348_edited

デザートの前にグレープフルーツのプリン

Dsc04349

私は何時もココナッツのブラマンジェ・・・極限まで柔らかく仕立てられたブラマンジェが好きです。

Dsc04351

家人は桃とイチジクのミルフィーユでした、その後にエスプレッソをお願いいたしました。

何も残さず全て頂きました。ごちそうさまでした!

飲み物はビール、白ワイン、赤ワインを頂きました。

←食べ過ぎだ!と思われた方はポチリと御願いいたします。

このお店でジャン・ムーランの美木シェフを何度かお見かけしました。プロの料理人の方々に評判のお店のようです。

| | コメント (2)

2007年5月16日 (水)

レストランのミネストローネ

昨日夕飯が終わってテレビを観たら”超魔力VS超能力”と言うのをやっていました。魔力は興味が無いのですが本物の超能力には興味が有るので見ていました。

アメリカの盲目の少年がまるで見えているかのように生活をしている様子を検証していました。その秘密は舌を鳴らして音の反響でイルカやコウモリと同じように物の形状が解るそうです。

バスケットボールや自転車も自由にこなせます、驚くことにテレビゲームも弟を負かしてしまう腕前です。

素晴らしい能力だと思いました、それに彼は前向きな明るい青年に見えました。家庭も裕福そうでした。

Dsc03704 

昭和58年にレストランでのお稽古で習ったミネストローネです。現在ではレシピも変わっているかも知れませんが懐かしくて作ってみました。

<材料>    8人~10人前

豚バラ薄切り   (細切り)      100g

ニンニク      (みじん切り)   1片

玉葱        (みじん切り)    1/2個 

にんじん      2~3ミリの角切り 100g

大根            〃       100g

セロリ           〃       1本

白ネギ       みじん切り     1本

インゲン       小口切り      50g

じゃがいも      2~3ミリの角切り1個

トマト(皮を剥き種をとる) 〃      2個

生米          大さじ2

キャベツ        2枚

ビーフコンソメ     2L

塩、胡椒

オリーブオイル

パセリ         みじん切り

<作り方>

①深い鍋にオリーブオイルを入れて豚肉、ニンニク、玉葱を炒める

②人参、大根、セロリ、白ネギ、を入れて炒める

③水2Lと固形ブイヨンを6個いれトマトも入れて15分煮ます

④じゃがいも、インゲン、米を加えて30分煮ます、最後にキャベツを入れて煮ます。

⑤器に盛ったらパセリのみじん切りを散らします

ミネストローネの基本というお味です、トマトの水煮缶を使ったりトマトペーストで簡単に作るものよりしっかり炒めている分野菜の甘みが出ています。実に優しいお味です、体や神経が弱っているときに頂きたい癒しのスープです。

その他は・・・

茄子のマリネ

Dsc03694

鶏肉ときのこソテー

Dsc03697_edited

パスタジェノベーゼ

Dsc03703_edited

ベランダのバジルではとても間に合わないので2パック買って作りました。

これも又食後のテレビ(NHK)ではミキサーにかけてジェノベーゼを作っていました。

私はフードプロセッサーで作るのでつぶつぶ感がありますがお好みでしょうね。

白ワインをしっかり冷やして頂きました。

←パスタを注文するときにジェノべーゼを頼むとカルボナーラも気になってしょうがない方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

ロックフォールでワインを

突然チーズが食べたくなりました。

先日家人が買っていたロックフォールでワインを飲みました。レーズンパンとドライイチジクと共に。ブルーチーズの様に塩分の強いチーズには甘いドライフルーツやナッツがあいますね。

Dsc03603_edited

鶏胸肉のマリネ

Dsc03598_edited

ドリア・・・今日は肌寒く感じたのでドリアにしました。彼の分には中に玉子を忍ばせておきました。

Dsc03613_edited

サラダ ディルドレッシング。ベランダでハーブを育てだしたので結構重宝しています。マリネに乗っているミントもベランダ産です。

今朝はサンドイッチにサラダ菜を摘んで入れました。この時期は成長が早くド素人の私でも何とか世話ができています。

Dsc03607_edited

極簡単な夕食です。

午前中に百貨店で買い物があり、お昼から英語のレッスン。終わってから1時間お茶して5時から歯医者さんでした。

歯のクリーニングに行ってきました。自宅に帰り着くと6時前になってしまったのでこの様な献立です。

←明日お休みでのんびりと週末を楽しんでらっしゃる方はポチリとどうぞお願いいたします。毎日のんびりしてる方もどうぞ宜しく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

鶏胸肉のしそ風味レシピ

20年以上前のレシピで作った鶏胸肉のしそ風味が最近頂いていない様な新鮮なお味でした。

Dsc03294

油も使わず、胸肉を使い皮も除くのでカロリーが少なくなります。

生クリームを使いますが量はお好みですので思うようにカロリーが調節できます。

<材料>  4~6人分

鶏胸肉     2枚

ベルモット(EXTRA  DRY) 1カップ

水        2カップ

固形チキンブイヨン 1個

玉葱      1/3個

人参      1/3本

セロリ      適宜

大葉       3枚~

卵黄       1個

生クリーム    適宜

レモン汁     適宜

塩、胡椒

片栗の水溶き  適宜

<作り方>

①野菜は薄切りにします

②鍋にベルモットと水、固形ブイヨンを入れて①の野菜も入れて一度沸騰させておきます

③鶏肉は皮を取り除いて鍋に入れ、10分煮て取り出します

④斜めに薄く削ぎきりしてお皿に並べます

⑤煮汁を1カップ濾して別の鍋に入れて少し煮詰めます(味を見て下さい)

⑥片栗粉の水溶きで薄くとろみを付けます

⑦鍋を火から下ろして卵黄を加えて混ぜて又火に掛けます

⑧大葉の千切りと生クリーム適宜を加えて味を整え最後にレモンを絞って味を引き締めます

⑨並べた鶏の上にかけます

バターライスを添えていただきます。

久しぶりに作ったのですが、もっと出来るだけ薄く削ぎ切りした方が良かったと思います。

←ベルモットが無いわと思った方はポチリと、マティニを想像した方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月30日 (月)

鶏胸肉のしそ風味

今日は気持ちの良いお天気でしたね。

旅行帰りの息子家族が夕食に来たので今夜はファミリーが揃いました。

先日作った牛肉のカルパッチョが良かったので今日の前菜にしました。

Dsc03298_edited

温野菜・・・新じゃが、ブロッコリー、舞茸、コーン等です。

コーンのみバターで炒めましたがその他はオリーブオイルで炒めました。

Dsc03291

メインは鶏の胸肉しそ風味にしました。このレシピは私が昭和54年にお稽古した物です。

Dsc03295

時代遅れの料理かなと思いましたがかえって新鮮でした。バターライスを添えていただいても良いのですが今夜は新じゃがに致しました。

←昭和54年には生まれてなかったわと言う方はポチリとお願いいたします。もう学生だったわと言う方も負けずにポチリとお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

gueuleに行きました。

ブログで見かけた予約の取りにくいと言うレストランに予約をして行ってきました。

席に着きメニューを見ると今日のランチとシェフのお任せの2種類です。私はシェフのお任せでお味を見たいと思い注文すると。

「予想以上に今日は注文が入り材料が無くなりました」と言われて「ハァ~?予約していたのですが」と言ってもしょうがなくランチにしました。着席して1品目が出るまで30分です、注文したスパークリングワインは飲み干されていました。

Dsc05112_edited

Dsc05115_edited Dsc05117_edited

Dsc05119 Dsc05120_edited

Dsc05122

サービスのデザートです。

Dsc05123_edited

帰りにスタバでモカ・フラペチーノを飲みました。

Dsc05126_edited

お味は及第点です、デザート以外は頂きました。

色々思う事が有りますが今後に期待したいお店です。

←シェフ頑張れ!とポチリお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

シーフードサラダ2種ドレッシング

昨日はココログがメンテナンスにつきアップ出来ませんでした。

北海道の活けホタテ貝が手に入ったので、明石産の蛸と夕食はシーフードサラダを作りました。

Dsc05066_edited

スパークリングワインとパン(オリーブオイルを付けて)

Dsc05076

新じゃがをレンジに掛けて塩、胡椒、オリーブオイル、粉チーズ、ローズマリーを乗せてオーブンで焼いています。

Dsc05073

鹿児島黒豚の味噌漬け

Dsc05081

Dsc05069_edited

シーフードサラダ2種ドレッシング

<材料>

サニーレタス

ベビーリーフ

ベビールッコラ

セロリ

人参

フルーツトマト 

アボガド

活け帆立貝

茹で蛸

スモークサーモン

ドレッシング 1

フレンチドレッシングにアンチョビーペーストとディジョンマスタードを加えます。

ドレッシング 2

フレンチドレッシングにバジルのみじん切りを加えます。

お皿にサニーレタスを敷き貝柱と蛸、トマト、セロリ、人参、アボガドを散らしてベビーリーフを乗せてスモークサーモンを天盛りにします。

ドレッシング1を上から掛けてドレッシング2を皿の周りにのせます。

色んなお味の変化がありとても楽しいサラダです、ワインとバゲットでご馳走です。

←このサラダ食べたい!と少しでも思われた方はポチリをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ポークソテー トマトソース

今夜は家族が集まり賑やかなディナーとなりました。

家人は2日酔いで食欲減退ですが全員集合なので気分は上々です。

オードブルです、私のブログを見てゴルゴンゾーラとドライイチジクを食べたいというリクエストに応えました。マンゴと生ハム、オリーブとピクルス

Dsc04680_edited

マンゴと生ハムの組み合わせは良かったのですが盛りつけには工夫が要りますね。

フルーツトマト、モッツアレラチーズ、バジルをオリーブオイルとバルサミコ酢、塩、胡椒で和えました。

Dsc04684_edited

貝柱とサラダ・・・サラダわさび菜、ルッコラ、マッシュルーム、セロリをディジョンマスタード入りのドレッシングで和えました。

Dsc04686_edited

ポークソテー トマトソース

Dsc04701_edited_1

ジャーマンポテト

Dsc04690_edited

ポークソテーの作り方

<材料>

ポーク肩ロース   5枚

バター        大匙1

玉葱みじん切り   大匙1

人参みじん切り   大匙1

ニンニクみじん切り 少々

ローリエ        1/2枚

パセリの軸       1本

白ワイン         50cc

トマト水煮        400g

セイジ

パセリのみじん切り

<作り方>

①バター大匙1を熱してニンニク、玉葱、人参、をよく炒めてローリエ、パセリの軸、白ワインを入れて水分が無くなるまでじっくり煮ていきます

②トマトを加えて沸騰させセイジを1つまみ入れてからフードプロセッサーにかけてピュレーにします

③裏ごしに掛け塩、胡椒で味付けます

④ポークは筋切りして塩、胡椒し軽く小麦粉をまぶしてソテーします

⑤お皿にトマトソースを敷き上にポークを乗せパセリのみじん切りを散らします。

←ご馳走ですね!と思われた方はポチリとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

3種類のソース

久しぶりにフライをしました、家人は大の衣好きなのですが理想体重まであと1kgと言うところまで来ているので我慢の日々です。

私は理想体重からー1kgになったので食べなくてはと思いシーズン中我慢をしていた牡蛎フライと車海老でフライを作りました。自分勝手な夕食ですよね。

Dsc04364_edited

ホワイトアスパラを見かけたので即買いです。マヨネーズベースのビネグレットソースですがこれはUP済みなので省略します。

太いアスパラで美味しく頂きました。

Dsc04354_edited

ホワイトアスパラガスの湯がき方を紹介します。灰汁が強いアスパラですがこれは美味しく出来る湯がき方です

穂先から下は皮を剥きます。

鍋に水と剥いた皮、レモン汁を絞った後の皮をそのままをほりこみ塩を加えて沸騰したらホワイトアスパラを入れて好みの柔らかさに湯がきそのまま冷ましておきます。

フライのソース2種類です。

Dsc04366_edited

タルタルソース

<材料>

マヨネーズ

ゆで卵みじん切り

さらし玉葱みじん切り

ピクルスみじん切り

パセリみじん切り

レモン汁

牛乳

塩、胡椒

全ての材料を混ぜ合わせれば出来上がりです。

もう一つはケッチャップソースです。

<材料>

ケッチャップ

ウスターソース

レモン汁

タバスコ

(有ればシェリー酒少々)

各々をお好みに合わせて混ぜれば出来上がりです。

フライを頂くときにはどちらのソースにするかと迷いますがやはり2種類は必要です。

←フライ好きの方はポチリとお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)